2points-for-sales-planning

売上を効率よく上げる方法! 知らないと損をする企画術


売上を効率よく上げるには、どのような企画がいいのでしょうか。

お客様の心に刺さる企画を作れれば、少ない販促費で売上を上げることができます。

そこで、売上を効率よく上げる企画術をご紹介します。

【参考文献】 お金をかけずに繁盛店に変える本 富田 英太  (著) 2008年

 

1 企画内容

steps-of-opening-a-cafe-business

商品を売ろうとすると、商品にばかり目がいき、企画内容がありきたりな内容になります。

例えば、父の日に焼売を売ろうとした場合に、どう焼売を売ろうかと考えても、安売りにする、量を増やすなどの、ありきたりな企画になりがちです。

そもそも、なぜ父の日に焼売なのかを説明する必要があり、メッセージ性がありません。

一方、父の日に商品を売る場合、どういう企画がよいか?という発想で企画を考えてみます。
すると、父の日に人気のある商材は、お酒や財布などの高級品であることに気付きます。

そこで、例えば、焼売の商材に伊勢海老などの高級な食材を使うことで「伊勢海老たっぷりの焼売」を父の日限定で、売ってみようという案がでたりします。

このように、企画の内容を先に考えることで、商品の売り方(例えば、価格帯、商品名など)を変える発想がでてくるため、よりインパクトのあるアイデアを作ることができます。

 

2 わかりやすい企画

how-to-make-homepage-for-tax-accountant

次に、成功する販促企画を作るには、「わかりやすさ」も重要です。

お客様が理解するのに時間がかかる企画の場合、お客様が人に伝えることができず、参加者を増やすことができません。

例えば、貸し農園を経営していて、お客様を増やすために、お試しとして「気軽に農業体験」という企画を打ち出したとします。しかし、顧客からみると、どんな農業体験ができるのかわかりません。畑の整備をするのか、栽培をするのか、収穫を体験できるのか、何を作るのかさえ、イメージが湧きません。

一方、「子供向けの稲刈り体験」という企画であれば、何を体験できるかわかります。このような企画にすることで、お客様同士で声をかけて誘いやすくなります。その結果、苦労せずに集客できる可能性が高まります。

 

まとめ

本記事は、売上を効率よく上げる企画の作り方をご紹介しました。
なお、企画書の作り方あるいは集客の方法などを別記事でもまとめています。

【参考記事】 ・ 新規顧客を獲得する20の方法
       ・ 効率よく集客する方法 5つのステップで集客をする!
       ・ イベント企画書の書き方講座(9種類のテンプレート付き)

売上を上げるきっかけになれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です