ideas-to-enhance-effects-of-mail-marketing

マーケティングに効く!メールの4つの活用方法

Pocket

マーケティング活動の一つに、ビジネスパーソンには不可欠なメールを使うことで
効果的な販促活動を行うことが増えています。

昨今、TwitterやFacebookなどのSNS、YouTubeなどの動画ツールを
活用したマーケティングで成功している企業もあります。

しかしながら、はやりとは関係ないメールの重要性活用方法が改めて見直されています。
当記事では、昨今見直されているメールの活用方法をご紹介します。

【参考文献】はじめてでもよくわかる! デジタルマーケティング集中講義(『はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義』特別編集版PDF付き) 

      カティサーク 押切 孝雄 (著) 2017年

 

1.  メールマガジン(メルマガ)の効果が薄れた理由

メールを使ったマーケティング活動というと、メルマガです。
しかし、従来型のメルマガに期待された役割は薄れ、効果が出ないためにメルマガを辞める企業が増えています。

その理由は3点あります。

  1. メールアドレスの取得が大変になった
  2. 原稿の作成に労力がかかる
  3. メルマガの成果がでるのに時間がかかる

今から10年以上前は、メルマガを送れば問合せや申し込みがあり、売上は上がりました。そのため、メルマガ担当者も作成に時間がかかっても、やりがいを感じていました。また、メールアドレスの取得も、法律が整備されていなかったため簡単でした。

しかし、今日、多くの企業がメルマガを行い、スパムメールも横行しているため、スパムメールフィルターに引っかかり、メルマガが届かないということもあります。また、メルマガを送っただけで、メールアドレスの取得方法でクレームになることもあります。

そのため、メルマガを止める会社が増えてきました。

 

2.  これからのメールの活用方法

昨今、これからのマーケティングにおけるメールの役割を変えていく動きがあります。

 

2.1  「宣伝メール」から「お客様との関係をつなぐツール」へ

従来のメルマガは宣伝色の強いメールが中心でした。一方、メールはSNSなどと違い、はやりすたりもなく多くの人がメールアドレスを持っています。

そこで、読者が求めている情報をメールで提供し、お客様との関係性をつなぐツールとして、メールを利用する企業が増えてきています。

 

2.2  量から質へ

従来、メルマガは毎週のように大量に送ることが一般的でした。しかし、読者にとっては一方的な宣伝メールを、毎週送られても、よい気分はしません。

むしろ、頻度は少なくても、価値あるコンテンツが載せられたメールを受け取りたいと考えています。

 

3. マーケティングの効果を高めるメールの活用方法

3.1  コンテンツを練ります

メールを送る前に、読者が喜ぶコンテンツを作る必要があります。そのためには、読者がどういう情報なら喜んでくれるか考える必要があります。

次のポイントを考えることで、読者にとって価値のある情報を作りだせます。

  •  読者に役に立つ情報はないか。  (例 ノウハウ、事例、製品の使い方)
  •  お得な情報はないか。 (例 商品の割引情報)
  •  新しい情報は提供できないか。 (例 新製品の情報。商品に関するイベント情報)

 

3.2  大量に、多頻度にメールを送りません

従来は、週に1回以上のペースで、大量にメルマガを送ることが一般的でした。しかし、読者にとっては、自分に関係のない情報をもらっても印象を悪くするだけです。

むしろ、本当に興味を持つと想定される読者にのみ、メールを送ることが重要となります。

また、毎週のように多頻度に送るのではなく、年に数回から月に1回くらいのペースであっても、
必要な人に必要なタイミングでメール送ることが重要です。

 

3.3 双方向のコミュニケーションできる場を提供します

これまでは、メールマガジンは一方的に情報を発信するツールでした。しかし、お客様とのコミュニケーションのツールとしても使えます。

たとえば、セミナー講師のメルマガであれば、講義内容の質問を受け付けます。また食材を販売している店舗であれば、その使い方に関する質問を受け付けます。

さらに、教室を運営されている人であれば、イベントで作ってみたい作品のアイデアを募ります。飲食店であれば、新メニューのネーミングを受け付けるなどのアイデアがあります。

そして、受け付けた質問やアイデアについて、メールでフィードバックを行います。こうしてコミュニケーションを図ることで、企業と顧客との意見交換を活発化できます。

 

3.4 わかりやすく書きます

いかに有益な情報であっても、分かりにくければ読者は読む気が失せてしまいます。そこで、次のような点はチェックしましょう。

1. メールは、読みやすいレイアウトになっているか。
(例)

  • 3~4行に一回は空白行を設ける
  • 一行を20文字あたりで改行する
  • 装飾記号をつかってメリハリをつける
  • 同じレベルの情報を入れる場合には、箇条書きにする

2.誤字脱字はないか。誰が読んでもわかりやすい表現となっているか。

 

まとめ

マーケティングの効果を高めるメールの活用方法をご紹介しました。従来までの宣伝色の強いメルマガから、顧客とのつながりを深めるようなコミュニケーションツールとしてメールを活用する事例が増えています。

なお、メルマガの書き方や始め方は別記事でもまとめています。興味がございましたらご覧ください。

【参考記事】 ・ メルマガの始め方 スタートまでの全ステップを徹底解説!
       ・ メルマガの作り方 お客様にウケる記事とは?

メールの新たな活用施策を検討する際の参考になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です