4-ways-of-increasing-customer-numbers

客数をアップする4つの成功法則!すぐに取り組みたい売れる技

Pocket

客数をアップするには、どのような方法があるのでしょうか。

クーポンキャッシュバックを提供する。ホームページやブログ、SNSなどで情報を発信する。チラシやDMを送る。お試し体験を提供する、など様々な方法があります。

お客様を増やすには、色々な方法を試して、最も効果のある方法を見つけたいところです。本記事では、客数をアップする4つの方法をご紹介します。

【参考文献】 お金をかけずに売上を上げる[販促ネタ77]
      眞喜屋 実行  (著) 2010年

 

1. クーポン、キャッシュバック

types-of-side-business

クーポンやキャッシュバックは、実質的な商品の値段をさげるので、即効性はあります。
ただし、ブランドの価値を損なう可能性もあります。おもに3つの方法があります。

  1.  クーポンを提供する
  2.  キャッシュバックを提供する
  3.  割引を行う

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 クーポン

coupon

割引券優待券などのクーポンを提供します。お店に来たお客様は、すでに購入をきめていたり、検討中だったりしますが、購買欲求が高まり、他の商品も買って頂ける可能性があがります。

 

1.2 キャッシュバック

happy

商品を購入したお客様が、その購入を証明する保証書や領収書をお店に送ることで、チケットや現金などで直接キャッシュバックする方法です。

値引きは、販売価格を変更することになるため、一旦価格を引き下げると元に戻すことが大変です。一方、キャッシュバックであれば、価格は変えないため、比較的柔軟に行えます。

 

1.3 割引

sales-event

早期予約割引曜日割引、記念割引、年齢割引などの割引を行います。様々な割引方法がありますので、お店で使うことができるか検討をしてみてください。

  1.  早期予約割引 (例 お歳暮、お中元の早期申込み)
  2.  曜日割引(例 映画などのレディースデー)
  3.  平日サービス(例 ゴルフ場の平日サービス料金)
  4.  タイムサービス(例 カラオケ店のドリンクサービス)
  5.  発売記念割引(例 スイーツの発売記念サービス)
  6.  オープン記念(例 開店サービス)
  7.  記念日割引(例 お誕生日限定割引)
  8.  家族割引(例 携帯電話の家族割引)
  9.  シニア割引(例 映画のシニア割引)
  10.  学生割引(例 携帯電話の料金プラン)

 

2. ホームページ

list-of-net-wholesaler

インターネットは、お店とお客様が双方で情報提供できる点で、販売促進活動で計り知れないメリットがあります。次に2点に取り組む必要があります。

  1.  ウェブサイトを作る
  2.  ウェブサイトへ誘導する

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 ウェブサイト

comparison-between-makeshop-and-shopserve

客数をアップするためには、効果的なウェブサイトを作る必要があります。次の6点はおさえておきたいポイントです。

  1.  ページ全体をパッと理解できる
  2.  適切なキャッチコピーがあり、訴求内容がすぐにわかる
  3.  商品に関するこだわりの情報が掲載されている
  4.  信頼性の高い内容がある
  5.  買いたいと思わせる仕掛けがある
  6.  購買方法がわかりやすい

【参考記事】・ ホームページ作成ツール!簡単に操作できるツール4選【2018年度】
      ・ 集客できるホームページ制作!人気のツール4選とその理由

 

2.2 アクセス

reputation-of-point-museum

インターネットでの集客の場合には、ウェブサイトを作ることに目がゆきがちです。
しかし、そのサイトにアクセスしなければ、何も生まれません。

そこで、見てもらうための仕掛けが必要となります。次の5つの方法があります。

  1.  検索連動型の広告
  2.  バナー広告
  3.  メール広告
  4.  他のウェブサイトからのリンク
  5.  チラシやPOPなどにウェブサイトのアドレスを表示

【参考記事】 ・ 集客できるホームページ制作!人気のツール4選とその理由

 

3. DM

templates-for-event-announcement

DMは、客数アップには欠かせないツールです。お店が伝えたいメッセージをお客様にダイレクトに伝えられるため、興味を引いてもらえます。

DMの配り方は4種類あります。

  1.  新聞の折り込み
  2.  ポスティング
  3.  街頭
  4.  店頭

【参考記事】 チラシの作り方を別記事にまとめました。
  ・ 売上につながる!チラシの作り方
  ・ チラシを作成するコツ ~お客様の目を引くため3つの仕掛け~
  ・ チラシの作り方 当たるチラシと外れるチラシの違いはなにか?

 

3.1 新聞の折り込み広告チラシ

newspaper

特定のエリアに集中した販促展開ができる地域密着型の販促手法です。読売新聞や朝日新聞に代表される一般紙や、日本経済新聞に代表される経済紙のように新聞のタイプにより購読者の属性を選ぶことができます。

また、お店の商圏や告知したい配布地域に合わせて選ぶこともできます。

◆ 留意点
・ 新聞の購読率が落ちてきているので、若年層にアプローチすることが難しくなっています。

 

3.2 ポスティング

post

個人宅の郵便ポストや新聞受けにチラシを投函します。ターゲットを絞って、限定感を出すことで興味を持ってもらえる可能性が高まります。

例えば、次のようなポイントがあります。

  •  宛名を「〇〇地区の皆様へ」として、地域密着の案内をいれる
  •  「先着〇名様に無料体験〇〇ご招待」と、地域密着の特典を提供する
  •  購入あるいは入会の特典として、〇〇を無料とお得感を演出する

◆ 留意点
 ・セキュリティの問題から、ポスティングを禁止しているマンションなどもあります。

 

3.3 街頭

event

人通りの多い街頭や駅前、繁華街などでチラシを渡します。狙ったスポットに配布できます。

◆ 留意点
 ・ 駅前や街頭、公共施設内で配布する場合には、施設管理者などの事前許可が必要です。

 

3.4 店頭

board

スーパーやレストランのレジ横や店頭に、チラシを専用のラックやケースに置いて、持ち帰ってもらいます。お客様が立ち寄って、手に取ってもらう必要があります。

◆ 留意点
 ・ チラシの補充に気を付ける必要があります。

 

4. お試し体験

8-rules-to-attract-customers-for-salons

お試し体験は、短期間に多くの客に商品を知ってもらえます。3つの方法があります。

  1.  商品サンプルを配る
  2.  お試し体験を提供する
  3.  無料診断サービスを提供する

それぞれを詳細にご紹介します。

 

4.1 商品サンプル

wrapping

商品のサンプルを見込み客に配り、試しに使ってもらうことで、その商品の良さを実感してもらいお客様を増やしていきます。次のような送り方があります。

  •  戸別に配布する
  •  郵送する
  •  店内で配る
  •  応募者を募って配布する

◆ 客数アップのコツ
 ・ サンプルを配布したお客様の個人情報を獲得し、継続してDMなどを送ります。

【参考記事】 ダイレクトメールの書き方、送り方を別記事にまとめました。
  ⇒ ・ 反響率を高める!ダイレクトメールの送り方 7つのコツ
    ・ 反響のあるダイレクトメールの書き方 5つのコツ

 

4.2 お試し体験

concept

車などの高額商品の場合には、試乗体験などのお試し体験が効果的です。また、学習塾や整体・マッサージなどでも体験レッスンは効果があります。

◆ 客数アップのコツ
 ・ お試し体験をされた方に、期間限定の割引などの特典を付けて、本商品の購入を促す工夫
   をすることで、客数アップを期待できます。

 

4.3 無料診断サービス

3-strategy-to-increase-sales-of-your-product

見込み客が使用している商品などの診断や点検を行い、買い替えを促します。点検後、まだ使用できるか、修理の必要性がないかを診断します。

ただし、無理に買い替えをすすめると、かえってお客様の信頼を失います。

 

 まとめ

本記事では、客数をアップするための代表的な4つの方法をご紹介しました。
お店の集客の一助になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です