advantages-and-disadvantages-of-sole-proprietorship-business

個人事業主のメリットとデメリット!起業する前に押さえたい基礎知識

Pocket

個人事業主のメリットやデメリットは何でしょうか。

個人事業主として開業するときは、開業手続きは簡単で、費用も掛かりません。さらに、経理の作業がシンプルなため、法人と比べて、煩わしい作業がありません。

一方で、法人化していないと取引できない企業があるなど、個人事業主は社会的な信用が高くありません。さらに、利益が増えたときに、税金の負担が大きくなる点は注意が必要です。

本記事は、個人事業主の4つのメリットと2つのデメリットを紹介します。

【参考文献】カラー版 マンガでわかる 個人事業の始め方
      糸井俊博 (監修) 2015年

 

1. 個人事業主のメリット

homepage-steps

個人事業主のメリットは4つあります。

  1.  開業の手続きが簡単である
  2.  設立費用が掛からない
  3.  事業の内容を変えやすい
  4.  経理作業がかんたん

それぞれを詳細に説明します。

 

1.1 開業の手続き

how-to-turn-new-customers-into-repeat-customers

法人化する場合には、開業をする前に、定款を作成し、登記をするなどの作業が必要となります。
一方、個人事業主の場合には、税務署に開業届けを提出するだけで、開業できます。

kaigyou-todoke

【参考記事】 ・ 個人事業主の開業届!必要書類の入手先、提出先、期限などの知識
       ・ 起業前のチェックリスト! 絶対に準備しておきたい12のこと

 

1.2 設立費用

fee

法人化する場合には、開業にあたり25~30万程度の費用が発生します。一方、個人事業主の場合には、設立費用は発生しません。

【参考記事】 ・ 開業費用を節約する!7つのコスト削減方法

 

1.3 事業の内容

letter-example-of-transfer

法人の場合には、飲食店からコンサルティング業に変わるなど、事業を変える場合には定款を変更するなどの作業が必要となります。

一方、個人事業主の場合には、特に手続きが必要なく、かんたんに事業の内容を変えられます。

 

1.4 経理作業

greetings-of-new-branch-opening

法人の場合には、法人税、法人住民税、償却資産税、源泉所得税などさまざまな税金を納める必要があります。そのため、法人は経理の作業が複雑になっています。

一方、個人事業主の場合には、会計の処理がかんたんで、経理の知識が十分になくても 確定申告を行うことができます。個人事業主の確定申告の仕方は別記事でまとめています。ご覧ください。

【参考記事】 ・ 自営業の経理!ゼロから始める確定申告までの13の作業と知識

 

2. 個人事業主のデメリット

search

一方、個人事業主にはデメリットもあります。

  1.  社会的信用が低い
  2.  利益が増えてきたときに、税金の負担が大きくなる

それぞれを詳細に説明します。

 

2.1 社会的信用

greetings-of-merger

法人の場合には、法的な手続きがたくさんあるために、管理されているとみなされ、社会的な信用が高くなります。一方、個人事業主は、手軽に開業できる分、社会的な信用度は低くなります。

そのため、飲食店や雑貨店など個人を相手に商売をする場合には、社会的な信用は関係ありませんが、企業を相手に商売をする場合には、個人事業主の場合、取引ができないなどの問題が生じます。

 

2.2 税金の負担

cost-to-start-variety-store

法人の場合には、法人税を支払う必要がありますが、個人の場合には所得税を支払う必要があります。 個人事業主の場合、所得が増えるほどより高い税率がかけられます。

【課税される所得金額と税率】

課税される所得金額 税率
195万円以下 5%
195万円を超え330万円以下 10%
330万円を超え 695万円以下 20%
695万円を超え 900万円以下 23%
900万円を超え 1,800万円以下 33%
1,800万円を超え4,000万円以下 40%

(出典)国税庁ホームページ

一方、法人税の税率は最大23.4%です。(参考 国税庁ホームページ
そのため、所得が900万前後を超えると、法人のほうが節税効果が出やすくなります。

まとめ

本記事は、個人事業主のメリットとデメリットをご紹介しました。 個人事業主にするか、法人にするかは悩ましいところです。

「節税」、「信用」を考慮に入れる場合には、法人化をするのも一つです。 ただ、簡単に事業を始めたいというのであれば、まずは個人事業主で始めてみて収益が見えてきた段階で、「法人成り」を検討する方法もあります。

起業に向けての準備や、開業届けの出し方、開業費用の節約方法などをまとめています。

【参考記事】 ・ 起業前のチェックリスト! 絶対に準備しておきたい12のこと
       ・ 個人事業主の開業届!必要書類の入手先、提出先、期限などの知識
       ・ 開業費用を節約する!7つのコスト削減方法
       ・ 独立・開業時の経理術! いつ、なにをすればいいのか?

起業の参考になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です