advantages-of-own-domain

独自ドメインのメリットとデメリット!【2018年度】

Pocket

独自ドメインには、どのようなメリット、あるいはデメリットがあるのでしょうか。

独自ドメインは、永久に専用のドメインを持てるだけでなく、SEOにも効果があり、検索エンジンで上位に表示されやすくなります。さらに、商品名やサービスのブランディングにも活かせます。

一方で、独自ドメインを取得するには、ドメインを取得、更新する費用オプション費用など、様々な費用が発生するため、注意が必要です。

本記事では、独自ドメインのメリットとデメリットをご紹介します。

 

1. 独自ドメインの3つのメリット

easy

独自ドメインを取得するということは、自分だけが利用できるドメインを取得することとなります。そのため、自分の好きなように名前を付けられます。

一方、独自ドメインを取得しない場合は、他社と共用するドメインを持ちます。そのため、ドメイン名が長くなり、覚えにくくなります。

では、独自ドメインのメリットは何でしょうか。主なメリットは、3点あります。

  1.  SEOで優位に立てる
  2.  お客様がお店のURLを覚えやすくなる
  3.  半永久的に使える

それぞれを詳細に説明します。

1.1 SEO

reputation-of-lancers

検索エンジンは、キーワードに内容が一致するホームページを探します。そして、内容が優れていて、かつ、同一ドメイン内で、他の候補と重複しないホームページが上位に表示されます。

かりに、独自ドメインでない場合には、同じドメインのなかで似た記事があるとSEOとして不利に働きます。そのため、SEOを意識する場合には、独自ドメインを取得したいところです。

 

 

1.2 URL

web-site-for-selling-stock-illustrations

独自ドメインを取得していない場合、URLは長くなる傾向にあります。
例えば、楽天市場のショップの場合、「http://www.rakuten.ne.jp/〇〇〇」となります。

一方、独自ドメインの場合には、「http://〇〇〇.com」と短く設定できます。
そのため、お客様がお店のURLをすぐに覚えてくれます。

 

1.3 半永久的

concept

独自ドメインを持たない場合には、他社のドメインを借りている状態になります。その場合、そのドメインを提供している会社が倒産した場合には、自社のURLも消滅してしまいます。

一方、独自ドメインの場合は、自社がそのドメインを保持できます。そのため半永久的にドメインを使うことができます。

 

2. 独自ドメインのデメリット

types-of-side-business

独自ドメインを取得する場合には、3種類の費用が発生します

  1.  ドメインの取得費用(初年度)
  2.  ドメインの更新費用(2年目以降)
  3.  オプション費用

取得したいドメインの種類にもよりますが、ドメインの取得費用や更新費用では、年間数百円~数千円が発生します。

また、オプション費用としては、Whois情報の公開代行に関する費用が発生します。Whois情報とは、ドメインの登録者情報で、住所や電話番号などが公開されます。

セキュリティーの観点からWhois情報を公開したくない場合には、オプション費用も必要です。なお、ドメインを取得する料金については、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ドメイン取得サービスの比較!料金表付き【2018年度】

 

3. ドメイン名の評価基準

easy

ドメイン名はお客様がホームページについて知る第一印象に大きな影響を与えます。
そのため次の3つの基準で名前を付けましょう。

  • わかりやすさ: サイトの内容が一目でわかるようなドメイン名にします。
  • 覚えやすさ: ドメイン名は短く、覚えやすい内容にします。
  • 将来のことも考えてつける: 時間が経過してサイトの内容が変わった場合でも使える名前にします

誰もが思いつくような人気のキーワードでドメインを取ろうとしても、
すでに取得されている可能性があります。

そんなときには、ドメインに「-(ハイフン)」などの記号をいれたり、うしろに「shop」「-ya」などの言葉を追加する。また「.com」から「.biz」などのドメインの種類を変えることで、ドメインが取得できる可能性がでてきます。

また、ドメインの種類によって、登録や更新の料金が異なります。
一般的には次のようなドメインがあります。

  • .com :主に商用向け
  • .net:主にネットワーク企業向け
  • .org:主に非営利団体向け
  • .biz:主にビジネス向け
  • .info:主に情報発信向け
  • .jp:日本向け。日本に住所のある方なら取得可

最近は、一風変わったドメインも増えてきています。
たとえば、「〇〇.tokyo」「〇〇.kyoto」「〇〇.okinawa」など、地域に関連する商材を扱っているお店では取得を検討してもいいかもしれません。

 

4. おすすめのドメイン取得サービス

独自ドメインを取得する際には、代表的な二つのサービスから取得を考えます。

1. お名前ドットコム

onamaedottokomu

GMOインターネット株式会社が運営する国内最大級のドメイン登録サービスです。
2017年1月時点で、登録実績は1400万件となります。

通常のドメインだけでなく、日本語ドメインや地域ドメインなど、漢字やひらがな
カタカナなどを用いてドメインを取得することができます。

お名前ドットコム

 

2. ムームードメイン

mu-mu-domain

ムームードメインは、GMOペパボ株式会社の低価格ドメイン取得サービスです。580円/年~にてドメイン取得が可能であり、コストを抑えて独自ドメインを取得したいときに便利なサービスです。

ムームードメイン

なお、お名前ドットコムとムームードメインの違いは別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ムームードメインとお名前ドットコムを比較!料金表付き【2017年度】

 

では、それぞれの取得の仕方を簡単にご紹介します。

 

4.1 お名前ドットコム

(手順1)  お名前ドットコムにアクセスします。

(手順2) 「まずは、ドメイン名を検索してみよう!」の下にドメイン名を入力して、検索ボタンを押します。

onamaedottokomu

(手順3) 取得したいドメインを選択し、「料金確認へ進む」をクリックします。
      そのドメイン取得に関わる費用が表示されます。

onamaedottokomu2

後は所定の手続きに従えば、ドメインは取得できます。

 

4.2 ムームードメイン

(手順1) ムームードメイン にアクセスします。

(手順2) 取得したいドメイン名を「キーワードを入力」に入力し、検索ボタンを押します。

mu-mu-domain

(手順3) 取得可能なドメインが一覧で表示されます。
     「〇」のボタンを押して、お申込みを続けてください。

mu-mu-domain2

後は所定の手続きに従えば、ドメインは取得できます。

 

まとめ

本記事では、独自ドメインのメリットとその取得方法をご紹介しました。独自ドメインは一度決めたら、変更するのは難しいです。取得の際には 慎重にドメインを決めていただければ幸いです。

なお、ドメイン取得サービスについては別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ムームードメインとお名前ドットコムを比較!料金表付き【2017年度】
       ・ ドメイン取得サービスの比較!料金表付き【2017年度】
       ・ スタードメインの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ ムームードメインの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

ご参考になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です