checkpoints-to-order-printing

印刷を依頼する前にチェック! トラブルを防ぐ5つのポイント

Pocket

印刷会社に印刷を依頼をする前に、どのようなポイントをチェックすればいいのでしょうか。

印刷の方式や用紙の種類、用紙サイズと厚み、使用するフォントなど、印刷する前にチェックしたいポイントをまとめました。

本記事では、印刷を依頼する前にチェックしておきたい5つのポイントをご紹介します。

【参考文献】 Word・Excel・PowerPoint印刷発注マニュアル―データ作成のポイントからPDF/Xの活用まで (DTP series)
       冨山 詩曜 (著) 2006年

 

印刷を依頼する前にチェックしたい5つのポイント

easy

印刷会社あるいは印刷通販を使って印刷を依頼する場合に、印刷のトラブルを回避するため
5つのポイントを事前にチェックしておくことが肝要です。

  1.  印刷方式
  2.  印刷に使う用紙
  3.  用紙のサイズと厚さ
  4.  印刷データを作成する際のOSの環境とアプリケーションの種類
  5.  使用するフォント

それぞれを詳細に説明します。

1. 印刷方式

オフセット印刷、オンデマンド印刷という2種類があります。どちらの方式にするのか事前に検討しておきましょう。

オフセット印刷は、大量印刷を行う際に、コストを抑えることができます。ただし、印刷を終えると、インキを乾燥させるために、数時間から1日程度の時間が必要となります。さらに、乾燥を終えたのちには、断裁をする必要が生じるため、納品までに時間を要します

一方、オンデマンド印刷は、小規模の印刷を行うときに使う方式です。家庭用プリンターの高性能版みたいなプリンターを使うため、断裁も発生せず、納品までの時間が短くてすみます。

印刷物の部数や配布時期を考えて、印刷の方式を決めましょう。

 

2. 用紙

印刷を発注するときに、用紙を選ぶ必要があります。用紙の種類によって、印刷の品質やコストに影響を与えるため、慎重に選ぶ必要があります。

代表的な用紙は3種類あります。

  1.  コート紙
  2.  マットコート紙
  3.  上質紙

それぞれの種類をご紹介します。

 

2.1 コート紙

紙の表面にコート剤が塗布されていて、塗工層を設けることで、見た目にも光沢感があります。
写真やイラストがくっきりと印刷されます。

 

2.2 マットコート紙

コート紙よりは光沢感がおさえられていることで落ち着いた風合いを得ることができます。

 

2.3 上質紙

紙の表面に何も薬剤を塗布していない紙で、文字をはっきり読みやすく印刷できます。
文字中心の書籍や雑誌の本文などに利用されます。

ボールペンなどの書き込みをしてもらう場合には、こちらの紙がおすすめです。

どんな用途で使うかを検討し、印刷する用紙を決めましょう。

 

3. 用紙のサイズと厚さ

印刷を発注するときには、納品される印刷物のサイズを決める必要があります。

パンフレットやカタログなどはほとんどA4サイズで納品されます。
一方、新聞折り込みのチラシはB4、B3サイズが主流です。

どんな用途で印刷物を使うのかを確認して、サイズを決めましょう。
また、用紙の種類とサイズが決まったら、用紙の厚さを決めます。

厚さを決めるときには、どんな方法で配付し、どの程度の期間使うかを考慮する必要があります。

たとえば、長期に渡って使用するパンフレットを印刷する場合には、薄く破れやすい紙を使うのはオススメできません。一方、短い期間に配布するセールのチラシなどを印刷する場合には、丈夫で厚い紙を使うのはもったいないです。

用紙が厚くなると、重みも増していきます。その分だけ耐久性もでてくるため、パンフレットなどに使う場合には厚めの用紙にします。一方、チラシなど短期間しか使わない場合には、薄めの用紙を使います。

 

4. 印刷データを作成する際のOSの環境とアプリケーションの種類

印刷用のデータを作るときのOSの種類や、アプリケーションの種類やバージョン、ファイル形式を
詳細に確認します。例えば、パワーポイントなどの形式では受付けない会社もありますので、注意が必要です。

さらに印刷会社でデータの修正をする必要が生じた場合に、作成したファイルのアプリケーションのバージョンがわからないと、正しい対処が行えない場合があります。

そのため、印刷データを作るときのOSの種類、アプリケーションの種類は詳細に確認をし、印刷会社に伝えます。

 

5. 使用するフォント

印刷データを作るときに使用するフォントを確認します。

たとえば、特殊なフォントを使用して印刷データを作った場合、印刷会社側のパソコンにそのフォントがインストールされていないと、誤表示される可能性があります。

そのため、印刷を依頼する前に、制作時に使ったフォントを印刷会社に伝えます。

 

まとめ

本記事では、印刷を依頼する前にチェックしておきたい5つのポイントをご紹介しました。なお、印刷通販サイトに関して別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ラクスルの使い勝手を評価!便利な点と不便な点を解説【2018年度】
       ・ プリントネットの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です