comparison-between-airpay-and-paypay

エアペイとペイペイを比較!選ぶ前に知りたい10の違い


エアペイとペイペイを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

ともに人気の決済サービスですが、決済方法や手数料、導入に必要な機器や導入コストに違いがあります。さらに、振込手数料や入金サイクル、サポートの充実度にも違いがあります。

そこで、エアペイとペイペイを選ぶ前に、知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、エアペイ(AirPAY)とペイペイ(PayPay)を比較し、その10の違いをご紹介します。

 

1. エアペイとペイペイを比較する10のポイント

note-600-min

エアペイ(AirPAY)とペイペイ(PayPay)を比較したところ、次の10の違いがありました。

  1.  決済方法
  2.  利用できる端末
  3.  必要な機器
  4.  導入費用
  5.  決済手数料
  6.  振込手数料
  7.  入金サイクル
  8.  サポート
  9.  支払いのスピード
  10.  身分証明書の提示

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 決済方法

collect-customers-600px

【結論】

  •  エアペイ: 〇 (クレジットカード、電子マネー、QRコード決済など26種類)
  •  ペイペイ: △ (ペイペイ、Alipayのみ)

【比較内容】

エアペイは、クレジットカード決済、電子マネー、QRコード決済など29種類の決済方法に対応しています。

airpay-payment

◆ エアペイの決済方法

決済の種類 決済サービス
クレジットカード決済 VISA、MasterCard、アメックス、JCB、Diners Club、Discover
電子マネー PASMO、Suica、manaca、tolca、ICOCA、ApplePay、iD、QUICPay
QRコード決済(エアペイQR d払い、ペイペイ、LINE Pay、Alipay、WeChatペイ

エアペイの決済サービスを見る

なお、エアペイのQRコード決済(エアペイQR)で、ペイペイにも対応しています。そのため、エアペイを導入すれば、ペイペイの決済も受け付けられます。

一方、ペイペイはクレジットカード決済などには対応しておらず、QRコード決済のペイペイとAlipayに対応しています。

◆ ペイペイの決済方法

決済の種類 決済サービス
QRコード決済 ペイペイ、Alipay

ペイペイの決済サービスを見る

 

1.2 利用できる端末

reputation-600px-min

【結論】

  •  エアペイ: △ (iPhone、iPad)
  •  ペイペイ: 〇 (iPhone、iPad、Android端末)

【比較内容】

エアペイを導入するときには、iPhoneiPadが必要となります。そして、残念ながら、Android端末には対応していません。

そのため、iPhoneあるいはiPadをお持ちでない場合には、端末を購入する必要があります。

一方、ペイペイはiPhoneiPadAndroid端末に対応しています。

 

1.3 必要な機器

necessary-devices

【結論】

  •  エアペイ: △ (iPadまたはiPhoneとカードリーダーが必要である)
  •  ペイペイ: 〇 (iPhone、iPad、Android端末のいずれかのみ)

【比較内容】

エアペイを導入するには、iPadまたはiPhoneとカードリーダーが必要となります。

airpay-device

なお、iPad/iPhoneとカードリーダーは、Bluetoothで簡単に接続できます。

エアペイの決済端末を見る

一方、ペイペイは、iPhone、iPad、Android端末のいずれかがあれば、他の機器を購入することなく導入できます。

ペイペイの決済端末を見る

 

1.4 導入費用

implementation-fee

【結論】

  •  エアペイ: 〇 (無料) ※ キャンペーン期間中
  •  ペイペイ: 〇 (無料)

【比較内容】

前章で説明しましたが、エアペイを導入するには、iPadまたはiPhoneとカードリーダーが必要となります。カードリーダーについては、0円スタートキャンペーン期間中につき、無料で導入できます。

airpay-campaign-202005

エアペイの料金体系を見る

なお、ペイペイも無料で導入できます。

paypay-initial-cost

ペイペイの料金体系を見る

 

1.5 決済手数料

business-note-600px-min

【結論】

  •  エアペイ: △ (3.24%~3.74%)
  •  ペイペイ: 〇 (0円 ※ 2021年9月30日まで)

【比較内容】

エアペイはクレジットカード決済、電子マネー、QRコード決済に対応していますが、決済方法により手数料が変わります。

決済の種類 サービス 決済手数料
クレジットカード決済 VISA、MasterCard、アメックス 3.24%
  JCB、Diners Club、Discover 3.74%
電子マネー PASMO、Suica、manaca、tolca、ICOCA 3.24%
  ApplePay、iD、QUICPay 3.74%
QRコード決済 d払い、ペイペイ、LINE Pay、Alipay、WeChatペイ 3.24%

エアペイの決済手数料を見る

一方、ペイペイは決済手数料は0円です。(2021年9月30日まで)
そのため、決済手数料を抑えたい場合には、ペイペイのほうが魅力的です。

ペイペイの決済手数料を見る

 

1.6 振込手数料

business-600

【結論】

  •  エアペイ: 〇 無料
  •  ペイペイ: △ (当月末締めは無料。都度入金の場合は105円)

【比較内容】

エアペイは振込手数料は全ての銀行で無料です。ただし、ゆうちょ銀行が使えない点は注意が必要です。

一方、ペイペイは、当月末締めで(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)が発生します。

なお、ジャパンネット銀行の場合には、振込手数料は永年で0円となっています。

 

1.7 入金サイクル

cash-cycle

【結論】

  •  エアペイ: △ (月6回または月3回 )
  •  ペイペイ: 〇 (翌日あるいは翌々営業日)

【比較内容】

クレジットカード決済など、一般的な決済手段は、入金のタイムングは月1、2回です。一方、エアペイは振込回数は月6回あるいは月3回と多く、便利です。

一方、ペイペイは最短で翌々営業日(ジャパンネット銀行は翌営業日)に振り込まれます。(*1)
そのため、より短期間で入金してもらえます。

*1:当月末締めあるいは、累計の決済金額が1万円以上である場合

 

1.8 サポート体制

support-services

【結論】

  •  エアペイ: △ (年中無休。問合せ時間は9:30-23:00)
  •  ペイペイ: 〇 (年中無休。24時間対応)

【比較内容】

エアペイは、電話やWebフォーム、チャットで問合せができます。電話で問合せをする場合には、
9:30-23:00に問合せが可能で、年中無休で対応してもらえます。

一方、ペイペイは、年中無休かつ24時間対応で問合せできます。

そのため、深夜に営業をする店舗は、ペイペイのほうが助かります。ただ、大半の店舗にとっては、サポート時間としては、差異がないといえます。

 

1.9 支払いのスピード

wear-min

【結論】

  •  エアペイ: 〇 (電子マネーなど支払い方法が多様で、決済のスピードが速い
  •  ペイペイ: △ (一律にQRコードをスキャンをするため、決済のスピードが遅い

【比較内容】

エアペイは、前章でお伝えした通り、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済と多様な決済方法があります。レジの混雑時でも、電子マネーなど決済スピードは速いです。

一方、ペイペイは、お客様がQRコードを読み取り、金額を入力してから会計が完了するという流れのため、決済に時間が掛かります。

paypay-flow

【出典: PayPayホームページ

 

1.10 身分証明書の提示

airregi-setting-min

【結論】

  •  エアペイ: 〇 (提示は必要ない)
  •  ペイペイ: △ (3万円以上の決済は身分証明書の提示が必要)

【比較内容】

エアペイは、決済をするときに身分証明書の提示は必要ありません。ただし、決済方法ごとに限度額が決まっています。

決済方法 上限額
クレジットカード カード会社による
交通系電子マネー 2万円
iD 3万円
QUICPay 2万円

【出典: 決済金額の上限、他決済方法との併用

一方、ペイペイは3万円以上の支払いの場合は、身分証明書の提示が必要となります。

◆ 身分証明書の例

  • 運転免許証・日本国パスポート・外国パスポート・マイナンバーカード・特別永住者証明書・在留カード・健康保険証・学生証のいずれか

【出典: ペイペイ 3万円以上お支払いの時の留意点

 

2. エアペイとペイペイの比較表

comparison-table-of-paypay-and-airpay

エアペイとペイペイの違いを比較表にまとめました。

  エアペイ(AirPAY) ペイペイ(PayPay)
決済方法
(クレジットカード、電子マネー、QRコード決済)

 (ペイペイ、Alipayのみ)
利用できる端末
(iPhone、iPad)

 (iPhone、iPad、Android端末)
必要な機器
(iPadまたはiPhoneとカードリーダー)

(iPhone、iPad、Android端末)
導入費用
(無料)

(無料)
決済手数料
(3.24%~3.74%)

(無料 ※ 2021年9月30日まで)
振込手数料
(無料)

(月末は無料。都度入金は105円)
入金サイクル
(月6回または月3回 

(翌日あるいは翌々営業日)
サポート
 (年中無休。問合せ時間は9:30-23:00)

(年中無休。24時間対応)
支払いのスピード
(決済スピードは速い)
×
(決済スピードは遅い)
身分証明書の提示
(身分証明書の提示は不要)

(3万円以上の支払いは必要)
ホームページ エアペイ ペイペイ

 

エアペイ、ペイペイのキャンペーン・詳細情報

smartphone

エアペイやペイペイのキャンペーンや詳細情報をまとめました。

◆ エアペイ(AirPAY)

airpay-campaign-202005

0円スタートキャンペーンを実施しています。リーダー台が0円となります。

エアペイ

◆ エアペイのアプリのインストール

airpay-min (1)

エアペイ

◆ ペイペイ(PayPay)

paypay-top-min (1)

初期導入費、決済手数料、入金手数料が0円のキャンペーンを行っています。

ペイペイ

◆ PayPay(IOS)のインストール

ios-paypay

PayPay(IOS

◆ PayPay(AndroidOS)のインストール

android-os-paypay

PayPayのインストール

 

エアペイ、ペイペイの申し込み

memo-600px-min

エアペイやペイペイの申し込み方法をご紹介します。

◆ エアペイ

airpay-min

エアペイのトップページの「申込む」ボタンを押してください。

エアペイ

◆ ペイペイ

paypay-top-min (1)

PayPayの加盟店向けページから、「無料でお店に導入する」をクリックします。

ペイペイ(加盟店向け)

 

まとめ

本記事は、エアペイ(AirPAY)とペイペイ(PayPay)を比べ、その違いをご紹介しました。

おさらいをすると、求める内容によって、どちらのサービスを使うべきか変わります。

求める内容 おすすめのサービス
クレジットカード決済電子マネーにも対応したい エアペイ
Android端末で利用したい ペイペイ
手数料を安くしたい ペイペイ
入金サイクルは短いほうがいい ペイペイ
支払いスピードは速いほうがいい エアペイ

また、決済サービスだけでなく、レジを導入したい場合には、エアレジというアプリがあります。

airregi-min

エアペイと同じリクルートが提供するアプリで、無料でPOSレジを導入できます。

エアレジ

【参考記事】・ エアレジの使い勝手と評判!使い方や手数料など、メリットとデメリットを紹介

なお、エアペイ、ペイペイ以外の他の決済サービスに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】・ キャッシュレス決済サービスの比較とおすすめ32選!導入コスト、手数料
      ・ QRコード決済の比較とおすすめ10選!導入方法やコスト、手数料(比較表付)
      ・ 楽天ペイとAirペイを比較!選ぶ前に知りたい7つの違い【2019年】
      ・ ペイペイとLineペイを比較!利用する前に知りたい7つの違い【2019年】
      ・ エアペイの使い勝手と評判!手数料や個人の利用条件、デメリットなど
      ・ PayPayとOrigami Payを比較!利用する前に知りたい7つの違い
      ・ PayPayのメリット、デメリット!導入費用、手数料、審査、導入方法を解説!
      ・ STORESターミナル(コイニー)とエアペイを比較!

500mailsのFacebookやTwitterでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です