comparison-between-paypay-and-linepay

ペイペイとLineペイを比較!利用する前に知りたい7つの違い【2019年】

Pocket

ペイペイ(PayPay)とLineペイを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

利用できる店舗やチャージ方法、チャージ金額以上の支払いの可否、本人確認書類の要否に違いがあります。また、店舗にとっては、手数料支払いサイトサポートの充実度に違いがあります。

そこで、ペイペイとLineペイを選ぶ前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、ペイペイとLineペイを比較し、その違いをご紹介します。

 

1. ペイペイとLineペイを比較する7つのポイント

comparison-between-paypay-and-linepay

ペイペイとLineペイを比較した結果、次の7つのポイントで違いがありました。

◆ ペイペイとLineペイの違い( ※ 5~7は、店舗が知っておきたい違いです。)

  1.  利用できる店舗
  2.  チャージ方法
  3.  チャージ金額以上の支払いの可否
  4.  本人確認書類の要否
  5.  導入費用 (店舗)
  6.  支払いサイト (店舗)
  7.  電話によるサポート (店舗)

それぞれの違いをご紹介します。

 

1.1 利用できる店舗

available-shops

【結論】

  •  ペイペイ: △ (2018年10月からスタートしたため、利用可能な店舗数は少ない
  •  Lineペイ: 〇 (100万店以上の利用が可能)

【比較内容】

ペイペイは2018年10月からサービスを開始したため、利用できる店舗数は多くはありません。

現在は、ローソンやファミリーマート、松屋やヤマダ電機、zoffやメガネスーパーなど、徐々に利用できる店舗が増えています。

paypay-store

一方、Lineペイは、2018年11月時点で加盟店は100万店を突破しており、LAWSON、ヤマダ電機、松屋や上島珈琲、魚民、白木屋、スターバックスなどでも利用できます。

linepay-available-shop

【出典】 Lineペイ 利用可能店舗

 

1.2 チャージ方法

how-to-charge-paypay-or-linepay

【結論】

  •  ペイペイ: △ (銀行口座からチャージできるが、Yahoo!マネーへの登録が必要)
  •  Lineペイ: 〇(銀行口座、セブン銀行ATM、Lineペイカード、コンビニからチャージ可)

【比較内容】

ペイペイは銀行口座やYahoo!カード、コンビニからチャージし、電子マネーとして支払えます。但し、Yahoo!マネーを登録し、PayPayアカウントとYahoo! IDと連携する必要があります。

paypay-yahoo

一方、Lineペイは、銀行口座セブン銀行のATM、LINE Payカード、コンビニなどから直接チャージできます。

◆ ペイペイとLineペイのチャージ方法

  ペイペイ Lineペイ
銀行口座 〇(Yahoo!マネーの登録が必要)
セブン銀行ATM ×
LINE Pay カード ×
Yahoo!カード ×
コンビニ 〇(Yahoo!マネーにチャージ)
オートチャージ ×
QRコードチャージ ×

なお、ペイペイもLineペイも、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行など主な金融機関と連携しています。

linepay-bank-registration

 

1.3  チャージ金額以上の支払い

payment-more-than-charge-money

【結論】

  •  ペイペイ: ×  (チャージ金額以上の支払いはできない)
  •  Lineペイ: 〇 (オートチャージ機能がある)

【比較内容】

PayPayはチャージ残高と他の支払い方法の併用はできないため、支払い額以上の金額を予めチャージする必要があります。

一方、Lineペイはオートチャージ機能があります。そのため、残高が設定された最低残高を下回った場合、銀行口座からオートチャージできます。さらに、本人確認をすることで、残高上限を解除できます。

linepay-autocharge

 

1.4 本人確認のタイミング

necessary-of-identification

【結論】

  •  ペイペイ: ×  (3万円以上は毎回必要となる)
  •  Lineペイ: 〇 (一度、本人確認をすれば、毎回する必要はない)

【比較内容】

ペイペイは、3万円以上の利用のときに、本人確認が必要となります。本人確認書類を提示する作業が発生するため、やや面倒と感じる可能性があります。

本人確認書類は、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、特別永住者証明書、在留カード、健康保険証、学生証のどれかとなります。

一方、Lineペイは一度、本人確認をすれば、残高上限を解除できるため、手軽に利用できます。

 

1.5 導入費用

cost-of-paypay-and-linepay

【結論】

  •  ペイペイ: 〇 (導入費用、決済手数料、月額費用など無料。Alipayの手数料も無料
  •  Lineペイ: △(導入費用、決済手数料、月額費用は無料。ただし、Alipayは手数料あり)

【比較内容】

ここからは、ペイペイ、Lineペイを導入する店舗にとって、チェックしたい違いを説明します。

ペイペイは、導入費用や決済手数料、月額費用などが無料となっています。さらに、Alipayも決済手数料0%で利用できます。

paypay-alipay

  ペイペイ Lineペイ
導入費用 無料 無料
決済手数料 無料 無料(*2)
月額費用 無料 無料
Alipay 無料(*1) 3.45%(*3)

*1:2019年9月30日まで。2019年10月以降は有償化する可能性があります。
*2:2021年7月31日まで。
*3:StarPay端末(導入費、月額費は無料。手数料が3.45%発生)を利用することで、
  WeChat Pay、Alipayにも対応できます。

 

1.6 支払いサイト

payment-cycle-of-paypay-and-linepay

【結論】

  •  ペイペイ: 〇  (ジャパンネット銀行は翌日。その他金融機関は、最短翌々営業日)
  •  Lineペイ: △ (当月末締め翌月末払いとなります)

【比較内容】

店舗にとって、現金での支払いであれば、即時に資金化できます。しかし、スマホ決済の場合、資金化するまでにタイムラグが発生しがちです。

ペイペイは、ジャパンネット銀行は翌日、その他の金融機関は最短翌々営業日に支払われます。早期に資金化できるため、便利です。

一方、Lineペイの場合は、月末締め翌月末払いとなるため、1か月以上のタイムラグが発生してしまいます。そのため、運転資金が厳しい場合には、注意が必要です。

 

1.7 電話によるサポート

tel-support

【結論】

  •  ペイペイ: 〇  (電話によるサポートあり)
  •  Lineペイ: △ (電話によるサポートはなく、チャットで対応)

【比較内容】

スマホ決済を導入するにあたり、決済ができない、エラー画面が表示されるなどの不具合が生じた場合に、電話によるサポートを受けられると助かります。

ペイペイは、電話によるサポートがあり、土日祝日を含む365日対応であり、かつ24時間で受付をしています。

paypay-support

一方、Lineペイの場合は、電話による窓口はなく、Webフォームによる受付となります。

linepay-error

 

2. ペイペイとLineペイの比較表

comparison-table-between-paypay-and-linepay

最後に、ペイペイとLineペイの機能を比較表にまとめました。比較表を照らし合わせながら、どちらがいいかをご判断ください。

    ペイペイ Lineペイ
利用店舗 利用者
(利用可能な店舗数は少ない)

(100万店以上の利用が可能)
チャージ方法 利用者
 (銀行口座、コンビニからチャージ可、Yahoo!マネーへの登録が必要)

(銀行口座、セブン銀行のATM、Lineペイカード、コンビニなど幅広い選択がある)
チャージ金額以上の支払い 利用者 ×
 (チャージ金額以上の支払不可)

(オートチャージある)
本人確認書類の要否 利用者 ×
(3万円以上は毎回必要)

(一度、本人確認をすれば、OK)
導入費用 店舗
(導入費用、決済手数料、月額費用など無料。Alipayの手数料も無料

(導入費用、決済手数料、月額費用は無料。Alipayの手数料が発生)
支払いサイト 店舗
(ジャパンネット銀行は翌日。その他は、最短翌々営業日

月末締め翌月末払い
サポート 店舗
 (電話サポートあり)

(電話サポートなし)

 

まとめ

本記事は、ペイペイとLineペイを比較し、その違いをご紹介しました。なお、スマホ決済の導入やタブレットによるPOSレジなどについては、別記事でまとめています。

【参考記事】・ QRコード決済の比較とおすすめ!QRコードの種類、導入方法やコスト、手数料
      ・ PayPayの使い勝手と評判!メリットとデメリットを徹底解説【2019年】
      ・ 楽天ペイとAirペイを比較!選ぶ前に知りたい7つの違い【2019年】
      ・ エアレジの使い勝手と評判!使い方や手数料など、メリットとデメリットを紹介
      ・ エアレジとスクエアを比較!選ぶ前に知りたい5つの違い【2019年】

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です