comparison-between-paypay-and-origami-pay

PayPayとOrigami Payを比較!利用する前に知りたい7つの違い

Pocket

PayPayとOrigami Payを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

使えるお店支払い金額の上限、連携できる金融機関や本人確認の要否に違いがあります。また、店舗にとっては、手数料や入金サイクル、サポートに違いがあるため、注意が必要です。

そこで、PayPayとOrigami Payを選ぶ前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、PayPayとOrigami Payを比較し、その違いをご紹介します。

 

1. PayPayとOrigami Payを比較する7つのポイント

comparison-between-paypay-and-origami-pay

PayPayとOrigami Pay を比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。消費者の立場、スマホ決済を導入する店舗の立場から、違いを紹介します。

  1.   使えるお店
  2.   支払金額の上限
  3.   連携できる金融機関
  4.   本人確認の仕方
  5.   手数料(店舗)
  6.   入金タイミング(店舗)
  7.   サポート(店舗)

それぞれの違いをご紹介します。

 

1.1 使えるお店

available-shops

【結論】

  •  PayPay: △  (2018年10月スタートのため、使えるお店が少ない
  •  origami: 〇 (10万店以上で使える)

【比較内容】

PayPayは、2018年10月スタートのため、使えるお店が多くありません。

現状は、ファミリーマートローソン、ミニストップなどのコンビニや、トモズやサンドラッグなどのドラッグストア、魚民白木屋などの居酒屋で使えます。

paypay-store

一方、origamiは、使えるお店が10万店を超えており、利用できる店舗を地図表示する機能があります。例えば、渋谷駅周辺の場合、下のように使える店舗が表示されます。

origami-map

 

1.2 支払金額の上限

Amount-upper-limit

【結論】

  •  PayPay: ×  (チャージ金額以上の支払いはできない
  •  origami: 〇 (チャージ金額以上の支払いもできる

【比較内容】

PayPayは、銀行口座やコンビニからPayPay残高という電子マネーにチャージをすると、1円単位で支払いできます。ただし、PayPayで支払う金額以上のチャージを事前にしておく必要があります。

一方、Origami Payは、金融機関を登録することで、リアルタイムに銀行口座から引き落とされる仕組みになっています。そのため、チャージ金額以上の支払いもできます。

 

1.3.  連携できる金融機関

Financial-institutions

【結論】

  •  PayPay: 〇  (60以上の金融機関と連携している)
  •  Origami Pay: △ (連携している金融機関が少ない

【比較内容】

PayPayは60以上の金融機関と連携できます。

◆ 連携している金融機関(2019年4月11日時点)

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行
愛知銀行、青森銀行、秋田銀行、足利銀行、阿波銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、岩手銀行、
北日本銀行、紀陽銀行、京都銀行、関西みらい銀行、熊本銀行、群馬銀行、京葉銀行、
埼玉りそな銀行、山陰合同銀行、滋賀銀行、四国銀行、静岡銀行、七十七銀行、親和銀行、
十六銀行、常陽銀行、スルガ銀行、仙台銀行、大光銀行、第三銀行、大東銀行、千葉銀行、
千葉興業銀行、中京銀行、筑波銀行、東邦銀行、東北銀行、徳島銀行、鳥取銀行、トマト銀行、
富山銀行、長野銀行、南都銀行、西日本シティ銀行、八十二銀行、百五銀行、百十四銀行、
広島銀行、福井銀行、福岡銀行、北越銀行、北洋銀行、北陸銀行、北海道銀行、武蔵野銀行、
山梨中央銀行、横浜銀行

一方、Origami Payは、23の金融機関と連携していますが、三菱UFJ銀行と連携していません。そのため、ご利用の金融機関と連携しているか確認が必要です。

◆ 連携している金融機関(2019年4月11日時点)

ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、大垣共立銀行、青森銀行、静岡銀行、三重銀行、第三銀行、SBJ銀行、仙台銀行、百五銀行、みちのく銀行、佐賀銀行、イオン銀行、朝日信用銀行、関西みらい銀行、埼玉りそな銀行、りそな銀行、じぶん銀行、秋田銀行、群馬銀行、長野銀行、百十四銀

 

1.4 本人確認書類の要否

Identification-document

【結論】

  •  PayPay: ×  (3万円以上は毎回必要となる)
  •  Origami Pay: 〇 (特に、必要はない)

【比較内容】

PayPayは、3万円以上の支払いをするときに、本人確認書類の提示が求められます。

その場合、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、特別永住者証明書、在留カード、健康保険証、学生証のいずれかを見せる必要があります。

一方、Origami Payは、規約上は本人確認書類を求められる場合もあると記載されていますが、通常求められることはありません。そのため、スムーズに支払いできます。

 

1.5 手数料

commision

【結論】

  •  PayPay: 〇  (初期導入費用、手数料、月額費用など無料)
  •  origami: △ (初期導入費用と月額費用は無料。ただし、3.25%の手数料が発生する)

【比較内容】

PayPayは、期間限定ですが、初期導入費用や手数料、月額費用が無料で利用できます。一方、Origami Payは決済手数料が3.25%発生します。

  PayPay Origami Pay
初期導入費用 0円 0円
決済手数料 0円(*1) 3.25%
月額費用 0円 0円

*1: 決済手数料は、ユーザーが読み取る支払いのみ対象です。2021年9月30日まで無料です。

 

1.6 入金タイミング

cash-cycle

【結論】

  •  PayPay: 〇  (最短翌々営業日。但し、ジャパンネット銀行は翌日)
  •  Origami Pay: △ (月末締めの翌月末の支払い)

【比較内容】

現金による支払の場合には、即時に資金化できます。しかし、スマホ決済の場合、資金化するまでにタイムラグが発生しがちです。

PayPayは、ジャパンネット銀行は翌日、その他の金融機関は最短翌々営業日に支払われます。そのため、早期に資金化できるため、便利です。

一方、Origami Payの場合は、当月末締め翌月末払いとなるため、1か月以上のタイムラグが発生してしまいます。そのため、運転資金が厳しい業種の場合には、注意が必要です。

 

1.7 電話によるサポート(店舗)

tel-support

【結論】

  •  PayPay: 〇  (電話によるサポートを受けられる)
  •  Origami Pay: △ (電話によるサポートはない)

【比較内容】

店舗が、スマホ決済を使うにあたり、QRコードが読み込めない、お客様の決済でエラーが表示されるなどのトラブルが生じた場合に、電話によるサポートを受けられると助かります。

PayPayは、電話によるサポートがあり、土日祝日を含む365日対応であり、かつ24時間で問合せができます。

一方、Origami Payの場合は、電話による窓口はなく、Webフォームから質問をしてメールで回答を頂く流れとなります。

 

2. PayPayとorigamiの比較表

comparison-between-paypay-and-origami-pay

最後に、PayPayとorigamiの機能を比較表にまとめました。比較表を照らし合わせながら、どちらがいいかをご判断ください。

比較ポイント 立場 PayPay Origami Pay
使えるお店 利用者
(使えるお店は少ない)

(10万店以上で使える)
支払金額の上限 利用者 ×
(チャージ金額以上の支払不可)

(チャージ金額以上の支払可能)
連携できる金融機関 利用者
(60以上の金融機関と連携)

(連携できる金融機関が少ない)
本人確認の仕方 利用者 ×
(3万円以上は毎回必要)

(本人確認は必要なし)
手数料 店舗
(初期導入費用、手数料、月額費用など無料)

(初期費用と月額費用は無料。ただし、3.25%の手数料が発生)
入金タイミング 店舗
(最短翌々営業日。但し、ジャパンネット銀行は翌日)

(月末締めの翌月末の支払い)
サポート 店舗
 (電話によるサポートあり)

(電話によるサポートはない。メールで回答)

 

まとめ

本記事は、PayPayとorigamiを比較し、その違いをご紹介しました。なお、他のスマホ決済やレジプリに関する情報は、別記事でまとめています。

【参考記事】・ PayPayの使い勝手と評判!メリットとデメリットを徹底解説【2019年】
      ・ QRコード決済の比較とおすすめ!QRコードの種類、導入方法やコスト、手数料
      ・ 楽天ペイとAirペイを比較!選ぶ前に知りたい7つの違い【2019年】
      ・ AirPAY(エアペイ)とSquareを比較!電子マネー、入金サイクル、手数料

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です