how-to-collect-customers-for-online-shop

ネットショップ初心者必見!開業する前に知っておきたい集客術

Pocket

ネットショップを成功に導くためには、「集客」は重要なテーマです。

しかし、大規模な資金力を持たない中小企業の場合、どのようにして限られた資金で、ネットショップを作り、集客をすればいいのでしょうか。

そして集客をするときには、どんな工夫が必要なのでしょうか。

本記事は、ネットショップの初心者向けにおすすめの集客術をご紹介します。

【参考文献】 成功する ネットショップ集客と運営の教科書
       染谷 昌利  (著), 鈴木 珠世  (著) 2014年

 

1. ネットショップの初心者におすすめの集客方法

homepage-steps

ネットショップを開業する際に、大きく2つの方法があります。

  •  ショッピングモールに出店します
  •  自前でネットショップを作ります

ショッピングモールに出店することは、「デパートのテナント」に出店するようなイメージです。
集客はしやすいですが、出店料がかかるので利益があがりにくいです

一方、自前でネットショップを作る場合には、「個人商店」を作り上げるイメージです。
集客するのに時間がかかりますが、利益をあげるのはかんたんです。

ただ、ネットショップの初心者にとって「集客」は大変なテーマです。そのため、ショッピングモールの集客力をいかして、集客の仕方を学び、経験値を積むことを優先したいところです。

そして、ショッピングモールで学んだノウハウを活かして、自前のネットショップを育てます。

 

2. どのショッピングモールに出店しますか

choose

ショッピングモールに求める点は集客力となります。日本を代表するショッピングモールは3つあります。

  •  楽天市場
  •  Amazon
  •  Yahoo!ショッピング

おすすめのショッピングモールは楽天市場です。理由は2点あります。

  1.  圧倒的な集客力があります
  2.  ネットショップの集客・運営方法を学べます

 

2.1 圧倒的な集客力があります

rakuten

楽天市場は、2016年12月時点で、出店店舗数44,528店、国内年間流通総額8.8兆円を誇る日本最大のショッピングモールです。これは、楽天市場がほかのショッピングモールより集客に力を注いできたことを示しています。

顧客は欲しい商品があったときに、インターネットで検索しますが、楽天市場のページが検索結果の上位に表示されることが多いです。

例えば、「バレンタイン チョコレート」とGoogleに入力しますと、2番目に表示されます。
例えば、「ひな人形」とGoogleに入力しますと、同じく2番目に表示されます。

検索結果の上位に表示されるほど、クリックされる率は高まりますので、楽天のショップへ訪問してくれるお客様は増えるのです。

 

2.2 ネットショップの集客・運営方法を学べます

楽天市場では、楽天大学というオンラインショップの集客・運営方法を学習できるポータルサイトを運営しています。また、Rux(アールユーエックス)というオンラインで店舗運営に関するノウハウを学べる講座や、全国各地でクラス形式の講座を運営しています。

商品ページの作り方や、店舗ロゴの作り方、食品の撮影方法など店舗運営に有効なレクチャーを行っています。

そのため、ネットショップの集客・運営方法を学べる点で、楽天市場はおススメです。なお、楽天市場とAmazon、Yahoo!ショッピングとの比較を詳細に知りたい方は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ネットショップの比較・選び方 【2017年度版】 
  (2.2 ショッピングモールの比較(楽天市場とAmazon、Yahoo!ショッピング)を参照)

 

2.3 楽天市場の活用のコツ

tool

実際に出店する場合には、出店することも重要なのですが、お客様からの評価・レビューを得ることを忘れては行けません。

これから商品を買おうとするお客様にとって、お客様の声は貴重な情報となります。第三者の評価を全面にだすことで、お店の信頼度をアップできますし、お客様の心を掴めます。

では、どのようにして評価・レビューを書いてもらえばいいでしょうか。

一つの方法は、購入してもらったお客様に、
発送後1~2週間以内に「ご購入頂いた商品はいかがですか。」と感想を伺います。

そして、「商品の感想をいただければ、次回の商品の送料を無料にします」といった
特典をつけて、レビュー記入用のURLを添付します。

こうすることでレビューを書いてくれるお客様がでてきますので、地道にレビューを集めます。

楽天市場では、お客様からの評価の高い順に商品のランキングが表示されますので
上位にランキングすることで、売上がアップする可能性が高まります。

ぜひ頑張ってレビューを集めてください。

 

2.4 楽天市場内での集客のコツ

best-side-business-for-office-workers

ショッピングモールで集客をするときには、コツがあります。

お客様はショッピングモールのトップページにアクセスしてモール内の検索窓を使って、商品名を検索することがあります。その場合、お店のトップページではなく、商品ページに直接アクセスします。そこで、個々の商品ページのSEO対策を手厚く行う必要があります。

例えば、キーワードを決めるときには、楽天の検索窓に出てくる検索候補のキーワードを入れるようにします。

たとえば、「スマートフォン」というキーワードを入れると

スマートフォン ポーチ
スマートフォン ケース
スマートフォン ケース ベルト
スマートフォン 充電器
スマートフォン ショルダー

などのキーワードが表示されます。

rakuten

こういったキーワードを盛り込むことで、アクセス数が上がる可能性があがります。

なお、ショッピングモール内の検索は、Googleなどの検索ロジックは使われません。
そのため、ショッピングモール内の検索を引っかかりやすくするために、専門の
コンサルタントもいますので、ぜひ相談してみてください。

 

まとめ

本記事は、ネットショップの初心者向けにおすすめの集客術をご紹介します。

まずショッピングモールで開業し、ネットショップの集客力を活かしつつ、
同時に自前でネットショップを地道に育て上げます。

なお、ネットショップを自前で作るときのポイント、集客の仕方、開業資金の算出方法、デザインの作り方などは別記事にまとめています。ぜひご覧ください。

【参考記事】 ・ ネットショップの作り方&はじめ方を徹底解説!
       ・ ネットショップを宣伝する5つの方法!初心者でもできる広告
       ・ ネットショップの開業資金はいくら必要か。7つの費用を算出!
       ・ ネットショップの運営は法人化しているほうがいいのか?
       ・ ネットショップのメリットとデメリットを比べる!
       ・ ネットショップのデザインを分析!繁盛店に共通する3つの法則
       ・ ネットショップのセキュリティ対策!4つのリスクをチェック

ネットショップをスムーズに立ち上げる一助になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です