how-to-earn-money-from-crowdsourcing

クラウドソーシングで稼ぐ!おすすめのクラウドソーシング4選

Pocket

クラウドソーシングで稼ぐには、どのクラウドソーシングがオススメでしょうか。

同じクラウドソーシングですが、仕事の種類報酬の金額働き方、福利厚生の充実度などに違いがあります。また、紹介手数料に違いがあるため、間違った選択をすると余計な出費がでます。

そこで、クラウドソーシングを選ぶ前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、稼ぎやすい4つのクラウドソーシングをご紹介します。

 

1.  オススメのクラウドソーシング4選

easy

クラウドソーシングで稼ぐのに、オススメのサービスは4つあります。

  1.  ランサーズ
  2.  クラウドテック
  3.  クラウドワークス
  4.  Bizseek

それぞれの詳細をご紹介します。

 

1.1 ランサーズ

lancers-1

日本で最大手のクラウドソーシングです。認定ランサー制度があり、スピード、実績、評価などの条件を満たすと、ランサーズが認定してくれます。認定ランサーになれば、稼ぎやすくなります。

また、顧客に週1日だけ常駐するタイプもあり、収入が安定する仕組みもあります。

◆ 基本情報

  •  仕事の種類: 141種類
  •  働き方: インターネット上の仕事、一日常駐型
  •  手数料: 5~20%

ランサーズ

【参考記事】 ・ ランサーズの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説【2018年】

 

1.2 クラウドテック

crowdtech-top

株式会社クラウドワークスが提供するクラウドソーシングサービスで、希望の勤務地、職種などを登録すると、キャリアサポーターが仕事を紹介してくれます。

単価が大きく、稼ぎやすいクラウドソーシングサービスです。クラウドワーカー安心保険というサービスがあり、ケガや病気で働けない場合にでも、保険金額が支払われるサービスがあります。

◆ 基本情報

  •  仕事の種類: 33種類(2018年6月7日時点)
  •  働き方: 常駐型

クラウドテック

【参考記事】 ・ クラウドテックの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説

 

1.3 クラウドワークス

crowdworks

サービスの開始は2012年3月で、会員数116万人、10万社を超える企業が活用し、130種類もの仕事を取り扱っている日本を代表するクラウドソーシングサービスです。

受注実績や評価、時給、稼働可能時間、本人確認、NDA確認(*1)など、ワーカー側は示せます。
仕事の量も多く、登録しておきたいサービスの一つです。

◆ 基本情報

  •  仕事の種類: 130種類(2018年6月7日時点)
  •  働き方: インターネット上
  •  手数料: 5~20%

クラウドワークス

【参考記事】 ・ クラウドワークスとランサーズを徹底比較!【2018年度】

*1: 秘密保持契約を締結した方を示します。

 

1.4 Bizseek

bizseek

実名制のクラウドソーシングであり、「安心感」を売りにしているので、発注者側もワーカーに単価の安さだけでなく信頼性を求める傾向があります。

そのため、実名をだしても問題ないワーカーにとっては、登録しておいて損のないサービスだと思います。また、手数料が業界で最安なため、有利に仕事を請けられます。

◆ 基本情報

  •  仕事の種類: 52種類(2018年6月7日時点)
  •  働き方: インターネット上
  •  手数料: 5~10%

Bizseek

【参考記事】 ・ Bizseekの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説

 

2. クラウドソーシングで稼ぐコツ

homepage-steps

クラウドソーシングで稼ぐためには、2つの方法があります。

・ 仕事の単価を上げる
・ 受注する案件を増やす

できれば、企業側から「〇〇様に仕事をしてほしい」と名指しで依頼を受ける立場になることで、継続的に案件を受注でき、単価を下げずに稼ぐことができます。

そのためには、次のような工夫が必要です。

  1.  スキル、職務履歴書を充実させる
  2.  最初は単価を下げてでも、実績数を増やす
  3.  仕事を受注したら、高い評価を得て、継続受注を目指す

 

2.1 スキル、職務履歴書

web-content

クラウドソーシングサービスでは、ワーカーの職歴やスキルを登録することを推奨しています。
発注する企業側も見ますので、できるだけ詳細に書いておくことが必要です。

意外と忘れがちな項目が機密保持契約秘密保持契約に関する条項です。

発注企業にとっては、セキュリティ意識の低いワーカーは心配です。たとえば、「名簿のデータ入力の作業を依頼したが、個人情報が漏えいされた・・・」となっては発注を決めた担当者は首が飛びます。

そのため、機密保持契約や秘密保持契約に関する条項に回答しているワーカーに依頼したという
安心材料をもったうえで発注をする方も多いはずです。

従って、ワーカーとしても、秘密保持契約や個人情報に関する証明書類を提出するなど、
信頼できるワーカーとアピールをすることが大切です。

 

2.2 実績数

increase

発注企業にとって、仕事を依頼する際に、実績数と評価の確認は欠かせません。実績数が多く、評価も高い方の場合、ある程度安心して作業を依頼することができます。

初心者のワーカーにとっては、実績数を増やすことは大変かと思いますが、最初は単価を下げても実績数を増やし、その後単価をあげていくほうがスムーズに稼げます。

 

2.3 評価

concept

ワーカーは受注した仕事を、納期を意識し、品質を意識して業務を遂行する必要があります。

業務を遂行するうえで、クラウドソーシングならではのトラブルが、発注側の企業の意図とワーカーの理解に齟齬が生じて、「求めていた成果物と異なるものが出来上がった」というトラブルです。

インターネット上のみで仕事の受発注をするので、認識に齟齬が生まれやすくなります。そこで、こまめにコミュニケーションを取り、発注側の企業の作業内容を適切に理解し、成果物の品質を高める努力が求められます。(発注側の企業にも同様の意識は必要なのですが、、)

弊社も継続的にお願いしているワーカーの一人に、弊社の依頼内容を適切に整理し、依頼内容では触れていない点も提案をし、納品をしてくれる方います。

 

【参考】 クラウドソーシング(を利用して働くとき)の2つの課題

problem-for-crowdworkers

個人(ワーカー)が、クラウドソーシングサービスを利用して働く場合、2つの課題があります。最後に現状の課題をご紹介させて頂きます。

  1.  仕事の単価が下がりやすい
  2.  収入が不安定になりやすい

 

【参考1】 仕事の単価が下がりやすい

高度なスキルを持っているワーカーは別として、通常はクラウドソーシングサービスを利用して働く場合、短期的には報酬が入りますが、長期的には単価が下がりやすく、年収が下がる可能性があります。

なぜなら、一つの仕事に複数の方が応募するため、価格競争が起きやすくなるためです。

たとえばある作業を募集したところ、東京に住むワーカーと札幌に住むワーカーが応募したとします。札幌に住むワーカーが、東京に住むワーカーの7割の値段で応募した場合、スキルが同じであれば東京に住むワーカーも3割減の値段で仕事を受けざるをえなくなります。

このようにクラウドソーシングは競争原理が働きやすく、単価が下がりやすいのです。

 

【参考2】 収入が不安定になりやすい

クラウドソーシングは、プロジェクト形式、コンペ形式、タスク形式の3種類の仕事が一般的です。

  • プロジェクト形式: 「相見積り」「一括見積り」といわれる発注スタイル
  • コンペ形式: ロゴ作成などコンペ形式で募集し、採用時点でフィーが発生するスタイル
  • タスク形式: 小さい単位の仕事を、低価格で、多くの人に業務委託するスタイル

しかし、ワーカーにとっては、この発注方式は次のような課題があります。

  • プロジェクト形式: 複数の提案から選ばれるのは1件なため、安定的な収入となりにくい
  • コンペ形式:勝者が総取りする形態なため、選ばれた方(通常、1名)のみ報酬を得る
  • タスク形式:比較的容易に受注できるが単価が安いため、生計を成り立たせるのは難しい

上記のような問題もあるので、できるだけ実績を積みつつ、評価を高めることが大事になります。

 

まとめ

本記事は、クラウドソーシングで稼げる4つのクラウドソーシングサービスをご紹介しました。また、単価を高くして仕事を受注するコツをご紹介しました。

なお、代表的なクラウドソーシングに関するサービスを比較しています。

【参考記事】 ・ 代表的なクラウドソーシング12社を徹底比較!【2018年版】

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です