how-to-find-the-best-location-for-a-restaurant

店舗物件の探し方!物件を決めるときの21のチェックポイント


店舗の物件を決める前に、どのようなポイントをチェックすればいいでしょうか。

立地客層、駅からの距離、階数や看板の取り付け位置など、店舗物件を探す前には、様々なポイントを確認したいところです。

そこで、店舗を探す前にチェックしたいポイントをまとめました。

本記事は、店舗物件の探し方と、物件を決める前の21のチェックポイントをご紹介します。

【参考文献】 はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)
       赤沼 慎太郎(著)2009年

 

1. 立地

search

お店を開業するときには、お店のコンセプトターゲットにあう立地を探す必要があります。一般的にお店を開業するときには、次のような立地が考えられます。

  •  繁華街: 平日・土日ともに人が集まりやすい場所です。競合店も多く、賃料が高いです
  •  駅前: 帰宅時に利用する人が多く、アルコールを扱う飲食店にオススメです。
  •  オフィス街: 平日のランチタイムに人が集まります。ただ、土日は閑散とします。
  •  商店街: 地域の住民が集まります。地域に密着した工夫が必要です。
  •  住宅街: 賃料が安くなります。通行量が少ない場合には、集客に苦労します。

 

2. 店舗の物件の探し方

comparison-of-mysteryshopping-website

店舗物件を探すときには、4つの方法があります。

  1.  地元の不動産業者に依頼して探す
  2.  店舗物件の専門業者に依頼して探す
  3.  インターネットで探す
  4.  自分の足で歩いて、「テナント募集」の貼り紙をチェックする

最初は4つの方法をつかって、さまざまな物件を見ていくことで、徐々に地域の情報や相場観を把握していきます。そして、「これは!」というエリアが見つかってきたら、そのエリアにあるお店を調査し、客層、料理の単価雰囲気などをチェックします。

さらに、平日、週末、昼間、夜間、晴れの日、雨の日にわけて、何度も足を運んでみることが大切です。また、具体的に物件を決める前には、次のようなポイントをチェックします。

  1.  駅からの距離はどれくらいか。
  2.  通行人はお店のターゲットと合っているか。
  3.  何階か。
  4.  周辺に障害物はないか。
  5.  看板の取り付け位置は見やすいか。
  6.  店頭に置き看板を置くスペースはあるか。
  7.  開業時間に制限はないか。
  8.  近くに集客施設(学校、美術館、商業施設など)があり、その動線上にあるか。
  9.  店舗の面積は適切か。
  10.  店舗の工事はどこまでできるか。
  11.  電気・ガス・水道・換気などの設備は十分か。
  12.  駐車場はあるか。
  13.  入口は専用か、共用か。
  14.  入口に段差はないか。
  15.  家賃は毎月払っていける金額か。
  16.  家賃以外に費用がかからないか。(共益費、管理費など)
  17.  家賃はいつから発生するか。
  18.  保証金は何割が償却され、いくら返却されるか。
  19.  解約時の現状回復はどの程度必要か。
  20.  解約は退去日の何か月前に連絡する必要があるか。
  21.  競合となるお店は近くにあるか。

上記のようなポイントをチェックして、物件を決めてください。

 

まとめ

本記事は、店舗の物件の探し方と、物件をチェックするときのポイントをご紹介しました。なお、飲食店の開業をするときの費用や開業のステップを別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 飲食店の開業資金はいくら必要か。開業費用を削減する6つの方法

ご参考になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です