how-to-improve-customer-service

顧客フォローで差別化!トップセールスに共通するフォロー術

Pocket

トップセールスマンは、顧客にどのようなフォローをしているのでしょうか。

商品を購入して頂いたお客様や、見込み客を定期的にフォローすることで、お客様との関係を維持しています。では、具体的にどのようなフォローをしているのでしょうか。

本記事では、トップセールスマンが実践しているフォロー術をご紹介します。

【参考記事】 営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する
       中村 信仁  (著) 2007年

 

1. 顧客フォロー

4-ways-of-increasing-customer-numbers

商品を購入して頂いたお客様や見込み客をフォローしていくことは重要です。

とくに、「いますぐ買いたいわけではないが、そのうち買いたい」とおもっているお客様が、「買いたい!」とおもったときに、自社のことを思い出してもらいたいところです。

そのため、お客様を定期的にフォローし、忘れずにいてもらいます。

 

2. メール

how-to-increase-regular-customers

お客様をフォローをするときに便利な方法は、メールです。お客様に会わなくても、まるで自分と会っているかのように思ってもらえて、会社や自分の人柄が伝えられます。

お礼状や年賀状、暑中見舞いは、年に1、2回送る程度ですので忘れられてしまいます。
一方、メールであれば、気軽に送れるため、お客様の記憶に残る可能性があります。

 

3.  メールに書く内容

steps-of-opening-a-cafe-business

では、どんな内容をメールに書けばいいのでしょうか。

 

1. お客さまが興味を持つようなノウハウ・ニュース

お客様が興味を持つノウハウ・ニュースをご紹介します。営業のプロにとっては当たり前の情報も、お客様にとっては貴重な情報源となります。

 

2. 会社の取り組み

会社で日頃取り組んでいる活動を紹介します。ゴミの分別みたいな活動やボランティア活動などなんでも構いません。日々努力している活動などを書くことで、親近感をもって頂けます。

 

3. 社員やスタッフ

スタッフの自己紹介や、社員の最近うれしかったニュースなどを書くことでその社員ががんばっている姿を見せ、お客様に興味を持ってもらいます。

 

4. お客様の声

お客様から頂いた声などを紹介することで、第三者の意見を伝えることができます。お客様の声を載せることで、アピールします。

 

5. よくある質問

営業マンが聞いた「他のお客様から受けた質問内容」を書きます。お客様が問い合わせる内容は、他のお客様も聞いてみたい質問である場合が多いです。

 

6. 会社からのお知らせ

年賀の挨拶、年末の挨拶、ゴールデンウィークやお盆時期の休業情報、臨時休業の挨拶などを
告知し、営業時間などでお客様にご迷惑をかけないようにします。

【参考記事】 メールの書き方や送り方を別記事でもまとめています。ぜひご覧ください
   ・ メルマガの作り方 お客様にウケる記事とは?
   ・ メルマガ配信のやり方 無理せずコツコツ続ける方法を大公開
   ・ メルマガを書くコツ! ついつい読んでしまう記事を書く方法

 

まとめ

本記事では、時間をかけずに、手軽にお客様をフォローをできる方法をご紹介しました。
お客様に定期的にメールを送ることで、忘れられないようにします。

そのためには有益な情報を送ることが大切になります。ご参考になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です