how-to-make-attractive-mail-magazine

メルマガの作り方 お客様にウケる記事とは?

Pocket

メルマガが再注目されています。

従来のような押し売りのようなメールではなく、お客様をファンに巻き込めるようなメルマガが求められています。

「お店のことを知ってもらいたい」「お店のファンになってもらいたい」という想いを届け、
売上に貢献できるメルマガを作るには、どうしたらいいでしょうか。

本記事では、売れるメルマガの作り方をご紹介します。

  1.  メルマガの反応をチェックする
  2.  情報ではなく情熱を届ける
  3.  読者を特別扱いする

【参考文献】 ネット集客での売上に直結する 見込み客リスト(メールアドレス)の集め方・使い方       望月高清  (著) 2014年

 

1. メルマガの反応

search

メルマガを配信後、そのメルマガの反応をチェックし、次回のメルマガに活かします。

たとえば、配信したメルマガのクリック数や掲載したURLのクリック数/率をチェックします。
こうすることで、一生懸命書いたのにクリック数が伸びないときに、どの表現が悪かったのか
あるいは配信時間が悪かったのかなどを分析します。

また、メルマガについて率直にアンケートをとってみるのも一つです。

◆ メルマガに関するアンケートの例

  1.  メルマガはどのくらいの頻度で読まれていますか。
  2.  どんな時にメルマガを読んでいますか。
  3.  メルマガのボリュームは適切ですか。
  4.  メルマガで興味を引かれたものはなにでしょうか。

こういったアンケートをとることで、メルマガに関するお客様の声を集め、
売れるメルマガ作りの参考にすることができます。

 

2. ストーリー

easy

宣伝一辺倒のメールでは読まれません。

お客様は「商品そのもの」というよりは、開発者の想いやその裏側のストーリーに共感して
その商品を購入することがあります。

たとえば、化粧水。

メーカーや美容効果、値段などももちろん気になりますが、
お客様が気になるのが「どんな思いでこの化粧水を作ったのか」という視点です。

商品の裏側にあるストーリーを伝えたいところです。

 

3. 特別扱い

security-measurement-for-online-shop-owner

売れるメルマガを作る一つの秘訣として、メルマガの読者を特別扱いします。

たとえば、店舗を運営されている場合には、
読者限定のプレゼントという企画を用意し、メルマガで送ります。

ホームページ上でいくつものキャンペーンを開催しても、
メルマガ読者限定のキャンペーンはホームページ上では掲載しないようにします。

あるいは、人気教室を運営されている場合には、読者限定で先行予約サイトを案内します。
予約を受け付け後、すぐに満席になってしまうレッスンなどを
事前にメルマガ会員にだけ先行予約を受付ける仕組みを用意します。

人は特別扱いされると誰でもうれしくなります。
このように限定感を打ち出すことで、売れるメルマガ作りをします。

 

 まとめ

本記事では、売れるメルマガの作り方をご紹介しました。メルマガの書き方や送り方について別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ メルマガの書き方 ~かんたんに書ける!8つの例~
       ・ メルマガの始め方 | よくある失敗例と対策
       ・ メルマガの始め方 ~ 7つのステップでメルマガを送る ~
       ・ ついつい読んでしまうメルマガを書くコツ
       ・ メルマガ書き方講座 ~商品を売れる記事を書く4つの鉄則~
       ・ 固定客を増やす接客術 ~お客様の流出を防ぐメールの実例集~
       ・ 休眠顧客を呼び戻すメール術
       ・ メルマガのネタ切れを防ぐコツ ~ネタ作りの12の視点~
       ・ リピーター獲得に向けたメール術 ~7つの文例付き~

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です