how-to-sell-photos-online-app-min

写真をネット販売する方法!おすすめアプリ・システム12選(無料あり)


写真をネット販売できるアプリを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

写真データを掲載し、ダウンロードすると報酬がもらえるサイトや、ネットショップを作り、写真を販売できるアプリ。スクールやイベント関係者に写真を販売できるサイトなど、多種多様です。

そこで、写真をネット販売する前に、知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、写真を販売できるアプリおすすめ12選を比較し、その違いをご紹介します。

 

写真をネット販売できるアプリ・サイト!おすすめ12選

how-to-sell-photos-online-app-600-min

写真をネット販売できるアプリ・システムを選ぶ前に、5つのポイントを確認したいところです。

No 質問 内容
1 どのような写真を売るか 写真データ、プリント、ウッドパネル、ポストカード
2 向けに売るのか 新規のお客様、スクール関係、イベント関係
3 どうやって売るのか ストックフォト、ネットショップ、スクール向け販売サイト
4 料金は自由に設定したいか 自由に料金を設定する、予め料金は設定されている
5 コストはどの程度か 月額費用や販売手数料

上記を踏まえて、おすすめの写真販売サイト12選を比較し、その違いを紹介します。

  1.  pixta
  2.  スナップマート
  3.  shutterstock
  4.  base
  5.  creema
  6.  minne
  7.  スナップスナップ
  8.  はいチーズ
  9.  Photospot
  10.  フォトレコ
  11.  フォトラボ
  12.  トッテ

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1. pixta

pixta-2

5,100万点近い写真、イラスト素材を販売できるサイトです。写真の素材をアップロードすることで販売できます。

写真をアップロードするときに、タグ付けが重要となります。ユーザーに検索してもらって、見つけてもらう必要があるためです。

注目のテーマ、あるいはトップクリエイターの写真術などのコラムがあるので、その内容を参考にして、写真を撮影します。

pixta-channel-min

なお、報酬は素材の販売額にコミッション率を掛け合わせた金額となります。

◆ 素材の販売額

サイズ 縦横合計ピクセル数   価格
  目安 必須  
S 640×480px 1300px以下 550円
M 2400×1500px 1301px以上4500px以下 1,980円 
L 3200×2400px 4501px以上8000px以下 3,630円
XL 5200×3900px 8001px以上 5,500円

◆ コミッション(単品購入・定額制プランの場合)

  一般クリエイター 専属クリエイター 人物専属クリエイター
通常 22~42% 30~53% 42~58%
独占販売 30~48%

◆ 基本情報

  •  スマホ写真: 〇
  •  審査: 有
  •  月額費用:無料
  •  マージン:42%~

pixta

 

2. スナップマート

snapmart-min

スマホアプリから出品した写真素材を、Webサイトで販売できるサイトです。出品から報酬の受け取りまでの作業をスマホで完結できるため、副業でお手軽に始めたい方向けです。

日常のふとした瞬間やリアルな表情など、素人ならではの写真が多数出品されています。また、企業側からコンテストが開かれ、写真を集める企画もあります。

snapmart-contest-min

報酬は写真の販売価格から、報酬率を掛け合わせた金額となります。

◆ 販売価格(単品購入の場合)

サイズ 大きさ 価格
S 縦横どちらかの長辺が800px以下 330円~
M 縦横どちらかの長辺が1500px以下 550円~
原寸大 縦横どちらかの長辺が1501px以上 1,320円

◆ 報酬率

写真の売買価格の30〜60%が報酬率となります。コンテストの場合、100%が報酬率となります。

◆ 基本情報

  •  スマホ写真: 〇
  •  審査: 無し
  •  月額費用:無料
  •  マージン:40%~

スナップマート

 

3. shutterstock

shutterstock-min

ニューヨークを本社にするストックフォトサイトです。国内だけでなく、海外にネットで写真を販売できます。

管理画面が使いやすく、写真をアップロードすると、作品内容に応じて、自動作成される推奨キーワードを選択できます。

shutterstock-management-screen-min

さらに、各作品のステータス(承認待ち、承認、却下など)が一覧で確認できます。さらに、モバイルのブラウザーや寄稿者向けのアプリで、アップロードできます。

◆ 報酬額の料率

報酬は、素材の販売数が増えるにしたがって、報酬額の料率が上がる仕組みになっています。

画像のレベル 今年の画像ライセンス数 報酬額
1 100以下 15%
2 100~250 20%
3 251~500 25%
4 501~2500 30%
5 2501~25000 35%
6 25000超 40%

◆ 料金プラン(オンデマンドパック)

  •  画像5点:6,000円
  •  画像25点: 28,000円

◆ 基本情報

  •  スマホ写真: 〇
  •  審査: 有
  •  月額費用:無料
  •  マージン:60%~

shutterstock

 

4. BASE

base-top-new-min

無料で写真をネット販売できるツールです。プリントした写真、ならびにダウンロード販売もできます。月額費用などがかからないため、手軽に始められます。

base-digital-sell

なお、自前のショップとなるため、写真の価格は自由に設定できます。また、写真を販売したときには、販売手数料(6.6%+40円)を差し引いた金額が報酬額となります。

報酬額は多くなりますが、独自に集客をする必要があります。なお、インスタグラムとの連携や、メルマガクーポン、セールなど様々な販促ツールがあります。

base-sale

また、決済方法はクレジットカード決済のみとなります。なお、クレジットカード決済の審査は不要でBASEかんたん決済という方法を利用することで、販売できます。

◆ 基本情報

  •  スマホ写真: -
  •  審査: 無し
  •  月額費用:無料
  •  マージン:6.6%+40円

BASE

【参考記事】 ・ BASEの使い方と評判!メリットとデメリット、手数料を解説!【2020年】

 

5. creema

creema-min

ハンドメイド作品の販売サイトで、写真も販売できます。印刷した写真や、ポストカード、額装写真、アートパネルなどを販売しています。

無料で作品を出品することができ、販売できたら、手数料(10%)を差し引いた金額が報酬額となります。

クリーマは代金を一時的に預かって、作品が到着後、出品者に支払われる流れになっています。そのため、安心して決済を行えます。

◆ 基本情報

  •  スマホ写真: -
  •  審査: 無し
  •  月額費用:無料
  •  マージン:10%

Creema

 

6. minne

minne-min

Creemaと同様、ハンドメイド作品の販売サイトで、写真も販売できます。フォトブックアートパネル写真シール、ウェルカムボード、ミニフォトなどを販売しています。

無料で作品を出品でき、販売できたら、手数料(9.6%)を差し引いた金額が報酬額となります。

◆ 基本情報

  •  スマホ写真: -
  •  審査: 無し
  •  月額費用:無料
  •  マージン:9.6%

minne

【参考記事】・ creemaとminneのどちらに出店するべきか【2020年】

 

7. スナップスナップ

snapsnap-min

スクールで行われた写真を、スクール毎に管理されたページで、閲覧、販売できるサイトです。ネットで写真を閲覧できるため、ご家庭でゆっくり写真を選択し、購入してもらえます。

一人一人のお子さんの写真を数多く掲載することで、購入枚数や購入単価をあげられます。また、遠隔地で暮らす祖父母など、これまでにないお客様にも買っていただけます。

なお、検索機能は充実しており、過去の写真を検索できたり、かお検索機能など、便利な機能があります。

◆ 基本情報

  •  スマホ写真: -
  •  審査: 無し
  •  月額費用:未公開
  •  マージン:未公開

スナップスナップ

 

8. はいチーズ

hai-cheese-min

学校写真を販売できるサイトです。

保護者が写真を買いやすいように、で写真を検索できる機能があります。また、スマホタブレットにも対応しており、すき間時間に写真を探すことができます。

さらに、注文履歴から、写真に写っている顔をもとに、おすすめの写真を表示できます。

◆ 基本情報

  •  スマホ写真: -
  •  審査: 無し
  •  月額費用: 未公表
  •  マージン: 未公表

はいチーズ

 

9. Photospot

photospot-min

スクールアルバムのノウハウを活かして、写真のネット販売を運営しています。

選択した写真をトリミングする機能や、ルーペで拡大する機能が用意されています。閲覧用のパスワードを設定できたり、写真に透かし文字を入れられる機能もあります。

また、スマホに対応しており、クレジットカード決済やコンビニ決済にも対応しています。

◆ 基本情報

  •  スマホ写真: -
  •  審査: 無し
  •  月額費用: 未公開
  •  マージン: 未公開

Photospot

 

10. フォトレコ

photoreco-min

学校の施設やイベント会場、スタジオなどで撮影した写真をネットで販売できます。

認証キーを入力しないでも、写真を販売でき、プロスポーツ、タレントの写真販売などに便利です。また、1枚無料で写真を売る機能や、〇枚数購入すると〇%割引などの割引設定もできます。

フォトデータ、プリント、ウッドパネル、マットパネル、ポストカード、ポスターなど、様々な商品を販売できます。

◆ 基本情報

  •  スマホ写真: -
  •  審査: 無し
  •  月額費用:無料
  •  マージン:15%(還元率85%)

フォトレコ

 

11. フォトラボ

photo-labo-min

販売手数料が無料のネット写真販売サービスです。どれだけ売れても掛かる費用は月額費用のみとなります。

販売ページを作り、料金を設定すれば、写真を一括アップロードするだけです。販売方法は、L版プリントからポスター、データCD、ダウンロード販売などができます。

◆ 基本情報

  •  スマホ写真: -
  •  審査: 無し
  •  月額費用:3,700円~30,200円
  •  マージン:無料

フォトラボ

 

12. トッテ

totte-min

インターネットで写真を販売できるサービスです。卒業アルバム制作で20年以上の実績を持つ夢ふぉが運営しています。

決済を保護者とトッテの間で行うため、子供にお金を持たせて紛失するトラブルを防げます。なお、コンビニ決済やクレジットカード決済に対応しています。

なお、アルバム制作ソフトとの連携も行えます。

◆ 基本情報

  •  スマホ写真: -
  •  審査: 無し
  •  月額費用: 未公表
  •  マージン: 未公表

トッテ

 

まとめ

本記事は写真をネット販売できるアプリおすすめ12選を比較し、その違いをご紹介しました。

おさらいをすると、求める内容によっておすすめのサイトが変わります。

求める内容 おすすめのアプリ
新規の顧客に写真データを販売したい pixtashutterstock
自前のネットショップを作って、写真を販売したい BASE
写真ポストカードアートパネルを販売したい Creemaminne
学校で撮影した写真をネットで売りたい スナップスナップはいチーズPhotospot

なお、ストックフォトサイトについては別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ストックフォトサイトの比較と選び方!写真を販売して稼ぐ方法【2020年】
       ・ ストックフォトで初心者が写真を売る方法!売れる写真を撮る5つのコツ

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です