how-to-use-mfcloud-for-beginner

MFクラウド会計を初心者でも使える!便利な使い方を詳細解説

Pocket

MFクラウド会計はどのような使い方をすればいいのでしょうか。

自動仕訳の仕方や、手作業で記帳をする方法、ショートカットキーの使い方、仕訳辞書の使い方まで、様々な便利な使い方をまとめました。

最初はどんな使い方をしたらいいかわからない方向けに、MFクラウド会計を利用する前に、知っておきたいポイントを実際の操作画面とともにご紹介します。

本記事は、初心者向けにMFクラウド会計の便利な使い方・手順を説明します。

【参考文献】  ベテラン税理士だけが知っている 自動経理の成功パターン
        堂上 孝生 (著) 2017年

 

1. MFクラウド会計の導入手順

comparison-between-lolipop-and-heteml

MFクラウド会計の使い方を5つのステップに分けてご紹介します。

  1.  基本情報を登録します
  2.  事業所の設定を行います
  3.  データ連携を行います
  4.  自動経理機能を利用して、取引を登録します
  5.  手動で取引を登録します

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1. 基本情報の登録

easy

まず、MFクラウド会計を利用できるように、基本情報を登録するところから開始します。

手順1 まず、MFクラウド会計 にアクセスし、MFクラウド会計を選びます。(赤枠)

mfcloud-top

MFクラウド会計

手順2 「無料で試してみる」をクリックします。

mfcloud

手順3 事業形態、メールアドレス、パスワード、会社名、担当者名、電話番号、都道府県を入力します。

mfcloud-user-registration

手順4 連携する金融機関、銀行を選びます。

mfcloud-financial-service-registration

手順5 プランを選びます。とりあえず、無料版で使う場合には、画面の一番下にある
    「まずは無料で試してみる」をクリックします。

mfcloud-plan-selection

mfcloud5

 

1.2. 事業所の設定

reputation-of-mfcloud-tax-return

MFクラウド会計を利用するにあたって、事業所の基本的な情報を設定します。

具体的には、会社名や業種、会計期間、消費税の課税方式、減価償却費の控除方法など
会計システムの利用を始めるうえで必要な情報をシステムに登録します。

それでは、さっそく設定作業を行ってみましょう。

手順1 「詳細はこちら」ボタンをクリックします。

mfcloud-office-registration

手順2 「事業所の設定」をクリックします。

mfcloud7

手順3 税理士との契約状況や、会計期間、消費税の課税方式、減価償却費の控除方法などを
    入力します。最後に「設定を保存」ボタンを押します。

mfcloud8

ここまでは問題なく作業が進められたでしょうか。
次に、MFクラウド会計の特長である自動仕訳を実現するために、
ネットバンクなどとのデータ連携を行います。

 

1.3. データ連携

comparison-between-goope-and-jimdo

MFクラウド会計は、銀行口座やクレジットカード、決済サービスなどのデータを自動的に取り込むことで、仕訳データを自動的に作成してくれます。その設定をするために、連携したい金融機関を選択をし、データ連携の設定を行います。

なお、IDとパスワードのみでインターネットバンキングを利用できる場合には、IDとパスワードを入力すればデータの取り込みは行えます。一方、電子証明書をインストールする必要がある場合には事前にインストールをしておきましょう。

なお、自動でデータ連携をしたくない場合には、Excelファイルで明細データを取り込むことも可能です。

それでは、データ連携を行うため、利用する銀行やクレジットカード会社、決済サービスなどのID、パスワードを手元に用意しておいてください。

手順1 「詳細はこちら」ボタンあるいは「データ連携」をクリックします。

mfcloud-data-linkage

手順2 「金融機関の登録」をクリックします。

mfcloud10

手順3 「試してみる」をクリックします。

mfcloud11

手順4 連携したい金融機関を選びます。例えば、「銀行」をクリックしてみましょう。

mfcloud12

手順5 連携可能な銀行が一覧で表示されます。連携したい銀行をクリックします。

mfcloud13

手順6 該当する金融機関のID、パスワードなどを入力します。

mfcloud14

手順7 取り込みができると、登録済み一覧に表示されます。
    (連携したサービス名が表示されます)

mfcloud15

このように、銀行口座を登録し、同期の設定を行うと、銀行やカード、決済情報の取引データを自動的に取得します。

<留意事項>

銀行やカード会社によっては、過去にさかのぼって明細データを取得できる時期が限られている場合があります。その場合には、取引データも限られた期間のみの取得となりますので、ご注意ください。

 

1.4 自動経理機能

reputation-of-base

登録した銀行やクレジットカード、決済情報を自動的に取り込むことができます。

手順1 「自動で仕訳」をクリックし、「連携サービスから入力」をクリックします。

mfcloud-data-input

手順2 事前に取引データをもとに、自動的に仕訳データ(仮データ)が作成されています。
   MFクラウドが予測している内容で、問題なければ「登録」をクリックします。
   ※ 勘定科目が予測されていない場合には、勘定科目や摘要などを記入して登録します。

mfcloud17

手順3 「勘定科目」をクリックすると、候補となる勘定科目がリストで表示されます。
    適切な勘定科目を選びます。

mfcloud18

このように連携できる金融機関と連携しておくことで、自動的に仕訳データが作成されています。あとは、自動生成された仕訳データを確認して登録するだけで作業が終了します。入力の手間がラクになりますし、仕訳の漏れやミスも減ります

 

1.5. 手動登録

reputation-of-yayoi-kaikei-online

銀行やクレジットカード会社、決済サービスなどを利用せずに取引をしている場合には
直接仕訳データを手作業で登録します。

入力の仕方は3種類あります。

  1.  振替伝票入力・・・仕訳データを詳細に入力したい場合に使う
  2.  簡単入力・・・詳細な入力はできないが、簿記の知識がなくても登録可能
  3.  仕訳帳入力・・・会計帳簿に直接仕訳データを入力できる

それぞれの入力の仕方をご紹介します。

 

1.5.1 振替伝票入力

how-to-choose-sole-proprietor-accounting-software

手順1 「手動で仕訳」をクリック後、「振替伝票入力」をクリックします。

mfcloud19

手順2 複式簿記の形式で詳細な仕訳入力を行ないます。行追加を押すことで、複合仕訳も入力できます。

mfcloud20

仕訳データを詳細に入力したいときには便利な機能となります。
つぎに、簡単に仕訳データを入力する方法をご紹介します。

 

1.5.2 簡単入力

easy

手順1 「手動で仕訳」をクリック後、「簡単入力」をクリックします。

mfcloud21

手順2 取引の種類を選びます。
   (取引は「収入」か「支出」か。決済方法は「現金」か「預金」か「その他」か)

mfcloud22

手順3 取引の内容・金額を選びます。

mfcloud23

手順4 日付を選びます。

mfcloud24

手順5 摘要やタグを入力します。摘要には取引先の名称や取引内容などを入力します。

mfcloud25

いかがでしょうか。比較的簿記の知識がなくても、とっつきやすく仕訳データを登録できそうです。ただ、仕訳データを高速で大量に登録したいときもあります。

その場合には「仕訳帳入力」機能を使います。その機能をご紹介します。

 

1.5.3 仕訳帳入力

Free-blog-Hosting-vs-Paid-Blog-Hosting

手順1 「手動で仕訳」をクリック後、「仕訳帳入力」をクリックします。

mfcloud26

手順2 入力済みの仕訳が一覧で表示され、その一番下の空欄になっている行が入力欄となります。
    日付、借方、貸方、摘要を入力します。

mfcloud27

手順3 ショートカットキーが用意されているので、左上のショートカットキーをクリックします。

mfcloud28

ショートカットキーが表示されます。

mfcloud-shortcut-key

ショットカットキーをうまく活用することで、仕訳を高速で登録できます。

また、仕訳辞書の使い方は別記事でまとめています。

【参考記事】・ MFクラウド確定申告の使い勝手と評判!便利な点・不便な点を徹底解説!

 

【参考】 クラウド会計サービス MFクラウド会計 とは

mfcloud1

MFクラウド会計は、株式会社マネーフォワードが提供するネット上で使えるクラウド会計ソフトです。株式会社MM総研によると2016年12月時点でシェア17.7%を占める人気のサービスです。全国3,610の銀行・クレジットカード・電子マネーと連携でき、経理処理を自動化することができます。(2017年2月時点)

◆ 特徴

  1.  自動で仕訳を作成できます
      クレジットカードやインターネットバンキングなどから取得した明細に記載された
      日本語から人工知能の機能で、適切な勘定科目を推測し、自動で仕訳を作成する
      機能があります。そのため、会計処理や経理が大幅にラクになります。
  2.  パソコンの機種に関係なく、タブレットやスマートフォンでも使えます
      ネット上で使えるサービスなため、OSは関係ありません。そして、スマートフォンや
      タブレットなどで使えます。移動中のすき間時間に外出先から経理作業が行えます。

MFクラウド会計は月額料金制の価格設定をしており、初めの45日間は無料で利用できます。
まずは、アカウントを作成し、無料期間を利用して、その便利な機能を体験してみてください。

MFクラウド会計

 

まとめ

本記事は、初心者向けにMFクラウド会計の基本的な使い方をご紹介しました。
なお、クラウド会計を導入する前にチェックしたいポイントや経理業務を効率化する方法を別記事でまとめています。ご覧ください。

【参考記事】 ・ クラウド会計を導入する前に検討したい5つのポイント
       ・ 経理業務を効率化する方法 効果がすぐにでる6つの技!
       ・ 独立・開業時の経理術! いつ、なにをすればいいのか?

ご参考になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です