notifications-for-marketing-campaigns

キャンペーンを告知する!失敗しないための3つの知識

Pocket

キャンペーンを告知する場合、短期間で多くの人にPRする手法を考えがちです。しかし、そのようなPR活動は費用がかかるわりには期待した効果を得られないことがあります。

これを、1対1のコミュニケーションに置き換えてみるとこんな感じです。

たとえば、子供に「野菜を食べなさい!」と1回言っても、説得できません。しかし、毎日、「野菜を食べないと病気になるから・・・」「野菜を食べるときれいになるよ」など言い続けることで、子供を説得できる可能性があります。

これと同じように、企業がある目標に向けて、マーケティングキャンペーンを行うときは単発ではなく、いろいろなPRを連続して行うと良いでしょう。

当記事では、成功するマーケティングキャンペーンを告知する3つのコツをご紹介します。

 

「限定」キャンペーン

一般的にはキャンペーンを告知するとき、不特定多数に同じ内容をPRします。
一方、限定キャンペーンとは特定のターゲットの人だけに限定して、特別扱いをするキャンペーンです。

一般的なキャンペーンは大規模なコンサートだとすると
「限定」キャンペーンは、招待された人だけが参加できる非公式なコンサートになります。

例えば、あるゲーム会社が新商品を開発したとき
熱心なゲーマーや、その分野に詳しい専門家やブロガーに発売前に特典を付けてゲームを提供します。

すると、ゲーム会社から選ばれたという気持ちになるため
ゲーマーや専門家、ブロガーの意見は自然と好意的になります。

そして、噂や口コミが醸成されたら、一般に商品を発売します。
この段階で、初回ログインユーザ向けのプレゼントキャンペーンなども有効です。

単にプレゼントキャンペーンを行うだけでなく、限定キャンペーンを行うことで、
予め、その商品について好意的な土壌が作られているので、より効果的に商品のPRができます。

 

マイクロキャンペーン

限定キャンペーンは、ある特定のグループを特別扱いするキャンペーンでした。

一方、マイクロキャンペーンは、いろいろなターゲット層にあわせて、
様々な方法でキャンペーンを告知
する方法です。

例えば、ビジネスマンに向けては企業イベントで告知をする。
そして主婦に向けてはホームパーティーで告知し、女子高生に向けては
動画とSNSを使った告知を行います。

このように、画一的にキャンペーンを告知するより、各ターゲットに合わせてキャンペーンを告知することで
より効果が出やすくなります。また、様々な媒体で告知されるので、認知されやすくなります。

 

カーテンキャンペーン

カーテンキャンペーンとは、キャンペーンのストーリーを全て伝えずに、徐々に明かしていく方法です。
こうすることで、世間は、キャンペーンのストーリーに興味を持ち続けます。

映画の宣伝などで使われる手法で、予告編として、見どころを少しだけ見せて、
映画に来てもらうようにします。次に何が起きるかという期待感を持ってもらう工夫が必要となります。

SNSでの拡散や口コミが広まりやすく、キャンペーンの告知方法として有効です。

 

まとめ

マーケティングキャンペーンの告知方法を3つご紹介しました。

マーケティングキャンペーンは一回行って終わりにするのではなく、継続的にPRし続けることで
より認知度を高め、効果を発揮することができます。

キャンペーンを企画、運営するときの参考になれば幸いです。

 

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です