outsourcing-tips-for-online-shopping

ネットショップを外注をする前に知りたい3つの基礎知識

Pocket

ネットショップを外注することで、仕事の負荷を軽くできたり、社内の費用を減らせます。

ただ、外注をする前にいくつか守るべきポイントがあります。

本記事は、ネットショップの外注をするときの注意点、外注に適している業務をご紹介します。

【参考記事】 はじめての無料ネットショップ作り (BASIC MASTER SERIES)
       日向 凛  (著) 2016年

 

1. ネットショップで外注するときの注意点

checklist

ネットショップの仕事を外注するときには、次の3つのポイントに気を付けて外注します。

  1.  外注する目的と業務内容を明確にする
  2.  外注する業務を文書化し、誰でも業務が行えるようにする
  3.  外注後の体制を用意する

 

1.1. 外注する目的と業務内容を明確にする 

外注化する目的を明確にし、外注化する範囲を明確にします。

外注するときに仕事内容を決めておかないと、「こんな仕事をするとは聞いていなかった・・・」などとトラブルが起こりやすくなります。

そこで、自社で行う業務、外注先で行う仕事を一覧にして、それぞれの役割と責任者を明確にします。こうすることで、仕事のミスコミュニケーションを減らします。

また外注化したばかりの段階では、自社で行う業務と、外注先で行う業務の間にポテンヒットのように生じる仕事や課題がでやすくなります。お互いに見合うのではなく、積極的に拾って、対策を打っていく必要があります。

こうすることで、業務の品質が高まり、外注化の成果や効果がでやすくなります。

 

1.2. 外注する業務を文書化し、誰でも業務が行えるようにする

外注する仕事内容がよくわからない内容だと、外注先の人が困ります。

そこで、仕事内容をブラックボックスのままにするのではなく、文書化します。そして誰でも業務ができるようにし、そのうえで外注先に依頼をします。

 

1.3. 外注後の体制を用意する

外注後の自社内の仕事の内容を明確にし、外注後の体制を用意します。たとえば、マニュアルやチェックリストを用意し、スタッフの教育も必要に応じて実施します。

 

2. 外注が有効な仕事

greetings-business-partnership

ネットショップにある仕事のうち、どのような仕事が外注に向いているのでしょうか。ネットショップの運営で一般的に外注に適している仕事の内容をご紹介します。

 

2.1 デザイン制作

ネットショップを新規に構築する、あるいはリニューアルをする段階で、お客様に訴求できる
デザイン制作をすることがあります。

大企業ではなく、小規模な店舗の場合には自社でデザイナーを雇っている場合は少なく
またデザイン制作用のソフトウェアを購入する費用も高いので、外部のデザイナーやデザイン会社に制作を依頼するほうが結局安上がりになる場合が多いです。

また、デザイン制作は外注する業務の範囲が明確なため、発注しやすい仕事といえます。

ネットショップを新規に作るときには、既存のネットショップ構築ツールのテンプレートを利用することで、一定の品質は確保できます。

ただ、他社と比較してよりオリジナルなデザインを作るときなどには外注をして
デザイン制作をすることで、よりクオリティ高いネットショップを作ることができます。

 

2.2 伝票制作、配送などの業務

自社のネットショップの注文が拡大してくるにつれて、商品数が増えるとともに仕事の内容が複雑化し、仕事の負荷が高くなることがあります。

大半のネットショップは、他の業務を兼任しながら店長の仕事をしている場合が多く、注文が増えると、商品の配送にミスが生じたり、対応に遅れが生じたりしてお客様に迷惑をかけてしまう可能性がでてきます。

こうしたときに、自社で社員・アルバイトを雇うことになると、固定費がかかったり、社員が一人前になるまでに教育や訓練が必要になったりと時間がかかる場合が多々あります。

そこで、電話、FAXにおける受注業務や、伝票の出力、配送などの定常業務を外注業者に依頼することで、顧客サービスを確保しつつ、業務にかかるコストを削減することができます。

上記のような業務は定常業務なため、外注化しやすく、また信頼できる外注業者も
多数いるため、外注しやすい仕事内容といえます。

 

2.3 コンサルティング業務

ネットショップを運営する過程で、集客の仕方、広告の打ち方、システムの改善など自社のみで検討するよりも、第三者のコンサルタントを利用することで、業務の改善や業績の向上を図ることができます。

自分でセミナーに参加したり、本を読んだりして、業務を改善していく努力も必要ですが、経験豊富なコンサルタントに支援してもらうことで、いままで思いもつかなかった改善をすることができます。

また他社での取り組み内容などを自社にも活かすことで、大きくネットショップを成長できる
こともあります。

ただ、コンサルタントに業務を依頼する場合には、コンサルタント一人一人の力量によって成果が大きく変わってしまう可能性があるため、できるだけ実績のあるコンサルタントに依頼することが重要です。

また、コンサルタントに作業を依頼する場合にも、全てを丸投げするのはおすすめできません。ネットショップの方針自体は自分で決定するようにし、その決定を判断するための材料を集めるためにコンサルタントに作業を依頼するようにします。

 

3. 低コストに外注業者を見つける方法

benefits-and-drawbacks-of-crowdfunding

前章までの記事で、ネットショップで外注する場合のポイントと、外注しやすい仕事内容を解説していきました。最後に、外注業者を見つけるときに、弊社も利用しているサービスをご紹介させて頂きます。

低コストでデザイン業務とコンサルティング業務を外注したいときに、
利用したいサービスはクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは、インターネットを使って、フリーランスで働くデザイナーやエンジニア、コンサルタントに仕事を発注することができるサービスです。

営業マンなどを介せずに仕事を発注できるため、かなり低コストで仕事を依頼できます。

ネットショップの作業を外注するときにおススメのサービスは3つあります

  •  Lancers(ランサーズ)
  •  ココナラ

それぞれをご紹介します。

3.1 Lancers(ランサーズ)

lancers-1

ランサーズ株式会社が運営するクラウドソーシングサービスです。

ホームページ制作に関するエンジニアが3964人(2017年3月時点)、Webデザイナーが12500人(2017年3月時点)が登録されており、さまざまな提案をもらうことができます。

登録されているエンジニアあるいはデザイナーの過去の実績や評価を見ることができるので、
業種にあった実績のある方に仕事を発注することもできます。

見積りを依頼する段階までは、無料で行えます。

Lancers(ランサーズ)

 

3.2 ココナラ

coconala

法律相談や、SEO・Webマーケティングの悩み、文書の校正など、まとまった作業を依頼するのではなく、専門家の意見を気軽に聞きたい場合もあります。こういうときには、一回500円から気軽に利用できるサービスがおすすめです。

また、ロゴの制作などについては、低コストで押さえたいときは「ココナラ」は便利です。
3000円程度でクオリティの高いロゴを作ってくれます。

ココナラ

 

まとめ

本記事は、ネットショップの外注をするときの注意点ならびに外注に向いている仕事内容をご紹介しました。ぜひ、ご参考になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です