reputation-of-stores

STORES.jpの使い方と評判!便利な点と不便な点を徹底解説【2019年】


STORES.jpは人気のネットショップ作成ツールですが、使いやすさや評判はどうでしょうか。

初心者でも簡単に、ネットショップを作れます。さらに、メルマガを送れたり、セールをしたり、ギフトラッピングや定期購入などにも対応しています。また、決済方法も豊富です。

一方で、顧客リストを作れない点、電話によるサポートがない点は注意が必要です。そこで、STORES.jpを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、STORES.jpの使い勝手と評判、使い方をご紹介します。

 

1. STORES.jpの便利な点

advantage-of-stores

STORES.jpの便利な点は、11個あります。

  1.  無料で使える
  2.  テンプレートが多い
  3.  決済方法が豊富である
  4.  Instagramで商品を売れる
  5.  メルマガを送れる
  6.  割引を設定できる
  7.  ギフトラッピングや領収書の同封を設定できる
  8.  予約販売ができる
  9.  まとめ販売ができる
  10.  お知らせを表示できる
  11.  FAQを表示できる

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 料金プラン

fee-of-stores

STORES.jpは料金プランは2種類あり、フリープランとスタンダードプランがあります。独自ドメインアクセス解析をしたい場合、スタンダードプランにする必要があります。

◆ STORES.jpの料金プラン

プラン名 フリープラン スタンダードプラン
月額料金 0円 1,980円(*1)
テンプレートの数 48種類 48種類
手数料 5% 3.6%

STORES.jpの最新の料金プランを確認する

なお、フリープランでもネットショップの運営に便利な機能が使えます。

◆ フリープランで使える機能

  •  ギフトラッピングの受付 (1.7 ギフトラッピング をご覧ください)
  •  予約販売の受付 (1.8 予約販売)
  •  まとめ販売による割引 (1.9 まとめ販売)
  •  お知らせの表示 (1.10 お知らせの表示)
  •  FAQの表示(1.11 FAQの表示)

なお、フリープランの機能の充実度については、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ BASEとSTORESを比較!機能・手数料・使いやすさで比べる!

*1:2019年8月9日までは、980円です。2019年8月10日以降は1,980円となります。

 

1.2 テンプレート

template-of-stores

STORES.jpのテンプレートは、48種類利用できます。

デザイン性の高いテンプレートが多く、例えば、サイドにナビゲーションが付いたり、キャンペーンやSNSなどを掲載できるテンプレートがあります。

stores-template-premium

あるいは、フルスクリーンに商品の写真を掲載できるテンプレートもあり、より本格的なショップを作れます。

stores-template-premium-no2

STORES.jpのテンプレートを確認する

 

1.3 決済方法

payment-method-of-stores

STORES.jpは、決済方法が10種類と豊富に用意されています。なお、フリープランは、代金引換とAmazon Payを利用できません。一方、スタンダードプランは決済方法を自由に選べます。

stores-payment-method

◆ STORES.jpの決済方法

決済方法 フリープラン スタンダードプラン
クレジットカード 必須 必須
コンビニ決済 必須 選択可
翌月後払い(Paidy) 必須 選択可
銀行振込 必須 選択可
Pay-easy 必須 選択可
PayPal 必須 選択可
キャリア決済 必須 選択可
楽天ペイ 必須 選択可
代金引換 × 選択可
Amazon Pay × 選択可

 

1.4 Instagramとの連携

types-of-working-at-home

2017年の流行語大賞で「インスタ映え」が選ばれたように、Instagramなどに見映えのいい写真を掲載することで、商品への売れ行きに大きな影響を与えます。

【出典】 経産省資料 電子商取引の市場調査

Stores.jpは、Instagramに投稿する際に、商品とのタグ付けが簡単に行えるようになっています。Instagramに掲載された写真から、3クリックで商品の詳細ページまでに到達します。

Instagramからの集客を見込める点で、便利なツールと言えます。

 

1.5 メルマガ

mail-magazine-function-of-stores

STORES.jpは、お客様に無料でメルマガを無制限に送れます。過去に商品を購入をしたお客様に、一斉にメールを送れます。そして、テンプレートを選ぶことで、簡単にHTMLメールを作れます。

(手順1) 「メルマガを作成」を選びます。

stores-mail-magazine

(手順2) メールの件名や、送信対象、テンプレートを選びます。

stores-mail-magazine-make

(手順3) メールの本文を編集し、画像を登録すれば、メルマガを作れます。

stores-mail-magazine-make-details

なお、メルマガを送るときに、送信者を「購入者・フォロワー」「購入者:1回購入」「購入者:1か月以内」「購入者:リピーター」など、分類して送れます。

stores-mail-magazine-segment-delivery

 

1.6 割引

discount-function-of-stores

STORES.jpは全アイテムに対して、一括で割引を行えます。

割引率は0%~95%まで選ぶことができ、「設定」をクリックすることで、公開しているアイテムについて、すべて一括で割引を設定できます。

stores-discount-rate-setting

 

1.7 ギフトラッピング

stores-receiving-function-of-order-of-gift-wrapping

STORES.jpは、ギフトラッピングや、領収書の同封などを設定できます。ギフトラッピングで追加料金が発生する場合には、料金を設定できます。

stores-buy-screen

 

1.8 予約販売

freelance-designer-website-to-find-work

STORES.jpは、予約販売をすることができます。商品が入荷する前から商品を予約販売したいときなどに便利な機能です。

商品のアイテムを登録するときに、発売できる時期を登録することで予約販売できます。

stores-reservation

 

1.9 まとめ販売

recommended-website-for-freelance-illustrators-to-register

STORES.jpは、同じ商品をまとめて買うと、割引になる機能が利用できます。

たとえば、珈琲ドリップを5個以上買うと、2個目から20%OFFになるといった機能が使えます。

stores-group-sale

まとめ販売を始めたい場合には、アイテムを登録し、〇個以上購入すると、いくら値引きできるかなどの情報を登録します。

stores-group-sale-setting

 

1.10 お知らせの表示

comparison-of-internet-serivce-providers-for-business

STORES.jpは、ショップのTOP画面に、お知らせを表示できます。新商品やキャンペーン・セールの告知、休業のお知らせなどを伝えられます。

具体的には、タイトルや画像、本文などを入力し、公開日を設定することで告知できます。

stores-news

 

1.11 FAQの表示

reputation-of-shopify

STORES.jpは、FAQを掲載できます。送料や配送日、配送業者など、お客様からよくある問合せ内容をネットショップ上に知らせます。

質問内容と、回答内容を記入し、保存することでショップ上に表示できます。

stores-faq

 

2. STORES.jpの不便な点

disadvantage-of-stores

前章ではSTORES.jpの便利な点をご紹介しました。次に、評判とは異なり、不便な点をご紹介します。主に、2点あります。

  1.  電話によるサポートはない
  2.  無料版では顧客リストを作れない

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 電話サポート

tel-support-of-stores

ネットショップを運営しているなかで、システムのトラブルなどが発生した場合に、電話でサポートを受けられると助かります。STORES.jpは有料プランでも電話によるサポートがありません

電話のサポートが必要な場合には、他のネットショップ作成ツールを検討する必要があります。

 

2.2 顧客リスト

customer-list-of-stores

STORES.jpのフリープランは、顧客リストを一覧でダウンロードできません。

そのため、顧客データをリスト化して使いたい場合には、プレミアムプラン(*3)のオーダーリストという機能が必要です。顧客名や住所、電話番号、メールアドレスなど情報を閲覧できます。

stores-order-csv

*3:2019年7月10日以降は、スタンダードプランに変更されます。

 

まとめ

本記事は、STORES.jpの使い勝手と評判をご紹介しました。なお、他のネットショップ作成ツールに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ネットショップの比較!比較表付き【2019年】
       ・ BASEとSTORESを比較!機能・手数料・使いやすさで比べる!
       ・ BASEとカラーミーショップを比較!機能・手数料・使いやすさを比べる
       ・ ネットショップ開業時の6つのセキュリティ対策!【2019年】
       ・ ネットショップの仕入れ先を探す!6つの方法と注意点【2019年】
       ・ おしゃれなデザインのネットショップを作る!便利なテンプレート5選

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


STORES.jpの使い方と評判!便利な点と不便な点を徹底解説【2019年】」への2件のフィードバック

  1. うめさき こうすけ

    教職を退職後、手描きイラストでネットショップを考えています。今KUMOKUMOというサイトと交渉中です。
    個人は27万円かかります。卒業記念や将来の夢をイラストにしてます。先生たち向けという感じですが、これまで100枚以上あって、どうにか広げていけたらと思いネット販売を考えました。STOREもいいなと思います。私が作るのもいいのですが、データ販売がSTOREでできるのか?教えてください。

    返信
    1. 松田 康 投稿作成者

      ご質問ありがとうございます。

      卒業記念や将来の夢をイラストにするなんて、素敵なお仕事ですね。
      ご質問の件ですが、STORESでは、データ販売ができるようです。

      販売の事例や具体的な機能は下記に掲載されています。
      https://officialmag.stores.jp/entry/2017/01/27/170000

      ご参考になれば幸いです。

      松田

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です