reputation-of-stores

STORES.jpの使い方と評判!便利な点と不便な点を徹底解説【2019年】

Pocket

STORES.jpは人気のネットショップ作成ツールですが、使いやすさや評判はどうでしょうか。

初心者でも簡単に、ネットショップを作れます。さらに、メルマガを送れたり、セールをしたり、ギフトラッピングや定期購入などにも対応しています。また、決済方法も豊富です。

一方で、顧客リストを作れない点、電話によるサポートがない点は注意が必要です。そこで、STORES.jpを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、STORES.jpの使い勝手と評判、使い方をご紹介します。

 

1. STORES.jpの便利な点

advantage-of-stores

STORES.jpの便利な点は、6つあります。

  1.  無料で使える
  2.  決済方法が豊富である
  3.  Instagramで商品を売れる
  4.  メルマガを送れる
  5.  割引を設定できる
  6.  ギフトラッピングや領収書の同封を設定できる

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 料金プラン

fee-of-stores

STORES.jpは料金プランは2種類あり、フリープランとプレミアムプランがあります。

基本的には、無料でネットショップを作れます。一方、予約販売アクセス解析(Google Analyticsとの連携)をしたい場合には、プレミアムプランにする必要があります。

◆ STORES.jpの料金プラン

プラン名 フリープラン プレミアムプラン
月額料金 0円 980円
テンプレートの数 30種類 48種類
TOPページのデザイン編集 ×

STORES.jpの最新の料金プランを確認する

プレミアムプランにすることで、TOPページのデザインを編集できます。具体的には、スライドショーランキング情報、カテゴリーお知らせなどを掲載できます。

stores-top-design-change

【参考記事】 ・ BASEとSTORESを比較!機能・手数料・使いやすさで比べる!

 

1.2 決済方法

payment-method-of-stores

STORES.jpは、決済方法が10種類と豊富に用意されています。なお、フリープランは、代金引換とAmazon Payを利用できません。一方、プレミアムプランは決済方法を自由に選べます。

stores-payment-method

◆ STORES.jpの決済方法

決済方法 フリープラン プレミアムプラン
クレジットカード 必須 必須
コンビニ決済 必須 選択可
翌月後払い(Paidy) 必須 選択可
銀行振込 必須 選択可
Pay-easy 必須 選択可
PayPal 必須 選択可
キャリア決済 必須 選択可
楽天ペイ 必須 選択可
代金引換 × 選択可
Amazon Pay × 選択可

 

1.3 Instagramとの連携

types-of-working-at-home

2017年の流行語大賞で「インスタ映え」が選ばれたように、Instagramなどに見映えのいい写真を掲載することで、商品への売れ行きに大きな影響を与えます。

【出典】 経産省資料 電子商取引の市場調査

Stores.jpは、Instagramに投稿する際に、商品とのタグ付けが簡単に行えるようになっています。Instagramに掲載された写真から、3クリックで商品の詳細ページまでに到達します。

Instagramからの集客を見込める点で、便利なツールと言えます。

 

1.4 メルマガ

mail-magazine-function-of-stores

STORES.jpは、お客様に無料でメルマガを無制限に送れます。過去に商品を購入をしたお客様に、一斉にメールを送れます。そして、テンプレートを選ぶことで、簡単にHTMLメールを作れます。

(手順1) 「メルマガを作成」を選びます。

stores-mail-magazine

(手順2) メールの件名や、送信対象、テンプレートを選びます。

stores-mail-magazine-make

(手順3) メールの本文を編集し、画像を登録すれば、メルマガを作れます。

stores-mail-magazine-make-details

 

1.5 割引

discount-function-of-stores

STORES.jpは全アイテムに対して、一括で割引を行えます。

割引率は0%~95%まで選ぶことができ、「設定」をクリックすることで、公開しているアイテムについて、すべて一括で割引を設定できます。

stores-discount-rate-setting

 

1.6 ギフトラッピング

stores-receiving-function-of-order-of-gift-wrapping

STORES.jpは、ギフトラッピングや、領収書の同封などを設定できます。ギフトラッピングで追加料金が発生する場合には、料金を設定できます。

stores-buy-screen

 

2. STORES.jpの不便な点

disadvantage-of-stores

前章ではSTORES.jpの便利な点をご紹介しました。次に、評判とは異なり、不便な点をご紹介します。主に、3点あります。

  1.  テンプレートが少ない (⇒ 増えました。)
  2.  電話によるサポートはない
  3.  無料版では顧客リストを作れない

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 テンプレート

template-of-stores

STORES.jpはテンプレートが11種類(無料は9種類)あります。無料版の9種類のデザインはシンプルなデザインですが、必要最小限の情報しか掲載できません。

⇒ STORES.jpのテンプレートは、無料は30種類、プレミアムは48種類になっています。(2019年4月10日加筆)

一方、プレミアムプランにすると、デザイン性の高いテンプレートを使えます。例えば、サイドにナビゲーションが付いたり、キャンペーンやSNSなどを掲載できるテンプレートがあります。

stores-template-premium

あるいは、フルスクリーンに商品の写真を掲載できるテンプレートもあり、より本格的なショップを作れます。

stores-template-premium-no2

STORES.jpのテンプレートを確認する

 

2.2 電話サポート

tel-support-of-stores

ネットショップを運営しているなかで、システムのトラブルなどが発生した場合に、電話でサポートを受けられると助かります。STORES.jpは有料プランでも電話によるサポートがありません

電話のサポートが必要な場合には、他のネットショップ作成ツールを検討する必要があります。

 

2.3 顧客リスト

customer-list-of-stores

STORES.jpのフリープランは、顧客リストを一覧でダウンロードできません。

そのため、顧客データをリスト化して使いたい場合には、プレミアムプランのオーダーリストという機能が必要です。顧客名や住所、電話番号、メールアドレスなど情報を閲覧できます。

stores-order-csv

 

まとめ

本記事は、STORES.jpの使い勝手と評判をご紹介しました。なお、他のネットショップ作成ツールに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ネットショップの比較!比較表付き【2019年】
       ・ BASEとSTORESを比較!機能・手数料・使いやすさで比べる!
       ・ BASEとカラーミーショップを比較!機能・手数料・使いやすさを比べる
       ・ ネットショップ開業時の6つのセキュリティ対策!【2019年】
       ・ ネットショップの仕入れ先を探す!6つの方法と注意点【2019年】
       ・ おしゃれなデザインのネットショップを作る!便利なテンプレート5選

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です