reputation-of-z-com-wp

Z.com WPの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

Pocket

Z.com WPは、WordPress専用のレンタルサーバーですが、使いやすさや評判はどうでしょうか。

月額400円で、10GBのディスクを利用できます。検証環境を簡単に作れ、本番環境への移行がスムーズに進みます。さらに、自動でバックアップする機能もあります。

一方で、独自SSLが有料である点と、WordPress以外のCMSは利用できない点は必要です。そこで、Z.comを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、Z.com WPの使い勝手と評判をご紹介します。

 

1. Z.com WPの便利な点

merits-of-z.com-wp

Z.com WPの便利な点は、6つあります。

  1.  月額400円から利用できる
  2.  WordPressのインストールが簡単
  3.  検証環境を簡単に作れる
  4.  バックアップも簡単に取得できる
  5.  移行が簡単
  6.  電話のサポートもある

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 料金

price-of-z.com-wp

Z.com WPは、3つの料金プランがあります。WordPressの数ディスク容量、MySQLの容量に応じて、プランを選びます。

◆ Z.com WPの料金プラン

  エントリープラン ベーシックプラン ビジネスプラン
月額費用 400円 1,060円 1,900円
WordPressの数 5 10 30
ディスク容量 10GB 30GB 100GB
MySQLの容量 512MB×5個 1GB×10個 2GB×30個
データ転送量 15GB/日 50GB/日 200GB/日

 

1.2 WordPress

wordpress-installation

通常、WordPressをインストールする際には、データベースを作ったり、権限を設定したり、諸々の作業が発生します。一方、Z.com WPは、数分でWordPressのインストールが完了します。

◆ WordPressのインストール手順

(手順1) 管理画面TOPのWordPressで、URL、ユーザー名、パスワードを入力します。

z-com-wordpress-start

(手順2) 赤枠をクリックします。

z-com-wordpress-start-complete

(手順3) 管理画面が表示されます。サイトをクリックします。

z-com-wordpress-management-screen

(手順4) インストールは完了しており、仮のブログが表示されます。

z-com-wordpress-screen

 

1.3 検証環境

staging-environment

ブログサイトを立ち上げるにあたり、本番環境のみならず、検証環境も用意したいところです。
Z.com WPは、検証環境(ステージング環境)を簡単に作れます。

(手順1) サイト情報から「ステージングサイト」をクリックします。

z-com-wordpress-management-staging-screen

(手順2) ユーザー名、パスワードを入力します。

z-com-wordpress-management-staging-setting

以上で、検証環境が作成されました。

 

1.4 バックアップ

backup-of-z.com-wp

Z.com WPは、1日1回自動的にバックアップをしてくれます。そして、バックアップされたデータは14日間保管されます。なお、任意のタイミングで、簡単にバックアップを取得できます。

◆ バックアップの手順

(手順1) バックアップセクションから「バックアップ」をクリックします。

z-com-wordpress-management-backup-start

(手順2) ネームタグを確認し、「はい」をクリックします。

z-com-wordpress-management-backup-start-details

(手順3)取得されたバックアップファイルを選び、「ZIPファイル作成」をクリックします。

z-com-wordpress-management-backup-download

 

1.5 移行

data-transfer-from-other-rental-server

通常、WordPressの移行はデータのエクスポートやインポートなど、様々な作業が発生します。
一方、Z.com WPは、他社サーバーで運用中のWordPressを簡単に移行できます。

◆ 移行の手順

(手順1) 管理画面で「移行」をクリックします。

z-com-wordpress-data-transfer-start

(手順2) 「はい」をクリックします。

z-com-wordpress-data-transfer-confirm

(手順3) 移行元URL、URL、移行元ユーザー名、パスワードを入力します。

z-com-wordpress-data-transfer-config-setting

 

1.6 サポート

customer-support-of-z.com-wp

サーバーを運用している過程で、アクセスできなくなった、サーバーの設定方法がわからないなどの不明点がでた場合に、電話で問合せができると助かります。

Z.com WPは、Webフォームあるいは、電話によるサポートを受付けられます。電話は、平日の10時から18時までとなっています。

 

2. Z.com WPの不便な点

demerits-of-z.com-wp

前章では、Z.com WPの便利な点をご紹介しました。次に、評判とは異なり、Z.com WPの不便な点をご紹介します。

  1.  独自SSLは有料である
  2.  WordPress以外のCMSは利用できない

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 独自SSL

ssl-implementation

SSLとは、データの通信を暗号化するセキュリティ機能です。Z.com WPは、独自SSLを実装することはできますが、月額100円が必要となります。

他のレンタルサーバーでは、独自SSLを無料で対応している場合もあるので、追加コストが発生する点は注意が必要です。

 

2.2 他のCMS

other-cms-installation

Z.com WPは、WordPressに特化したレンタルサーバーです。そのため、Movable TypeやEC-CubeなどのCMSも利用したい場合には、他のレンタルサーバーを検討する必要があります。

◆ 代表的なレンタルサーバーとCMSの利用状況

レンタルサーバー WordPress Movable Type EC-Cube XOOPS Zen Cart
エックスサーバー
ヘテムル
さくらのレンタルサーバー  

 

まとめ

本記事は、Z.com WPの使い勝手と評判をご紹介しました。なお、他のレンタルサーバーについて別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ エックスサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ ヘテムルの使い勝手と評価!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ さくらのレンタルサーバーの使い勝手と評判!【2018年】
       ・ Zenlogicの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です