telephone-agency-for-individuals-min

個人向けの電話代行サービスおすすめ5選を比較!料金表付き


個人向けの電話代行サービスを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

留守中や打合せ中など、特定の時間のみに応対するサービスや、資料請求やセミナーの予約などに応対きるサービス、受け取った電話を、Slack、Chatworkで伝えてくれるサービスがあります。

さらに、戻り時間を伝えるサービスや、伝言を預けることで、お客様に伝言を伝えるサービスもあります。そこで、個人が電話代行サービスを選ぶ前に、知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、個人・個人事業主向けの電話代行サービスを比較し、その違いを紹介します。

 

個人向けの電話代行サービスの選び方

telephone-agency-for-individuals

個人向けの電話代行サービスを選ぶときには、次の5つのポイントを比較・検討したいところです。

  •  どのような方法で、電話の内容を通知してもらうか。(メール、LINE、Slack、電話)
  •  質問内容と回答(Q&A)を伝えておけば、オペレーターがお客様の質問に回答できるか。
  •  資料請求、商品の受注、セミナーの予約にも応対してくれるか。
  •  03、050などの電話番号を貸与してもらえるか。
  •  料金はいくらか。

上記視点で比較をしたところ、おすすめの電話代行サービスをご紹介します。

  1.  スマイルフォンネット
  2.  CUBE
  3.  SHIBUYA Office
  4.  fondesk
  5.  MKサービス

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1. スマイルフォンネット

smile-phone-net-min

電話応対やマナー研修を手掛ける研修会社が運営する電話代行サービスです。定期的に社内研修が行われるため、オペレーターの品質の高さを売りにしています。

電話の声が毎回違うと、取引先に誤解を与える可能性があるため、スタッフ数名で専任のチームを組んで対応してくれます。

また、通常の電話応対だけでなく、通信販売の対応や、カスタマー対応、士業の伝言対応などにも対応してくれます。なお、営業電話や勧誘電話は、コール数としてカウントせず、本業の電話に対応した料金設定となっています。

2週間お試し版が利用できるので、とりあえず電話対応サービスを使ってみたい方に、おすすめのサービスです。

◆ 料金プラン

プラン スタートアップ ライト スタンダード
月額料金 3,000円 4,500円 9,500円
基本コール数(※1) 10コール 30コール 100コール
超過業務量(※1) 300円 150円 100円

※1: 超過業務量とは、※1を超えた場合の1コールあたりの料金となります。

◆ 基本情報

  •  受け取った電話の内容を、連絡する方法: メール
  •  03番号の貸与: 〇(月額1,000円)
  •  Q&A対応:〇
  •  資料請求、商品の受注、セミナーの予約への対応:〇
  •  応対可能な時間: 平日 9時~18時
  •  お試し利用: 〇(2週間)

スマイルフォンネット

 

2. CUBEの電話代行サービス

cube-min

1か月間利用して、満足できない場合に返金に対応してくれる電話代行サービスです。

サービスの良さを判断するには、2週間ではなく、1か月は必要というポリシーで、サービス開始後1か月以内に、満足できない場合には、全額返金する「サービス保証制度」を取り入れています。

通常の電話応対に加えて、外出中の場合には、社名やお名前、連絡先、用件をうかがって、戻り時間を伝えるサービスもあります。また、電話応対後、内線感覚で携帯に転送し、そのままお客様と話すこともできます。

また、オプションサービスとなりますが、コールセンターとしてフリーダイヤル番号を借りることもできます。

◆ 料金プラン

プラン ライト スタンダード  
月コール数(※1) 50回 100回 200回
コールオーバー(※2) 200円 200円 200円
月額料金 10,000円 15,000円 30,000円
保証金(解約時全額返金) 5,000円 5,000円 10,000円
注文受付 × オプション オプション
求人受付 × オプション オプション
即時電話連絡(※3)

※1: 営業、勧誘電話、FAX番号の間違いは省く
※2: 月のコール数を超えた場合には、発生します。1コールあたりの金額です。
※3: 通話料は別途負担する。(携帯電話18円/分、一般電話8円/3分)

◆ 基本情報

  •  受け取った電話の内容を、連絡する方法: 電話、メール
  •  03番号の貸与: 〇(オプションサービス)
  •  Q&A対応:未公開
  •  資料請求、商品の受注、セミナーの予約への対応:〇(オプションサービス)
  •  応対可能な時間: 平日 9時~18時
  •  お試し利用: 〇

CUBEの電話代行サービス

 

3. SHIBUYA Office

shibuya-min

25年以上12,000社の実績のある電話代行サービスです。

予め電話代行サービスに伝言を預けることで、お客様に伝言内容を伝えるサービスがあります。
また、求人応募や面接の予約、セミナーの予約、資料請求などの応対もしてくれます。

さらに、営業時間終了後に、お客様から電話があった場合には、指定した番号に直接転送・接続するサービスもあります。なお、30日間返金保証サービスもあります。

◆ 料金プラン

プラン スタート エコノミー スタンダード ビジネス エグゼクティブ
着信コール数(月) 20回 40回 100回 150回 250回
着信コール数超過分 180円 160円 120円 100円 80円
月額料金 3,000円 5,000円 9,000円 15,000円 25,000円
お客様への伝言連絡 × × ×
Q&A対応 × × ×
資料請求の受付 × × × ×

◆ 基本情報

  •  受け取った電話の内容を、連絡する方法: 電話、メール
  •  03番号の貸与: 〇(スタンダード、ビジネス、エグゼクティブ)
  •  Q&A対応:〇(ビジネス、エグゼクティブ)
  •  資料請求、商品の受注、セミナーの予約への対応:〇(エグゼクティブ)
  •  応対可能な時間: 平日 9時~18時
  •  お試し利用: 〇

SHIBUYA Office

 

4. fondesk

fondesk-min

パソコンやスマホから、電話の履歴を確認できる電話代行サービスです。10分程度の手続きで、すぐにオペレーターが対応してくれます。

また、電話受付をしたのちに、SlackChatwork、Microsoft Teams、LINE、Google Chat、メールなどで、通知してくれます。

留守中や打合せ中などの特定時間帯だけ、転送をして対応してもらうこともできます。なお、クレーム対応や、応答内容をカスタマイズするなどのサービスは用意されていません。

◆ 料金プラン

基本料金   月額10,000円
従量課金 1から100件 0円
  101件~ 200円

◆ 基本情報

  •  受け取った電話の内容を、連絡する方法: Slack、Chatwork、Microsoft Teams、LINE、Google Chat、メール
  •  03番号の貸与: ×
  •  Q&A対応:×
  •  資料請求、商品の受注、セミナーの予約への対応:×
  •  応対可能な時間: 平日 9時~19時
  •  お試し利用: 〇

fondesk

 

5. MKサービス

mk-service-min

月額2,960円から利用できる電話代行サービスです。03あるいは050番号を利用でき、1つ目の番号代は無料で使えます。また、貸出番号を自社の番号として利用でき、名刺やチラシ、ホームページなどに掲載できます。

なお、すでに電話番号を持っている場合には、電話を転送して、オペレーターが代わって、電話応対してくれます。

◆ 料金プラン

プラン スモール ハーフ スタンダード
着信コール数(月) 20回 40回 80回
着信コール数超過分 148円 143円 138円
月額料金 2,960円 5,720円 11,040円

◆ 基本情報

  •  受け取った電話の内容を、連絡する方法方法: メール
  •  03番号の貸与: 〇
  •  Q&A対応:未公開
  •  資料請求、商品の受注、セミナーの予約への対応:〇(1回あたり220円~)
  •  応対可能な時間: 平日 9時~18時
  •  お試し利用: 〇

MKサービス

 

料金表

price

上記5つの電話代行サービスを料金で比較してみました。

◆ 着信件数が50件の場合

月額費用を比べると、SHIBUYA Office が最も安いです。

  スマイルフォン CUBE SHIBUYA Office fondesk MKサービス
月額費用 7,500円 10,000円 6,600円 10,000円 7,150円

◆ 着信件数が100件の場合

月額費用を比べると、SHIBUYA Office が最も安いです。

  スマイルフォン CUBE SHIBUYA Office fondesk MKサービス
月額費用 9,500円 15,000円 9,000円 10,000円 13,800円

◆ 着信件数が200件の場合

月額費用を比べると、スマイルフォン が最も安いです。

  スマイルフォン CUBE SHIBUYA Office fondesk MKサービス
月額費用 19,500円 30,000円 25,000円 30,000円 27,600円

なお、不在なときや、会議中など、特定の時間のみ応対してほしい場合には、fondesk がおすすめです。

 

まとめ

本記事は、個人が電話代行サービスを利用する場合に、そのサービスを比較し、違いを紹介しました。

おさらいをすると、求める内容によっておすすめのサービスが変わります。

求める内容 おすすめのサービス
着信件数が50件前後のとき SHIBUYA Officeスマイルフォン
着信件数が100件前後のとき SHIBUYA Officeスマイルフォンfondesk
特定の時間のみ、応対してほしい fondesk
電話の内容をメールで受け取りたい スマイルフォンCUBESHIBUYA OfficeMKサービス
電話内容をSlack、Microsoft Teamsで受取りたい fondesk
資料請求、注文、予約に応対してほしい スマイルフォンCUBESHIBUYA OfficeMKサービス

なお、個人でFaxを利用したい場合や、起業に関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】・ 個人向けのインターネットFAXおすすめ6選を比較!料金表付き
      ・ 起業前のチェックリスト! 絶対に準備しておきたい15のこと
      ・ 自営業の始め方!職種や屋号の決め方、開業届、確定申告、税金などの11の知識

500mailsのFacebookやTwitterでは、起業・副業に役立つ情報を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です