way-of-business-for-administrative-scrivener

行政書士の営業術!知らないと損をする4つの集客方法

Pocket

行政書士が営業するには、どのような方法が効果的なのでしょうか。

対面で営業する。ホームページを作る。SNSニュースレターで情報を発信する。セミナーを開催する、など様々な集客方法があります。

では、集客の効果を高めるには、どのようなコツを押さえればいいのでしょうか。

本記事は、知らないと損をする行政書士の4つの集客方法をご紹介します。

【参考文献】副業・行政書士開業マニュアル 行政書士資格を256倍活用してプラス256万円収入アップしようよ!  川口 弘行  (著) 2007年

 

 行政書士の集客方法

easy

行政書士が営業をするには、4つの方法があります。

  1.  ホームページ
  2.  対面
  3.  口コミサイト
  4.  ニュースレター

それぞれについて、詳細をご紹介します。

 

1.  ホームページ

advantages-of-own-domain

行政書士の仕事は、お客様が必要性を感じた時に依頼が発生します。そこで、お客様がGoogleやYahoo!などで検索をしたときに、ホームページが上位に表示されるようにします。

その時に重要なのは、検索キーワードです。

たとえば、「会社設立」や「建設業許可」といったキーワードから検索する場合が多いです。そこで、その業務に関する専門性の高い記事を書き、ホームページにアクセスしてもらいます。

なお、行政書士のホームページの作り方を別記事でまとめています。

【参考記事】・ 行政書士のホームページ制作のポイントと10のコツ

 

2.  名刺

how-to-make-homepage-for-professional-occupations

行政書士の営業の基本は、対面で営業することです。日頃から、ひとりでも多くの方に会っておくことで仕事を増やすことができます。

ただ、人に会う前に名刺を用意しておく必要があります。
名刺にプロフィールを書き、名刺交換した方と話が盛り上がるように工夫したいところです。

「行政書士」と肩書を書くだけでなく、どんなことを専門としているのか、わかりやすく書いておきます。例えば、会社設立のアドバイザーとか建設業許可申請アドバイザーといった具合です。

そのうえで、異業種交流会やビジネス系のセミナーに参加してみます。こうしたセミナーは、経営者や起業家が参加していることが多いため、将来のお客様に会える可能性があります。

なお、自分でかんたんに名刺を作る方法を別記事にまとめました。

【参考記事】 名刺の作り方!テンプレートを使ってパワーポイントで作る!
   

3.  ニュースレター

comparison-of-stepmail

次に重要なことは、2で出会った方に「忘れずにいてもらう」ことです。

そのときにオススメな方法がニュースレターです。皆様に役立つような法律の情報やノウハウなどを発信します。

なお、ニュースレターを送る前に、送信の許可を頂きます。その際に、「いつでも配信解除できること」「法律の動向、ノウハウ」などの情報を提供することをお伝えします。

また、次のような断り書きを、メール本文に書くことをオススメします。

——————————————————————————————————
このメールは、弊社イベント・セミナーなどにご来場頂いた皆様、名刺交換をさせて頂いた皆様
メルマガをご希望の皆さまに配信させて頂いております。
このようなメールをご希望でない場合には、お手数ですが、XX@XX.comにご連絡ください。
配信解除をさせていただきます。
——————————————————————————————————

そして、定期的にお客様にニュースレターを送ることで、お客様がいざ行政書士を必要になったときにお声掛けをしてもらうようにするのです。

なお、5つのテーマで記事を書けます。

  1.  事務所の取り組み
  2.  写真やスタッフの紹介
  3.  お客様の声
  4.  よくある質問
  5.  お知らせ

それぞれを詳細にご紹介します。

 

3.1 事務所の取り組み

事務所で日頃取り組んでいる内容を紹介します。日々努力している活動などを
書くことで、読者から好印象をもっていただけます。

 

3.2 社員やスタッフの紹介

写真の自己紹介や、最近うれしかったニュースなどを書くことで
その社員ががんばっている姿を見せることができます。

 

3.3 お客様の声

お客様から頂いた声などを紹介することで、第三者の意見を伝えることができます。
ホームページなどで事務所の紹介をしても、「本当にそうなのか」と感じるのが普通の人の感覚です。そこで、客観的にお客様の声を載せることで、アピールできます。

 

3.4 よくある質問

お客様からの問合せ内容を書きます。
お客様が問い合わせる内容は、他のお客様も聞いてみたい事が多いです。

 

3.5 お知らせ

年賀の挨拶、年末の挨拶、ゴールデンウィークやお盆時期の休業情報、臨時休業の挨拶などを
告知し、営業時間などでお客様にご迷惑をかけないようにします。

なお、メルマガをこれから始めたい方向けに書き方や始め方を別記事でまとめています。
【参考記事】 ・ メルマガの始め方 スタートまでの全ステップを徹底解説!
       ・ メルマガ配信のやり方 無理せずコツコツ続ける方法を大公開

 

4.  口コミサイト

tool

行政書士の仕事は、目に見えにくいサービスです。そのため、最近は、クライアント側で評判などをチェックする傾向にあります。

評判を上げていくことも大事ですが、口コミサイトなどに登録をしていくことも必要です。ご参考までに、士業向けの口コミサイトをご紹介します。

ekiten-pro

約5000人の士業が登録をしており、毎月18万人の相談者がアクセスする士業に特化した口コミサイトです。無料で登録できますので、手軽に事務所をアピールできます。

エキテンプロ

 

まとめ

本記事では、行政書士の集客方法をご紹介させて頂きました。事務所のお客様が増える一助になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です