best-rental-server-for-online-shop

【最新】ネットショップ向けのレンタルサーバー(カート付き)を比較!

Pocket

ネットショップ向けのレンタルサーバーを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

EC-CubeのようなECサイト用のソフトをインストールできるレンタルサーバーや、そもそもインストール作業が必要なく、ショッピングカートを簡単に設置できるレンタルサーバーがあります。

それぞれ、どのようなメリット、あるいはデメリットがあるのでしょうか。

本記事では、ネットショップ向けのレンタルサーバーを比較し、その違いをご紹介します。

【参考文献】 成功する ネットショップ集客と運営の教科書
       染谷 昌利  (著), 鈴木 珠世  (著) 2014年

 

1. 代表的なレンタルサーバーの比較

comparison-between-makeshop-and-colormeshop

主要なレンタルサーバーのサービス、機能、料金を比較してみます。

  1.  ECサイトを作れるソフト(EC-Cube)を導入できるレンタルサーバー
  2.  ショッピングカート付きのレンタルサーバー

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 EC-Cubeが利用できるレンタルサーバー

◆ エックスサーバー

xserver

運用サイト数120万サイトと、日本を代表するレンタルサーバーです。さらに、EC-Cubeを簡単にインストールする機能もあり、簡単にネットショップを作れます。

◇ 提供する機能 : ディスクスペース 200GB~ MySQL利用可能 ドメイン数無制限
◇ 月額利用料 : 900円~
◇ 初期費用 : 3,000円~
◇ サポート体制 : 24時間365日、メールにて受付
◇ セキュリティ対策 : データのバックアップ、不正アクセス監視

エックスサーバー

【参考記事】 ・ エックスサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

◆ WADAX

wadax

セコムと提携することでセキュリティ対策に力を入れているレンタルサーバーです。さらに、EC-Cubeを簡単にインストールする機能もあり、簡単にネットショップを作れます。

◇ 提供する機能 ディスクスペース 20GB~ MySQL利用可能
◇ 月額利用料 1188円~
◇ 初期費用 3,240円~
◇ サポート体制 24時間365日、電話、メール、Webフォームにて受付
◇ セキュリティ対策 セコムトラストシステムズによるセキュリティホールのチェック、
  不正侵入のチェック

WADAX

【参考記事】 ・ WADAXの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

1.2 ショッピングカート付きレンタルサーバー

shopping-cart

ショッピングカート付きのレンタルサーバーがあります。クレジットカード決済などの決済機能と買い物かご機能が付いています。

◆ e-shopsカート2 (レンタルサーバ付プラン)

eshopcart2

既存のホームページに、カートだけを設置したいという場合などにオススメです。ショッピングカートを提供しているサービス会社の中では人気の高いサービスです。

◇ 提供する機能 : ショッピングカート機能、決済方法、携帯対応、受注管理、商品管理、
           顧客管理、マーケティング、ショップ運営基本機能
◇ 月額利用料 2400円~
◇ 初期費用 10,000円~
◇ サポート体制 電話サポート
◇ セキュリティ対策 SSL暗号化通信

e-shopsカート2

【参考記事】 ・ e-shopsカート2の使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!

◆ イージーマイショップ

easymyshop

既存のホームページにショッピングカートだけの設置することができます。無料版もあるので、とりあえずショッピングカートを導入してみたい方にオススメです。

◇ 提供する機能 ショッピングカート機能、ショップページ、注文管理、発送管理など
◇ 月額利用料 0円~
◇ 初期費用 0円~
◇ サポート体制 お問合せフォーム、電話(有料の場合のみ)
◇ セキュリティ対策 SSL暗号化通信、外部の脆弱性チェック診断

イージーマイショップ

なお、ネットショップ作成ツールについては別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ネットショップの比較!比較表付き【2018年度版】

 

2. レンタルサーバーの種類

concept

ネットショップを作るためには、ショッピングカートシステムも導入する必要がありますが、そのシステムをインストールするためにレンタルサーバーも必要となります。

レンタルサーバーを提供するサービスには2種類あります。

  1.  ショッピングカートとレンタルサーバーの両方を提供するサービス
  2.  レンタルサーバーのみを提供するサービス

それぞれ、メリットとデメリットがあります。

 

2.1 ショッピングカートとレンタルサーバーの両方を提供するサービス

ネットショップに必要なショッピングカートなどの機能を実装したネットショップ専用のレンタルサーバーです。決済機能などがパッケージ化されており、かんたんにネットショップを開設できます。

◆ メリット

  •  ショッピングカートとレンタルサーバーが既についているので、ショッピングカートシステムをインストールする作業が不要となります。
  •  ショッピングカートシステムに不具合があった場合に、提供会社が復旧してくれます。そのため、システムの操作にちょっと自信がない方などにオススメのサービスとなります。

◆ デメリット

  • ( レンタルサーバーのみを借りる場合と比較して) 利用料金が高い傾向にあります

 

2.2 レンタルサーバーのみを提供するサービス

ネットショップ用のソフトなどは事前に用意されていないタイプのレンタルサーバーとなります。低コストで借りられますが、自分でネットショップ用のソフトをインストールする必要があります。

◆ メリット

  •  自分でレンタルサーバーを借りることになるので、ネットショップ以外にも例えばホームページを作りたいときなど、同じサーバー内でホームページをインストールできます。

◆ デメリット

  •  レンタルサーバーのみが提供されるので、ショッピングカートシステムは別途自分でインストールする必要があります。
  •  ショッピングカートシステムに不具合があった場合に、自分で障害が生じた理由を分析し、サーバに問題があるのか、ショッピングカートに問題があるのか調査をする必要があります。
  •  ショッピングカートシステムのバージョンが上がったときに、自分でアップデートをする必要があります。

 

まとめ

本記事では、これからネットショップのレンタルサーバーを比較・紹介しました。機能やサポート体制やサーバの料金、セキュリティ対策の状況をチェックし、判断してください。

なお、ネットショップの作り方や集客の仕方、開業資金の算出方法などを別記事でもまとめています。興味がございましたらご覧ください。

【参考記事】 ・ ネットショップの比較・選び方 【2017年度版】
       ・ ネットショップ初心者必見!開業する前に知っておきたい集客術
       ・ ネットショップの集客のコツ!知らないと損をする6つの技
       ・ ネットショップの開業資金はいくら必要か。7つの費用を算出!

ご参考になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です