best-rental-server-for-online-shop

ネットショップで開業する方必見!カート付きレンタルサーバー12選を比較!


ネットショップで開業するのに便利なレンタルサーバーはどれでしょうか。

ショッピングカートが付いているレンタルサーバーや、ECサイトを簡単に作れるレンタルサーバー。セキュリティ対策が手厚いサーバーなどがおすすめです。

では、それぞれのレンタルサーバーの特徴や違いは何でしょうか。

本記事では、ネットショップ向けのレンタルサーバーを比較し、その違いをご紹介します。

 

1. ショッピングカート付きレンタルサーバー6選

business-note-600px-min

ネットショップ用にショッピングカート付きのレンタルサーバーがあります。買い物かごクレジットカードなどの決済機能があり、簡単にネットショップを作れます。

代表的な6つのシステムをご紹介します。

 

1.1 e-shopsカートS (レンタルサーバ付プラン)

eshop-min

既存のホームページに、カートだけを設置したい場合にオススメです。

  • 提供する機能 : ショッピングカート機能、決済方法、携帯対応、受注管理、商品管理、 顧客管理、マーケティング、ショップ運営基本機能
  • 月額利用料: 2,500円~
  • 初期費用: 10,000円~
  • サポート体制: 電話サポート
  • セキュリティ対策: SSL暗号化通信

e-shopsカートS

【参考記事】 ・ e-shopsカートSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!

 

1.2 イージーマイショップ

easymyshop

既存のホームページにショッピングカートだけの設置できます。無料版もあるので、とりあえずショッピングカートを導入してみたい方にオススメです。

  •  提供する機能: ショッピングカート機能、ショップページ、注文管理、発送管理など
  •  月額利用料: 0円~
  •  初期費用: 0円~
  •  サポート体制: お問合せフォーム、電話(有料の場合のみ)
  •  セキュリティ対策: SSL暗号化通信、外部の脆弱性チェック診断

イージーマイショップ

 

1.3 MakeShop

makeshop-top-min

ネットショップ作成ツールです。ショッピングカートだけでなく、店舗ページや商品ページなどを作れます。ネットショップを作るのに必要な機能が一通り揃っています。

  •  提供する機能 : 店舗ページ、商品ページ、ショッピングカート、決済、スマホ対応、在庫管理、受注管理、顧客管理
  •  月額利用料: 7,000円~
  •  初期費用: 10,000円~
  •  サポート体制: 電話サポート
  •  セキュリティ対策: SSL暗号化通信、ログイン履歴

Makeshop

【参考記事】 ・ MakeShopの使い勝手と評判!メリットとデメリットを解説【2020年】

 

1.4 Shopserve

shopserve

月収1,000万円超えを目指せると謳うネットショップ作成ツールです。ネットショップに必要な機能が豊富にそろっています。ただ、機能が多すぎて初心者は使いこなせない場合があります。

  •  提供する機能 : 店舗ページ、商品ページ、会員機能、ポイント管理、売上分析、決済
  •  月額利用料: 11,400円~
  •  初期費用: 15,000円~
  •  サポート体制: 電話サポート
  •  セキュリティ対策: SSL暗号化通信、不正注文シグナル、ブラックリスト機能

ショップサーブ

【参考記事】 ・ ショップサーブの評判と口コミ!テンプレートや使い方、料金を紹介

 

1.5 BASE

base-top-new-min

無料で使えるネットショップ作成ツールです。店舗ページや商品ページの作成、決済、商品管理など最低限の機能があります。

  •  提供する機能 : 店舗ページ、商品ページ、ショッピングカート、決済、注文、在庫管理
  •  月額利用料: 0円~
  •  初期費用: 0円~
  •  サポート体制: メール
  •  セキュリティ対策: SSL暗号化通信

BASE

【参考記事】 ・ BASEの使い方と評判!メリットとデメリット、手数料を解説!【2020年】

 

1.6 STORES

stores-top-1

無料で使えるネットショップ作成ツールです。70万人以上の方に利用されており、ネットショップを簡単に作れます。

  •  提供する機能 : 店舗ページ、商品ページ、ショッピングカート、決済
  •  月額利用料: 0円~
  •  初期費用: 0円~
  •  サポート体制: メール
  •  セキュリティ対策: SSL暗号化通信

STORES

【参考記事】 ・ STORES.jpの使い方と評判!便利な点と不便な点を徹底解説【2019年】

 

2. ECサイト作成ソフトを導入できるレンタルサーバー6選

how-to-improve-skills-600px

次に、ECサイトの作成ソフトであるEC-Cubeを利用できるレンタルサーバーを6つご紹介します。

 

2.1 エックスサーバー

xserver-min

運用サイト数170万サイトと、日本を代表するレンタルサーバーです。さらに、EC-Cubeを簡単にインストールする機能もあり、簡単にネットショップを作れます。

  •  提供する機能 : ディスクスペース 200GB~ MySQL利用可能 ドメイン数無制限
  •  月額利用料 : 900円~
  •  初期費用 : 3,000円~
  •  サポート体制 : 24時間365日、メールにて受付
  •  セキュリティ対策 : データのバックアップ、不正アクセス監視

エックスサーバー

 

2.2 WADAX

wadax-top

セコムと提携することでセキュリティ対策に力を入れているレンタルサーバーです。さらに、EC-Cubeを簡単にインストールする機能もあり、簡単にネットショップを作れます。

  •  提供する機能: ディスクスペース 20GB~ MySQL利用可能
  •  月額利用料: 1,188円~
  •  初期費用: 3,240円~
  •  サポート体制: 24時間365日、電話、メール、Webフォームにて受付
  •  セキュリティ対策: セコムトラストシステムズによるセキュリティホールのチェック、
      不正侵入のチェック

WADAX

【参考記事】 ・ WADAXの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

2.3 カゴヤサーバー

kagoya-server

法人利用率が80%、累計37,000ユーザーの導入実績のある法人向けのレンタルサーバーです。EC-Cubeをインストールでき、簡単にネットショップを作れます。

  •  提供する機能 : ディスクスペース 100GB~ MySQL利用可能 ドメイン数無制限
  •  月額利用料 : 1,080円~
  •  初期費用 : 0円~
  •  サポート体制 : 電話サポート
  •  セキュリティ対策 : SSL、WAF

カゴヤサーバー

【参考記事】 ・ カゴヤサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

2.4 さくらのレンタルサーバー

sakura-rental-serer

1996年から運用されている老舗のレンタルサーバーです。利用件数は44万件と実績は豊富です。また、EC-Cubeを簡単にインストールでき、ネットショップを作れます。

  •  提供する機能 : ディスクスペース 100GB~ MySQL利用可能 ドメイン数100個
  •  月額利用料 : 515円~
  •  初期費用 : 1,029円~
  •  サポート体制 : 電話サポート
  •  セキュリティ対策 : Web改ざん検知サービス、WAF、SSL

さくらのレンタルサーバー

【参考記事】・ さくらのレンタルサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

2.5 ヘテムル

heteml

WebサーバーもデータベースサーバーもSSDレンタルサーバーです。EC-Cubeを簡単にインストールする機能もあり、ネットショップを作れます。

  •  提供する機能 : ディスクスペース 200GB~ MySQL利用可能 ドメイン数無制限
  •  月額利用料 : 800円~
  •  初期費用 : 2,000円~
  •  サポート体制 : 電話
  •  セキュリティ対策 : Webサイト改ざん防止

ヘテムル

【参考記事】 ・ ヘテムルの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説

 

2.6 ロリポップ

lolipop-rental-serer-top

利用実績が200万サイトと、日本を代表するレンタルサーバーです。さらに、EC-Cubeを簡単にインストールする機能もあります。7世代バックアップも可能です。

  •  提供する機能 : ディスクスペース 120GB~ MySQL利用可能 ドメイン数100個
  •  月額利用料 : 500円~(スタンダードプラン)
  •  初期費用 : 1,500円
  •  サポート体制 : 電話サポート
  •  セキュリティ対策 : SSL、海外アタックガード

ロリポップ

【参考記事】 ・ ロリポップの使い勝手を評価!メリットとデメリットを解説

 

3. レンタルサーバーの種類

training-schools-to-learn-aws-600px

ネットショップを作るためには、ショッピングカートシステムも導入する必要がありますが、そのシステムをインストールするためにレンタルサーバーも必要となります。

レンタルサーバーを提供するサービスには2種類あります。

  1.  ショッピングカートとレンタルサーバーの両方を提供するサービス
  2.  レンタルサーバーのみを提供するサービス

それぞれ、メリットとデメリットがあります。

 

2.1 ショッピングカートとレンタルサーバーの両方を提供するサービス

ネットショップに必要なショッピングカートなどの機能を実装したネットショップ専用のレンタルサーバーです。決済機能などがパッケージ化されており、かんたんにネットショップを開設できます。

◆ メリット

  •  ショッピングカートとレンタルサーバーが既についているので、ショッピングカートシステムをインストールする作業が不要となります。
  •  ショッピングカートシステムに不具合があった場合に、提供会社が復旧してくれます。そのため、システムの操作にちょっと自信がない方などにオススメのサービスとなります。

◆ デメリット

  • ( レンタルサーバーのみを借りる場合と比較して) 利用料金が高い傾向にあります

 

2.2 レンタルサーバーのみを提供するサービス

ネットショップ用のソフトなどは事前に用意されていないタイプのレンタルサーバーとなります。低コストで借りられますが、自分でネットショップ用のソフトをインストールする必要があります。

◆ メリット

  •  自分でレンタルサーバーを借りることになるので、ネットショップ以外にも例えばホームページを作りたいときなど、同じサーバー内でホームページをインストールできます。

◆ デメリット

  •  レンタルサーバーのみが提供されるので、ショッピングカートシステムは別途自分でインストールする必要があります。
  •  ショッピングカートシステムに不具合があった場合に、自分で障害が生じた理由を分析し、サーバに問題があるのか、ショッピングカートに問題があるのか調査をする必要があります。
  •  ショッピングカートシステムのバージョンが上がったときに、自分でアップデートをする必要があります。

 

まとめ

本記事では、これからネットショップのレンタルサーバーを比較・紹介しました。機能やサポート体制やサーバの料金、セキュリティ対策の状況をチェックし、判断してください。

なお、ネットショップの作り方や集客の仕方、開業資金の算出方法などを別記事でもまとめています。興味がございましたらご覧ください。

【参考記事】・ ネットショップの比較!比較表付き!集客力、機能、手数料で比べる【2020年】
      ・ ネットショップの開業資金はいくら必要か。7つの費用を算出!

ご参考になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です