novel-editing-services-min

小説の添削サイトおすすめ10選(AI、無料、ツール)


小説の添削サイトを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

物語の展開登場人物の描写方法を教えるサイト、文章のロジック内容の妥当性を添削するサービス、さらにAIによる文章校正サービスが存在します。

さらに、小説の書き方を学びつつ、添削を受けられるサービスや、無料で受けられるサイトもあります。そこで、小説の添削サイトを選ぶ前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、小説の添削サイトおすすめ10選をご紹介します。

 

小説の添削サイト10選

novel-editing-services

小説の添削サイトを選ぶには、次の6点を確認します。

  • どのような添削をするか。(ストーリー展開、文章のロジック、文章の表現、文法)
  • 誰向けの添削か。(初心者向け、中級者向け、文学賞を目指す方向け)
  • どのような方法で添削を受けるか。(通信講座、通学、オンラインでのやり取り
  • 添削者のスキルや評判は確認できるか。
  • どれくらいの日数で添削をしてくれるか。
  • 料金はいくらか。

上の視点から、おすすめの添削サイトをご紹介します。

  1.  CWS創作学校
  2.  公募スクール
  3.  ココナラ
  4.  ランサーズ
  5.  わかつきひかる小説教室
  6.  小説塾
  7.  東放学園映画専門学校
  8.  Shodo(ショドー)
  9.  Novel Supporter
  10.  小説形態素解析CGI

それぞれを詳細に説明します。

 

1. CWS創作学校

cws-school-min

1992年に開校したライティングスクールで、入門者から新人賞を狙う上級者まで、受講生にあわせて講座が選べ、添削をしてくれます。

コースは4種類あります。

コース名 学べる内容
創作入門コース

STEP1
「小説」に必要なもの ──まず「お話」をつくってみよう!
「小説」の三大要素はこれだ!──会話文を書いてみる
描写」の練習──おいしい料理をいかに「おいしく」伝えるか

STEP2
人称」は大事!──「彼」と書くか、「私」と書くか
文体」について──語りに意識的になってみる
まとめ──掌篇をひとつ書いてみる

創作ベーシックコース
  1.  小説のルールと避けるべき事柄
  2.  名作の書き換え
  3.  効果的な書き出しと結末
  4.  会話文の書き方
  5.  複数の登場人物の動かし方と視点の定め方
  6.  比喩の使い方
  7.  詳細な描写の方法
創作コース
  1.  「作者=読者」の位置に立つ技法
  2.  登場人物の造形法描写技法
  3.  黙説法の有効利用
  4.  読者を惹きこむテクニック
  5.  原稿用紙換算30枚程度の自由作品の書き上げ
創作エクストラコース
  1.  読者を意識した魅力的な作品の書き方
  2.  6篇の短篇小説の創作
  3.  ストーリーづくりのコツ
  4.  提示されたシチュエーションに基づく短篇小説の作成
  5.  自由作品や新人賞の応募作品の添削指導

(出典) CWS創作学校 より

コースはWeb画面で受けられます。まず、講座の目次を確認します。

cws-school-title-min

つぎに、コースのカリキュラムを確認します。

cws-curriculum-guidance-min

講座のテキストはWeb画面で閲覧できます。また、PDFにして、印刷することもできます。

cws-curriculum-text-min

課題は、Webで提出します。

 cws-school-guidance-submit-min 

添削が終わると、添削済みのファイルを確認します。

cws-school-guidance-receive-min

◆ フィードバック・添削の例

創作入門コース 添削の例

cws-school-begineer-edit-sample-min

創作ベーシックコース 添削の例

cws-school-basic-edit-sample-min

創作コース 添削の例

cws-school-create-edit-sample-min

(出典) CWS創作学校

◆ 料金プラン

コース名 受講方法 入学金 受講料 合計
創作入門コース eラーニング (STEP1) 5,500円 19,800円 25,300円
  eラーニング (STEP2) なし 19,800円 19,800円
創作ベーシックコース eラーニング (STEP1) 5,500円 26,400円 31,900円
  eラーニング (STEP2, 3) なし 26,400円 26,400円
  通信添削 (一括払い) 11,000円 88,000円 99,000円
  通信添削 (分割払い) 11,000円 12,500円×8回 111,000円
創作コース 一括払い 11,000円 121,000円+33,000円 165,000円
創作エクストラコース 一括払い なし 72,600円 72,600円
  分割払い なし 25,600円×3回 76,800円

◆ 基本情報

  • 添削までの日数: 未公開
  • 添削の仕方: 通信講座

CWS創作学校 

 

2. 公募スクール

koubo-school-min

公募情報専門誌「公募ガイド」が提供する通信講座です。入門講座として、小説の書き方や、時代小説、ライトノベルの書き方を学べる講座や、添削に特化した講座があります。

koubo-school-how-to-choose-lectures-min

添削講座では、公募に勝つ添削講座文学賞別添削講座の2講座あります。

koubo-school-review-lecture-1-min

現役で活躍する小説家・上野歩先生が作品を添削してくれます。作品の冒頭20ページ(400字詰換算)に赤字で添削を入れ、作品の全体について講評してくれます。

公募に勝つ添削講座

koubo-school-review-lecture-2-min

応募したい文学賞が決まっている方へ向けの講座で、対象となる文学賞の攻略法や、どんな作品が向いているのかなどを若桜木虔先生が添削します。

文学賞別添削講座

◆ フィードバック・添削の例

◆ 料金プラン

講座名 料金
公募に勝つ添削講座
  • 3枚以内: 4,400円 3週間程度
  • 4〜5枚: 6,600円 3週間程度
  • 6〜10枚:  8,800円 3週間程度
  • 11〜25枚: 13,200円 3週間程度
  • 26〜50枚: 15,400円 4週間程度
  • 51〜100枚: 22,000円 4週間程度
  • 101~150枚: 26,400円 4週間程度
  • 151〜200枚: 30,800円 4週間程度
  • 201〜300枚: 37,400円 5週間程度
  • 301〜400枚: 44,000円 6週間以上
  • 401〜500枚: 50,600円 7週間以上
文学賞別添削講座
  • 100枚: 22,000円 1週間
  • 101~150枚: 26,400円 1週間
  • 151~200枚: 30,800円 1週間
  • 201~300枚: 37,400円 1週間
  • 301~400枚: 44,000円 1週間
  • 401~500枚: 50,600円 1週間

◆ 基本情報

  • 添削までの日数: 未公開
  • 添削の仕方: 通信講座

公募スクール 

 

3.  ココナラ

coconala-min

スキルをやり取りできるスキルマーケットで、イラストや漫画、Webサイトの制作、デザインなどの仕事をフリーランスの方に依頼できます。

小説の添削については、256件の出品があります。現役の小説家やプロのライター、現役の編集者に相談できます。(2023年10月21日時点)

coconala-novel-editing-services-min

出品者を選ぶときには、出品の内容や評価、実績数を参考にします。

coconala-novel-editing-services-details-min

また、興味をもった出品者をクリックすると、出品の詳細が掲載されています。そこで、添削の内容回数をチェックします。

coconala-novel-editing-services-details-checkpoint-min

出品している方のプロフィール経歴を確認します。

coconala-novel-editing-services-details-checkpoint-detail-min

◆ フィードバック・添削の例

出品者による(例 文章の書き方、アドバイス、感想や文章校正、リライト)

◆ 料金プラン

出品者による(例 6,000円~32,000円

◆ 基本情報

  • 添削までの日数: 出品者による
  • 添削の仕方: オンライン

ココナラ 

 

4. ランサーズ

lancers-top-min

ランサーズは、インターネット上のクラウドソーシングサービスで、フリーランス副業者と仕事のやり取りを行うことができます。

ランサーズでは、小説の添削を依頼できる出品者が31件います。(2023年10月21日時点)

lancers-novel-editing-min

興味を持った出品者を見つけた際には、提供する業務内容料金を確認できます。

lancers-novel-editing-1-min

また、出品者のプロフィール経歴、そしてこれまでの活動内容を確認できます。

lancers-novel-editing-3-min

多くの実績高い評価を持つ出品者を見つけることができるため、信頼できる方に依頼できます。

lancers-novel-editing-2-min

◆ フィードバック・添削の例

出品者による

◆ 料金プラン

出品者による(例 13,000円~30,000円

◆ 基本情報

  • 添削までの日数: 出品者による(例 納期3日~5日)
  • 添削の仕方: オンライン

ランサーズ 

 

5. わかつきひかる小説教室

wakatsukihikaru-min

小説家のわかつきひかるが運営する添削サービスです。

小説の書き方を学びつつ、添削を受けられます。小説の書き方では、6ヶ月分の教材が届き、課題を解いて送ります。提出後、1ヶ月以内に添削とコメントが返ってきます。

wakatsukihikaru-currirulum-min

  1.  文法、原稿用紙の使い方、視点、人称
  2.  情景描写、心理描写、外見描写
  3.  起承転結の起と結を覚えよう。
  4.  ログラインを覚えよう
  5.  ショートショートを書こう
  6.  ショートショートを書こう(その2)

(出典) 小説家わかつきひかるのブログ より

なお、冒頭原稿用紙20枚の添削、アドバイスを行うコースもあり、メールで講評をもらえます。講評の視点を挙げています。

◆ フィードバック・添削の例

  •  文法誤字誤用
  •  文章がジャンルに合っているか
  •  描写の過剰、あるいは不足。説明になっていないか
  •  視点の統一はなされているか
  •  投稿先は正しいか。カテゴリーエラーではないか
  •  冒頭がおもしろいか
  •  あらすじはおもしろいか
  •  何次選考まで通過するか

(出典) わかつきひかる小説教室 添削等のご案内

なお、YouTubeで小説の添削の仕方が掲載されていたので、ご紹介します。

◆ 料金プラン

  •  メール添削コース: 20,000円
  •  郵送添削コース: 22,000円
  •  添削コンパクトコース: 12,000円
  •  通信添削:
    • 原稿用紙50枚まで: 5,000円
    • 51枚~100枚: 10,000円
    • 101枚~150枚: 15,000円
    • 151枚~200枚: 20,000円 (以降、50枚ごとに5,000円増)
    • 講評シート: 5,000円

◆ 追加オプション

  • プロットチェック:1件 7,000円
  • 仕事の悩み相談:1件 2,000円
  • 商業PR小説執筆:原稿用紙1枚 2,000円
  • 地方文学賞選考委員サービス:一次選考からする場合は短編小説一本あたり 2,000円から
  • デビュー時お助けサービス:定額質問しほうだい 月2,000円

出品者による(例 納期3日~5日)

◆ 基本情報

  • 添削までの日数: 1週間
  • 添削の仕方: 通信講座

わかつきひかる小説教室 

 

6. 小説塾

shousetu-jyuku-min

作家・薄井ゆうじが塾長として、小説を添削、講評、アドバイスしてくれる通信講座です。1作品1回完結講座と、全6回・課題コースの2種類があります。

  •  1作品1回完結講座は、自由に書いた作品を添削、講評してくれます
  •  全6回・課題コースは、6回ぶんのテキストが送られてきますので、テキストの最後にある課題に従って、小説を書きます。

◆ フィードバック・添削の例

  •  誤字脱字や、言葉の使用方法の間違い
  •  整合性として、つじつまの合わない部分の指摘
  •  物語の出し入れの順序
  •  前半の読者の興味のひき方、中盤の盛り上げかた
  •  後半の感動や読後感を意識した書き方
  •  題名へのアドバイス
  •  登場人物の名前や性格づけ

(出典) 小説塾 よくある質問 より

◆ 料金プラン

1作品1回完結講座の場合

  • 100枚コース: 20,000円
  • 150枚コース: 25,000円
  • 200枚コース: 30,000円
  • 300枚コース: 40,000円
  • 400枚コース: 50,000円
  • 500枚コース: 60,000円
  • 600枚コース: 70,000円
  • 800枚コース: 80,000円

全6回・課題コースの場合

36,000円

◆ 基本情報

  • 添削までの日数: 1~2週間程度(200 枚以下の場合)
  • 添削の仕方: 通信講座

小説塾 

 

7. 東放学園映画専門学校

touhougakuen-min

TBSの教育事業本部が設立した学校を前身として創設した東放学園で学べる講座です。

原稿を書くための基本ルールから、ストーリー構成、キャラクター設定、情景描写などを学んだ後、講師による個別指導を受けられます。

講義、課題、添削、講評を繰り返しつつ、学習を進めます。

◆ フィードバック・添削の例

touhougakuen-edit-sample1-min

touhougakuen-edit-sample2-min

touhougakuen-edit-sample3-min

学校の雰囲気がYouTubeに掲載されていたので、ご紹介します。

◆ 料金プラン

未公開

◆ 基本情報

  • 添削までの日数: 未公開
  • 添削の仕方: 通学

東放学園映画専門学校 

 

8. Shodo(ショドー)

shodo-min

無料で使えるAIによる文章の校正ツールです。変換ミスや、誤字脱字敬語の間違いを指摘してくれます。

例えば、次のような文章を入稿して、校正してもらいました。

shodo-sample-input-min

すると、次のような指摘をしてくれました。(例 「駅に建っていた」を「駅に立っていた」への修正を提案しています)

shodo-sample-output-min

ほかにも、敬語二重敬語のチェック表記のゆれなどをチェックしてくれます。(例 下の文章は、「ご希望されますでしょうか」を「ご希望されますか」への修正を提案しています。)

shodo-sample-output-detail-min

◆ フィードバック・添削の例

タイポ、変換ミス、誤字脱字のチェックを行います。

◆ 料金プラン

Shodoの提供するAI文章校正ツールは無料で使用できます。ただし、通常版よりも機能が制限されていることが記載されています。

◆ 基本情報

  • 添削までの日数: 瞬時(ツールのため)
  • 添削の仕方: Web上

Shodo(ショドー) 

 

9. Novel Supporter

novel-supportr-min

小説推敲をサポートするツールで、同じ単語指示語が連続して出現していないかのチェックや、段落の出だし文章の締めの表現のマンネリ化をチェックできます。

また、一文ごとに色分けされるので、文章の長さを一目でチェックできます。

novel-supportr-usage1-min

また、漢字仮名の混じり具合や比率をチェックしたり、カタカナ表記の含有率も分析できます。

novel-supportr-usage2-min

読みやすさを視覚的に分析するため、画数の多い文字赤色にする機能があります。

novel-supportr-usage4-min

検索機能を利用することで、文字の検索類語辞典類語を探せます。

novel-supportr-usage3-min

◆ フィードバック・添削の例

  •  単語近傍探索
  •  こそあど確認
  •  文長の確認
  •  ルビの追加
  •  文字種表示
  •  使用単語集計
  •  表記ゆれ確認

◆ 料金プラン

無料

◆ 基本情報

  • 添削までの日数: 瞬時(ツールのため)
  • 添削の仕方: ツール上に表示(パソコンへのインストールが必要です)

Novel Supporter 

 

10. 小説形態素解析CGI

shousetu-keitai-min

入力された小説を解析するツールで、名詞動詞形容詞比率や、文の長さ、句読点の間隔などの数値から、小説の傾向を示す診断をしてくれます。

自分の書いている小説を入力してみます。

shousetu-keitai-input-min

小説に対する総評が表示されます。文章の書き方について指摘されるので、参考になります。

shousetu-keitai-output-min

◆ フィードバック・添削の例

名詞、動詞、助詞、形容詞、形容動詞、副詞などの割合を解析してくれます。

shousetu-keitai-output3-min

◆ 料金プラン

無料

◆ 基本情報

  • 添削までの日数: 瞬時(ツールのため)
  • 添削の仕方: Web上

小説形態素解析CGI

 

まとめ

本記事は、小説の添削サイトをご紹介しました。おさらいをすると、求める内容によっておすすめのサイトが変わります。

求める内容 おすすめのサイト
小説の書き方を学びつつ、添削を受けたい CWS創作学校わかつきひかる小説教室小説塾
添削だけしてもらいたい ココナラランサーズ
通学で添削してもらいたい 東放学園映画専門学校
無料で添削を受けたい ShodoNovel Supporter小説形態素解析CGI
文学賞の攻略法を学びたい 公募スクール

なお、小説を学べるオンライン講座は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 小説を学べるオンライン講座おすすめ10選を比較(無料あり)

500mailsのFacebookやX(旧ツイッター)では、起業・副業に役立つ情報を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です