customer-list

顧客リストの集め方と活用術! エクセルテンプレートを大公開

Pocket

顧客リストを集めるには、どのような方法があるのでしょうか。

名刺交換をする。資料請求をしてもらう。メールマガジンの登録を促すなど、様々な方法で顧客情報を集められます。顧客リストのテンプレートをもとに、簡単に顧客リストを作れます。

本記事では、顧客リストの重要性とその活用術をご紹介します。またエクセルテンプレートもご紹介させて頂きます。

【参考文献】 お客を集めるプロが教える「徹底集客術」 (DO BOOKS)
       加藤 学  (著) 2016年

 

 1. 顧客リストとは

checkpoint

顧客リストとは、その名の通り、お客さまの名簿です。
言い換えれば、企業(個人)情報になります。

基本的な情報としては、会社名、住所、担当者名、電話番号、メールアドレスなどが含まれます。
これらの情報が整備されているものを「顧客リスト」とよびます。

顧客リストを持つことで、攻めの営業活動をすることができます。たとえば、個人事業主・講師業・フリーランスであれば、顧客リストをもつことで、積極的に顧客に声掛けができます。

この時に、顧客リストが生命線になります。
顧客リストがあれば、自分から案内を送ることができます。

たとえば、あなたがセミナーを企画し、集客しようとしたとき、顧客リストがなければ、一人一人に会いに行って、チラシを配るなどの時間がかかる営業をしなければいけません。

しかし、顧客リストがあれば、ダイレクトメールやメールで一度に大人数に送ることができます。

今から顧客リストを集める努力をし、1年後300人のリストが集まっているとすれば、1年目はつらくても2年目からは集客が飛躍的に簡単になっていきます。

 

 2.  顧客リストの集め方

顧客リストの集め方は、アナログな手段で集める方法とインターネットを通じて集める方法があります。

アナログでは普段から常識的に行っている名刺交換がリスト収集の手段です。
名刺交換をした後は、Excelなどで顧客台帳に記入するようにしましょう。

それ以外の手段としては、インターネットを通じて顧客リストを集める方法もあります。たとえば、ホームページ上でメールマガジンの登録を促したり、資料請求フォームを設置したりすることで、顧客情報(お名前、メールアドレス)を集めることができます。

なお開業して数年たったいる方は、既存客の名簿整理から始めるのがベストです。まずは、これまでのお客様リストをまとめ、その次に今まで名刺交換した人の名刺リストを整理してください。

これが売り上げにつながるとおもいます。

 

 3. 顧客リストの活用方法

write-mail

集めた顧客リストの活用方法ですが、人気のある利用方法がメルマガの発行、あるいはダイレクトメールの送付です。

お客さまに忘れられないように、定期的にメール・ダイレクトメールでアプローチします。お客様はメルマガ・ダイレクトメールを読んで、あなたのことやお店を思い出します。そして、必要なときに仕事を依頼されたり、お店に来店して頂けるようになります。

なお、まちがっても、広告だらけのメルマガやダイレクトメールにしてはいけません。
売り込みを減らして、お客様にとって魅力的な記事や手紙を書きます。

【参考記事】 ・ メルマガ配信の始め方 無理せずコツコツ続ける方法を大公開
       ・ メルマガ配信システムの比較!【2018年度】
       ・ メルマガの読者を増やす方法 ~購買意欲の高い読者を集める~
       ・ 反響率を高める!ダイレクトメールの送り方 7つのコツ
       ・ 反響のあるダイレクトメールの書き方 5つのコツ

 

 4.  顧客リストのテンプレート

最後に顧客リストのテンプレートをご紹介します。状況に応じて、項目を追加、編集してください。

clients-list

顧客リストをダウンロード

【参考記事】 営業リスト(案件リスト)の作成方法を別記事でまとめています。
    ・ 営業リストを作成する! 凄腕の営業マンが実践する営業術

 

 まとめ

本記事では、顧客リストの重要性とその活用術をご紹介しました。
お客様の顧客開拓の一助になれば幸いです。

【参考記事】 営業マンの作業効率を高める方法を別記事でまとめています。
    ・ 新規顧客獲得の方法! 営業マンの力を最大限に生かす秘訣

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です