how-to-attract-customers

効率よく集客する方法 5つのステップで集客をする!

Pocket

店舗に集客する方法をまとめました。

新規顧客を獲得する段階と、再来店を促す段階、休眠客を掘り起こす段階など、5つの段階に分けて、集客方法をまとめています。

本記事では、店舗への集客方法をご紹介します。

【参考文献】 お客を集めるプロが教える「徹底集客術」 (DO BOOKS)
       加藤 学  (著) 2016年

 

 1. 集客のための5つのステップ(目的)

店舗に集客をするには、5つのステップ(目的)があります。自分の店舗にとって、いまどのステップが問題なのかを考えてみましょう。

  1.  新規のお客様を獲得したい
  2.  見込み客を獲得したい
  3.  再来店を促したい
  4.  お客様のご紹介を促したい
  5.  休眠客を掘り起こしたい

それぞれのステップ(目的)について、詳細をご紹介します。

 

 1. 新規のお客様を獲得したい

tool

「まだお店の名前もしらない」新規のお客様に対して集客をする場合には、次のような方法があります。

  •  新聞の折り込みチラシ
  •  ポスティング
  •  DM
  •  雑誌・フリーペーパー・ラジオ広告
  •  看板・のぼり
  •  イベント活動
  •  インターネットによる販促

個々の集客方法の概要や留意点については、別記事にまとめています。
ぜひ参考にしてみてください。

【参考記事】
 ・ 新規顧客を獲得する20の方法
 ・ 反響のあるダイレクトメールの書き方 5つのコツ
 ・ 売上につながる!チラシの作り方     

 

 2. 見込み客を獲得したい

best-side-business-for-office-workers

お店のことを知ってはいるものの、すぐに来店や購買につながらないお客様は一定数います。とくに、エステ、通販、リフォームなどの単価が高い商売は、簡単に購買につながりません。

そこで、商品やお店に興味のある見込み客に対して、定期的に接触をし、お客さまが来店したくなるまで辛抱強く待つ必要があります。

まずは、見込み客として個人情報を得る方法を考えましょう。

具体的には、サンプル品を提供したり、お試し体験を提供し、それと引き換えに個人情報を入手します。そして、定期的に手紙やDM、あるいはメールマガジンなどで接触を試みます。

【参考記事】 ダイレクトメールやメルマガの送り方をまとめています。
  ・ ダイレクトメールの効果をグッと高める!3つのタイミング
  ・ メルマガの始め方 スタートまでの全ステップを徹底解説!

 

 3. 再来店を促したい

coupon

お店に来店するお客様を、再来店してもらうためには、次の対策を打つ必要があります。

  •  クーポンを渡します
  •  ポイントを発行します
  •  サンキューレターを送ります
  •  メルマガを送ります
  •  ダイレクトメールを送ります

具体的な方法は別記事でまとめておりますので、ご覧ください。

【参考記事】 
  ・ 再来店を促す販促方法 ~お店を思い出してもらう~
  ・ ダイレクトメールの効果をグッと高める!3つのタイミング

 

 4. お客様の紹介を促進したい

8-rules-to-attract-customers-for-salons

よい商品やサービスであれば、口コミや紹介が起こりやすくなります。お客様が紹介しやすくするために、紹介した人と紹介された人、両方に特典をさしあげます。

  •  パンフレットなどの資料請求をすると、クーポン特典がもらえます
  •  初めての人でも来やすいイベントを開催します

 

 5. 休眠客を掘り起こしたい

women

休眠客とは、何らかの理由で一定期間、来店もしくは購買をしていないお客様のことです。

休眠客が多いとお考えの場合には、思い出してもらうことが大切です。ただし、休眠客になるアプローチをする前に、考えておきたいことがあります。

「一度来店したにもかかわらず、なぜ継続しないのか」という分析です。

  1.  お店の雰囲気が気に入らなかった
  2.  商品の品質が満足いかなかった
  3.  接客対応が不十分だった
  4.  単にお店のことを忘れた
  5.  引っ越しをして、物理的に来店できなくなった

5はどうしようもありません。但しそれ以外の対策は立てられます。なぜ休眠客になっているのかを分析して、その対策を実行したうえで休眠客にアプローチしましょう。

ある美容室が休眠客にアプローチしたDMでは、「シャンプー台が変わりました」「新人スタッフが入りました」というようにお店の変化を強調して、声掛けをしています。

具体的にどんな内容を、いつ、顧客に伝えればいいのかについて別記事でまとめております。
ご興味がございましたらぜひご覧ください。

【参考記事】 休眠顧客を呼び戻すメール術

 

 まとめ

本記事では、5つのステップに分けて、集客の方法をご紹介させて頂きました。
お店の集客のうち、どのステップに注力すべきかを考えることで対策すべき内容が変わります。

お店の集客の参考になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です