how-to-promote-online-shop

ネットショップを宣伝する!効率よく集客する5つの方法【2018年】

Pocket

ネットショップを宣伝するには、どのような方法があるのでしょうか。

リスティング広告アフィリエイト広告SNSを利用した広告ブログメルマガなどで集客する方法があります。それぞれの宣伝方法には、どのような特徴があるのでしょうか。

本記事は、ネットショップを効率よく宣伝する5つの方法をご紹介します。

【参考文献】 楽天にもAmazonにも頼らない! 自力でドカンと売上が伸びるネットショップの鉄則
       竹内 謙礼  (著) 2016年

 

ネットショップを効率よく宣伝する5つの方法

how-to-choose-accounting-firm

ネットショップを宣伝するには5つの方法があります。

  1.  リスティング広告
  2.  アフィリエイト広告
  3.  Facebook広告
  4.  ブログ
  5.  メールマガジン

それぞれの特徴をご紹介します。

 

1 リスティング広告

reputation-of-gmo-vps

グーグルやヤフーなどの検索サイトで、検索結果に関連する広告を表示できます。(図の赤枠)

listing

特徴として、お客様が興味をもつキーワードに一致する広告を表示します。そのため、キーワードに関心のある人に向けて、効率よく集客できます。

代表的なサービスは2つあります。

「クリック単価制」の広告で、1クリックあたり〇〇円という課金形態となります。クリックされなければ課金されないため、成果報酬型の無駄の少ない広告です。

ただし、クリックが課金の対象となるため、実際に販売につながったかどうかは関係がなく課金されます。そのため、真の意味での成果報酬ではありません。

 

2 アフィリエイト広告

reputation-of-bizseek

アフィリエイト広告は、商品を購入したことを基準にして、課金されます。そのため、完全な成果報酬型の広告といえます。また、報酬金額も広告主側で決められます。

アフィリエイト広告の魅力は、ブロガーやレビューの体験によって口コミで他人に紹介してもらう点です。それにより、ショップや商品に信頼感や安心感が拡散されます。

課題としては、アフィリエイター側から広告掲載への承認、掲載内容のチェック、成果承認などの作業が発生します。

【参考記事】 ・ アフィリエイト広告のメリットとデメリット!【2018年度】

アフィリエイト広告を始めるにはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)と呼ばれる専門業者に登録する必要があります。代表的なアフィリエイトプログラムは2つです。

【参考記事】・ アフィリエイトのASPの一覧と選び方【2018年度】

 

3 フェイスブック広告

how-to-sell-on-mercari

フェイスブックは実名制でお店や企業としてFacebookページで情報を発信できるので宣伝に活用しやすいです。現在、最も企業の宣伝に活用されているSNSの1つであり初心者でも始めやすいメディアです。

フェイスブック広告には、インプレッション単価広告クリック単価広告の2種類があります。

インプレッション単価広告は、広告の表示回数に対して課金されます。一方、クリック単価広告は、広告がクリックされるたびに課金されます。

2016年12月時点で月間アクティブユーザーは2700万人(*1)もいるフェイスブックに広告をだすことで、多くの方にネットショップの存在を知ってもらえます。

*1: 日本経済新聞社ホームページより引用

なお、アクティブユーザのうち9割がモバイルからのアクセスですので、ネットショップのスマートフォン対応は必要となります。

なお、フェイスブックに広告を出す時には、ユーザにとって魅力的な情報を発信し続けることが重要となります。なぜなら、フェイスブックはユーザ同士の交流を手助けするメディアであり、販売をメインとするよりはショップとお客様との繋がりを深めることをメインにしたほうが、お客様の反応は良くなります。

短期的なショップの売上につなげることを目的にするのではなく、お客様とのコミュニケーションを向上することをメインにし、お客様に興味がある情報を発信することが重要となります。

 

4 ブログ

web-content

ネットショップの魅力をつたえるために、毎日情報を発信することは大切です。ブログは記事を書いて投稿するだけで、更新されるため、HTMLなどの難しい知識が必要なく初心者でも簡単に作ることができます。

またブログはテンプレートという概念で作られているため、SEOの効果が高いのも特徴です。またブログに商品情報を掲載すると、検索エンジンの検索順位があがりやすくなると言われており、ブログの利用はアクセス数をあげるためにも欠かせません。

なお、ブログに記事をあげるときには、お店やスタッフの色を出して共感を得るようにします。スタッフの紹介や、商品開発のストーリー、社内のイベントやエピソードなどを載せ、お店に親近感や安心感をもって頂けるように工夫しましょう。

また、発信する写真にはこだわり、お客様の興味を惹きつけるようにします。

 

5 メールマガジン

frima

ネットショップの宣伝に欠かせないツールとして、メルマガが挙げられます。これまでご紹介した方法は、新規のお客様を獲得することがメインでした。一方、メルマガはこれまで購入された方を囲い込むことも目的にしています。

3つのメリットがあります。

  1.  安さ
  2.  ブランディングができる
  3.  販売促進できる

それぞれを詳細にご紹介します。

5.1 料金

メルマガの魅力は安さにあります。チラシやDMであれば、制作や印刷に費用がかかりますし、郵送料も必要です。

しかし、メルマガの場合には、コストはほとんどかかりません。広告宣伝にあまり投資をしなくても、累積的に潜在顧客を増やし、売り上げに結び付けることができます。

 

5.2 ブランディング

メールを配信すればお客様のメールボックスに届きます。お客様が有益になるようなメルマガを定期的に送ることで、そのメルマガの発行者に対する親近感を持って頂けます。

なお、メルマガと聞くと「いまさら読まないでしょう」という否定的な意見もあります。それは、宣伝一辺倒のメルマガが多かったために、そのような印象になってしまいました。

お客様目線にたってより興味をもってもらえる内容にすることでメルマガは読んでもらえます。

 

5.3 販売促進

メルマガの魅力として、メールの本文に商品ページへのURLを貼り付けることで1回クリックしただけで、ネットショップ内の商品ページへ誘導できる点も特徴的です。

商品をうまく使う方法をメルマガで紹介しつつ、商品の良さをアピールしたりできます。

別記事で、メルマガの書き方をご紹介しています。ぜひご覧ください。

【参考記事】 ・ メルマガの始め方 スタートまでの全ステップを徹底解説!
       ・ メルマガ配信システムの比較!【2018年度】

 

まとめ

本記事は、ネットショップを宣伝する5つの方法をご紹介させて頂きました。なるべくコストをかけたくないという理由で広告を避けているショップもありますが、成功しているネットショップで広告を一切かけていないというショップはなかなかありません。

広告で失敗する場合もありますが、広告の成果を検証していくことで、徐々に費用対効果を高めていけます。また、無料で販促する方法を別記事でまとめています。ぜひこちらもご覧ください。

【参考記事】 ・ ネットショップに集客する!無料で販促できる5つの方法

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です