how-to-start-writing-as-a-side-business

副業でライターを始める!未経験者向けのクラウドソーシング4選

Pocket

副業でライターを始めるのに、おすすめのクラウドソーシングはどれでしょうか。

ライティングの案件が多い。1文字当たりの報酬単価が高い。初心者向けに記事の書き方やマニュアルが豊富であるなど、ライター向けのクラウドソーシングがあります。

本記事は、未経験のライター向けに、おすすめのクラウドソーシングを4つご紹介します。

【参考文献】100倍クリックされる 超Webライティング実践テク60
      東 香名子 (著) 2017年

 

1. 未経験者向けのクラウドソーシング4選

rules-of-writing-attendance-check-mail

未経験のライター向けにオススメのクラウドソーシングは、4つあります。

  1.  サグーワークス
  2.  shinobiライティング
  3.  ランサーズ
  4.  クラウドテック

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 サグーワークス

sagoo

記事の作成に特化したクラウドソーシングです。204,807人のライターが登録されており、月間で最高の獲得報酬額は、702,173円(2018年実績)です。

説明文の作成といった簡単な仕事から、長文コラムの作成といった本格的な仕事まで、多種多様な仕事が用意されています。募集している案件も1,332件と豊富です。(2018年9月)

サグーワークスを見る

 

1.2 shinobiライティング

shinobi

ライティングに特化したクラウドソーシングです。436,664人のライターが登録されており、4,665,473の記事がやり取りされています。(2017年12月時点)

記事を作成するためのツールやチェックするツールが用意されており、初心者でもライティングを始めやすい仕組みが用意されています。

Shinobiライティングを見る

 

1.3 ランサーズ

lancers-1

日本最大級のクラウドソーシングサイトで、ライティングだけで、662,274件の仕事があります。(2018年9月6日時点)

ブログの記事や、体験談、Webサイト、メルマガや資料の作成、レポートや論文作成といった仕事があります。

Lancersで仕事を見る

【参考記事】 ・ ランサーズの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説【2018年】

 

1.4 クラウドテック

crowd-tech

フリーランス向けの仕事紹介サイトです。月額で30万円以上の案件が多数登録されています。福利厚生などにも力をいれており、収入や生活を安定させたい場合には、検討したいサイトです。

クラウドテックを見る

【参考記事】 ・ クラウドテックの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説【2018年】

 

2. ライターの報酬

fee-for-web-writing

ライティングの報酬は、1文字0.2円~3円程度といわれています。やはり、記事のコンテンツやジャンル、募集サイトによって単価に違いがでます。

案件としては「500文字の記事を5個単位」や「1000文字の記事を1個単位」で依頼されることが多いです。全体的にシュフティは単価が安めです。一方、ランサーズは単価が高い案件もあります。

ただ、初心者にとっては、実績を積むのが重要ですので、最初はある程度安くても仕事を請けて、徐々に単価を上げていくのが妥当です。

 

3. ライティングのコツ

how-to-choose-the-right-tool-for-web-writing

Webライティングの記事は、雑誌と異なり、Webサイトは検索して見てもらう必要があるため、読者が検索するキーワードを選び、そのキーワードを盛り込んだ文章を書く必要があります。

では具体的に、どんな方法でキーワードの候補を探し、Webコンテンツのどこにそのキーワードを盛り込めばいいのでしょうか。

キーワードを探すのに便利なツール、キーワードの探し方、盛り込み方をご紹介します。

 

3.1 便利ツール

tools

書籍と異なり、ウェブコンテンツは検索でひっかからないと、読んでもらえません。

そのため読者が「どんなキーワードで検索するか」を考える必要があります。たとえば、「お好み焼きの作り方」に関する記事を書く場合、読者がどんなキーワードで検索をするのかを考えます

(例) お好み焼き 作り方、お好み焼き レシピ

そして「検索する人の数」「競合する記事の数」という2つの観点で、キーワードを調べます。できれば「検索数が多いが、競合する記事がない」そんなキーワードを見つけたいところです。

なお、キーワードを探すときには、次の3つのツールを使います。

では、具体的に3つのツールを使って、キーワードの探し方をご紹介します。

なお、3つのツールの始め方や基本的な使い方は下の記事が参考になります。
【参考】・ 【2017年版】GoogleAdwordsキーワードプランナーの使い方とキーワード選定方法
    ・ goodkeywordの使い方
    ・ 無料SEOキーワード選定ツールrisirikonbu(りしりこんぶ)の使い方

 

3.2 キーワードの探し方

今回は、「お好み焼き 作り方」を例にとって、適切なキーワードの探し方をご紹介します。

まず、Googleキーワードプランナーを利用して、「お好み焼き 作り方」で検索をします。その結果、月間で1万人以上の方が検索していると確認できました。

keywordplanner

需要が大きいキーワードで魅力的ですが、どの程度の記事が掲載されているのでしょうか。

無料SEOキーワード選定ツールにキーワードを入力し、調べます。

rishinbo

すると、難易度が44と高く、あまりオススメできません。(できれば30以下を目指したいところです。)そこで、他に適切なキーワードがないかを調べます。

ここで、goodkeywordsにキーワードを入力し、そのキーワードに関連するキーワードを探します。メインのキーワードを入力すると、それに関連するキーワードが表示されます。

goodkeyword

すると、「お好み焼き 作り方 フライパン」というキーワードが候補として挙がったとします。

そこで、このキーワードで調べる人の数競合する記事の状況を調べます。再び、キーワードプランナーで調べ、月間10~100人の方が検索していると確認できます。

keywordplanner2

たしかに、検索の数は多くはありませんが、他に掲載している記事が少なければ検討の余地はあります。次に、無料SEOキーワード選定ツールで確認すると、難易度が6と表示されました。

rishinbo2

この難易度であれば、上位に表示される可能性が高いため、キーワードとして有力な候補となりえます。このように、3つのツールを駆使して、適切なキーワードを選びます。

 

3.3 文章

キーワードが決まったら、そのキーワードを次の4箇所に埋めます。

  •  記事のタイトル
  •  概要(discription)
  •  見出し
  •  本文

タイトルと概要(discription)は、検索エンジンの検索結果に表示されます。(下記参照)そのため、読者が読むかどうかに大きな影響を与えます。たとえば、「お好み焼き 作り方 フライパン」をGoogleで検索をすると、次のように表示されます。

タイトルは赤枠の箇所であり、概要(discription)は緑色の箇所になります。

title-description

とくに概要(discription)は、検索のキーワードに合致する箇所は太字で表示されるため、よりクリックしてもらえます。そのため、タイトル、概要にキーワードを盛り込むことが大事です。

 

まとめ

本記事は、ライターで副業をする方(未経験者)向けに、仕事を探す方法、ライターの報酬、記事を書くときのテクニックなどの基礎知識をご紹介しました。

なお、副業の探し方やクラウドソーシングの比較などを別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 副業で稼ぐ!22種類の副業の仕事内容と収入の目安などの基礎知識
       ・ 在宅ワークの種類!10種類の仕事内容と報酬金額を掲載
       ・ 代表的なクラウドソーシング12社を徹底比較!【2017年版】

500mailsのFacebookページでは副業や開業に関する便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です