reputation-of-gmocloud

GMOクラウドサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!

Pocket

GMOクラウドサーバーは人気のレンタルサーバーですが、使いやすさや評判はどうでしょうか。

月額934円200GBのディスクを利用できます。管理ツールは使いやすく、WordPressを簡単にインストールできます。さらに、SLAを導入しており、稼働率が100%未満の場合、返金されます。

一方で、登録できるドメイン数データベース数に上限がある点と、自動バックアップを行う場合には、追加費用が発生する点は注意が必要です。

本記事は、GMOクラウドサーバーの使い勝手と評判をご紹介します。

 

1. GMOクラウドサーバーの便利な点

advantage-of-gmo-cloud

GMOクラウドサーバーの便利な点は4つあります。

  1.  マルチドメインに対応しており、複数のデータベースを作れる
  2.  SLA(サービス品質保証)100%を導入している
  3.  WordPressのインストールが簡単である
  4.  電話によるサポートを受けられる

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 マルチドメインとデータベース

how-to-turn-new-customers-into-repeat-customers

ホームページやブログ、ネットショップなど複数のWebサイトを運営するためには、複数のドメインを登録できると便利です。GMOクラウドサーバーは60個以上のドメインを登録できます。

プラン ミニ レギュラー プロ
登録できるドメイン数 60個 90個 120個

WordPressを導入するときはデータベースが必要で、さらに、検証環境を作る場合には、2つ以上のデータベースが必要です。GMOクラウドサーバーは100個以上のデータベースを作れます。

プラン ミニ レギュラー プロ
データベース数 100個 150個 200個

 

1.2 SLA(サービス品質保証)

advantage-of-gmo-cloud-is-availability

GMOクラウドサーバーは、SLA(サービス品質保証)100%を保証しています。Webサーバー、メールサーバー、データベースサーバーでダウンタイムが発生した場合には、返金が発生します。

サーバーはもちろん、ネットワークも冗長構成の仕組みを採用しており、障害が発生する可能性のある箇所を全て2重化しています。

なお、GMOクラウドサーバーは、サーバーの稼働率を実績データとして公開しています。

gmo-cloud-server-availability

GMOクラウドサーバー(公式サイト)で詳細を確認する 

 

1.3 WordPress

advantage-of-gmo-cloud-is-easy-to-install-wordpress

GMOクラウドサーバーは画面上の指示に従うことで、簡単にWordPressをインストールできます。次の手順で行えます。

(手順1)WordPressの「インストール」を選びます。

gmo-cloud-plan-manager-wordpress-install

(手順2)WordPressのインストール先を選びます。

gmo-cloud-install-directory

(手順3)データベース情報を入力します。

gmo-cloud-install-database-info

(手順4)入力内容をチェックし、「インストール」を選びます。

gmo-cloud-install-database-confirmation

(手順5)インストール完了画面が表示されたら、URLをクリックします。

gmo-cloud-install-complete

(出典: GMOクラウドサーバー ホームページ

 

1.4  電話サポート

advantage-of-gmo-cloud-is-tel-support

サーバーにおける設定作業が分からないときや、メールが送れないときなど、できれば電話で問合せをしたいところです。

格安のレンタルサーバーのなかには、Webフォームやメールによる問合せしか受け付けていない場合がありますが、GMOクラウドサーバーは電話による問合せにも対応しています。

なお、問合せ可能な時間は、平日の10:00〜18:00となっています。

 

2. GMOクラウドサーバーの不便な点

disadvantage-of-gmo-cloud

前章では、GMOクラウドサーバーの便利な点をご紹介しました。次に、評判と異なり、GMOクラウドサーバーの不便な点をご紹介します。

  1.  料金が安くはない
  2.  自動バックアップは有償である

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 料金

disadvantage-of-gmo-cloud-is-fee

GMOクラウドサーバーの料金プランは3種類があります。 最安でも月額934円~となるため、格安のレンタルサーバーを導入したい場合には、他のレンタルサーバーも検討したいところです。

プラン ミニ レギュラー プロ
料金 934円 1,410円 2,362円
ディスク容量 200GB 400GB 600GB
登録できるドメイン数 60個 90個 120個
データベース数 100個 150個 200個

なお、法人のレンタルサーバーのなかには、ドメイン数やデータベース数が無制限のサービスもあります。ご参考までに、他のレンタルサーバーとの比較もご紹介します。

◆ CPIサーバー

プラン ACE01
料金 3,800円
ディスク容量 無制限
登録できるドメイン数 無制限
データベース数 無制限

【参考記事】 ・ CPIサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

◆ シックスコア

プラン スタンダード ビジネス プレミアム
月額料金 397円 785円 3,167円
ディスク容量 120GB 240GB 500GB
登録できるドメイン数 無制限 無制限 無制限
データベース数 無制限 無制限 無制限

【参考記事】 ・ シックスコアの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

2.2 自動バックアップ

disadvantage-of-gmo-cloud-is-costful-for-backup-automatically

GMOクラウドサーバーは、自動でバックアップを取得してもらうサービスがあります。容量は無制限であり、最大7世代前まで、別の拠点のサーバーにバックアップを保存できます。

gmo-cloud-backup-option

【出典:GMOクラウド バックアップ

保存する場所が遠隔地となるため、万一、地震などの天災が発生した場合にでも、 問題なくデータを保管することができます。

さらに、データを復旧するときには、自力で復旧することができます。 ただし、自動バックアップをする際には、別途オプション費用が必要となります。

◆ オプション費用

プラン ミニ レギュラー プロ
月額料金 700円 1,000円 1,400円

 

まとめ

本記事は、GMOクラウドサーバーの使い勝手と評判をご紹介しました。なお、他のレンタルサーバーに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】・ ヘテムルの使い勝手と評価!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ wpXレンタルサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!
      ・ WADAXの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ エックスサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です