reputation-of-kagoya-vps

カゴヤ(KAGOYA)VPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底比較!

Pocket

カゴヤ(KAGOYA)VPSは人気のVPSサービスですが、使いやすさや評判はどうでしょうか。

Open VZKVMという2つのサービスがあります。Open VZは、初心者向けで、月額864円で利用でき、HDDあるいはSSDを選べます。

一方、KVMは、大規模サイト向けで、月額648円で利用でき、全てSSDを利用できます。

なお、他のレンタルサーバーより料金が高めな点と、支払い方法が限定されている点は注意が必要です。そこで、カゴヤVPSを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、カゴヤ(KAGOYA)VPSの使い勝手と評判をご紹介します。

 

1. カゴヤ(KAGOYA)VPSの便利な点

advantage-of-kagoya-vps

カゴヤ(KAGOYA)VPSの便利な点は2つあります。

  1.  1つの契約で2つの基盤が利用できる
  2.  電話のサポートがある

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 2つの基盤

advantage-of-kagoya-vps-is-to-use-kvm-and-open-vz-plan

KAGOYA vpsはOpen VZKVMという、2種類の基盤があります。

2type-of-plan-kagoya-vps

◆ KVM

KVMは、短時間にアクセスが集中する大規模サイト向けのサービスで、ロードバランサ―を利用し、複数のサーバーでローカルネットワークを構築できます。

ストレージはすべてSSDを採用し、高速処理が行われます。ただ、再起動には1分程度必要となり、スペックを変更するときには、1分程度のサーバーの停止が必要です。

料金プランは6つのプランがあり、値段は高めです。

kvm-price-list2

KAGOYAのVPSで最新の料金プランを確認する

◆ Open VZ

Open VZは、再起動が5秒程度と速く、無停止でスペックを変えられます。ストレージは、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)かHDD(ハードディスク)のいずれかを選べます。

ディスク容量を減らすこともでき、柔軟に料金プランを変えられます。料金プランは6つのプランがあり、値段は安めです。

open-vz-price-list

KAGOYAのVPSで最新の料金プランを確認する

大規模サイトを運営したい場合にはKVMを選び、値段をおさえて利用したい方の場合はOpen VZがオススメとなります。

なお、KAGOYAのVPSサービスは、1つの契約でOpenVZとKVMの2つの基盤を使えます

 

1.2 電話のサポート

advantage-of-kagoya-vps-is-tel-support

VPSサービスを利用しているなかで、サーバーの設定方法に関する不明点や、障害などの問合せをしたい場合に電話でやり取りができると助かります。

VPSサービスのなかには、ServersMan@VPSのように、電話によるサポートを受付けていない場合があります。一方、KAGOYA VPSは電話によるサポートに対応しているため助かります。

平日、土日、祝日でサポートが受けられ、平日は10:00~22:00、土日祝は 10:00~17:00にサポートを受付けられます。混雑状況もネットで公開されており、朝一番と夕方から夜が混雑しています。

kagoya-vps-tel-support

 

2. カゴヤ(KAGOYA)VPSの不便な点

disadvantage-of-kagoya-vps

前章では、KAGOYA VPSの便利な点をご紹介しました。次に、評判とは異なり、KAGOYA VPSの不便な点をご紹介します。

  1.  料金は安くはない
  2.  支払い方法が限られている

それぞれを詳細に説明します。

 

2.1 料金

disadvantage-of-kagoya-vps-is-fee

KAGOYA VPSの料金プランは、他のVPSと比較した場合に安くはありません。 たとえば、ドリーム・トレイン・インターネットが運営するServersMan@VPSと料金プランを比べました。

  KAGOYA VPS   ServersManのVPS
  KVM Open VZ  
月額費用 648円 864円 467円 
初期費用 無料 無料 無料
ディスク容量 20GB 200GB 50GB
メモリ 1GB 1GB 1GB

KAGOYAのVPS(公式サイト)で料金プランを確認する

KVMとOpen VZは、最安のプランでも月額648円かかります。一方、ServersManのVPSは月額467円から利用できます。そのため、とにかくコストを抑えたい場合には、他のVPSサービスも検討したいところです。

【参考記事】 ・ ServersMan@VPSの使い勝手と評判!【2018年度】

 

2.2 支払い方法

disadvantage-of-kagoya-vps-is-limited-payment-way

KAGOYA vpsは、支払い方法がクレジットカード口座振替と限定されています。そのため、(学生など)手軽にVPSサービスを利用したい場合には、他のVPSサービスも検討したいところです。

◆ 主要なVPSサービスの支払い方法

支払い方法 KAGOYA VPS ConoHa VPS さくらのVPS ServersMan VPS
クレジットカード
口座振替
Amazon      
コンビニ払い      
銀行振込    
PayPal      
Alipay      

 

まとめ

本記事は、KAGOYA vpsの使い勝手と評判をご紹介しました。なお、他のVPSサービスに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】 

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です