reputation-of-online-dhw-min

デジハリオンライン(ネット動画クリエイター講座)の評判!良い点・悪い点


デジハリオンラインのネット動画クリエイター講座は、デジタルハリウッドの映像制作講座ですが、評判はどうでしょうか。

AdobeのAfter EffectsPremiere、モーショングラフィックスなどの技術的なスキルだけでなく、マーケティング講座や、動画のシナリオ作りなど幅広い分野を学べます。

一方で、受講料が281,600円とまとまった金額がかかる点と、電話による質問はできない点は注意が必要です。

そこで、デジハリオンラインのネット動画クリエイター講座を利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、デジハリオンラインのメリット・デメリットをご紹介します。

 

1. デジハリオンラインのメリット

advantage-of-online-dhw

デジハリオンラインのネット動画クリエイター講座は、デジタルハリウッドの映像制作講座です。メリットが4つあります。

  1.  幅広い分野を学べる
  2.  体験動画を見てから申し込める
  3.  課題を添削してくれる
  4.  案件を紹介してくれる

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 学習内容

curriculum-of-online-dhw

デジハリオンラインのネット動画クリエイター講座では、動画編集の技術面だけでなく、ネット動画のマーケティングや効果検証、シナリオ作りなど、より幅広い分野を学べます。

◆ 講座内容

After Effects/Premiere実習 Premiere基礎(シーケンス、トランジション、タイトルとBGM、色調補正)
  ロゴアニメーション(アンカーポイント、イージング、空間・時間補完など)
  写真アニメ(トラックマット、レイアウト、カットの配置、映りこみ)
  YouTube風動画( デュレーション、テロップ、タイトル、BGMなど)
  モーショングラフィックス(テキストアニメーション、アニメーション)
  3D(カメラアニメーション、被写界深度、アニメ実践)
モーショングラフィックス テキストアニメーション、3Dレイヤー、カメラ、キャラクターアニメーション
  アニメーションカーブ、キーイングとトラッキング、マスクパスなど
  エクスプレッション、プラグイン、フライヤーデータで映像を作る
Illustrator/Photoshop実習 Illustrator(アイコン作成、レイヤー、文字の入力、オブジェクトの変形など)
  Photoshop(基本操作、画像の補正、画像の加工、文字の入力)
ネット動画マーケティング実践 動画の配信、広告、動画を進める流れ、バイラル、効果検証、著作権
シナリオライティング アイデアの出し方、企画書、ユーザーのスマホ動画視聴状況

ネット動画クリエイター講座を確認する

 

1.2 体験動画

trial-Movie-of-online-dhw

デジハリオンラインのネット動画クリエイター講座では、それぞれの講座について、体験動画を見られます。そのため、講師の話し方や教え方をチェックしてから、申し込みができます。

◆ After Effects/Premiere 実習

◆ モーショングラフィックス

◆ Illustrator/Photoshop実習

◆ ネット動画 マーケティング実践

◆ ネット動画 シナリオライティング講座 

 

1.3 サポート

support-of-online-dhw

デジハリオンラインのネット動画クリエイター講座では、講師に質問ができます。さらに、授業中に作成した課題を講師が添削をしてくれます。

講座内で作成する作品例が紹介されています。

◆ フライヤーデータで映像を作る

Illustratorで作成したチラシをもとに、動画を作ります。キャラクターやロゴなどのデータを使って、より動きのある動画を作ります。

そのため、一方的に授業内容を聞くだけでなく、自分の成果物をアウトプットした内容をチェックしてくれるので、理解度があがります。

 

1.4 案件

business-matching-of-online-dhw

デジハリオンラインは、受講後、フリーランスの案件を紹介してもらえます。未経験OKな案件もあるため、学んだことをもとに案件を獲得し、確実にスキルアップをしていけます。

たとえば、デジタルハリウッド生だけが使える、就転職情報サイトXworksが利用できます。

◆ Xworks

xworks-min

フリーランスや、業務委託、正社員、派遣社員などの求人情報が掲載されています。デジタルハリウッドの受講生、卒業生が利用できます。

キャリアサポートや福利厚生サービスもあり、賠償責任補償や所得補償制度などもあります。さらに、案件をチェックしてみたところ、動画編集クリエイターの案件が掲載されています。

xworks-details-min

Xworks 

 

2. デジハリオンラインのデメリット

disadvantage-of-digital-Hollywood-online

前章では、デジハリオンライン(ネット動画クリエイター講座)のメリットをご紹介しました。次に、評判と異なり、デジハリオンラインのデメリットをご紹介します。

  1.  受講料が281,600円である
  2.  電話では質問できない

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 受講料

fee-of-digital-Hollywood-online

デジハリオンラインのネット動画クリエイター講座は受講料が281,600円です。

そのため、初期にまとまった金額が必要となるため、より低コストで学習をしたい方は別のオンラインスクールの検討も一つです。

【参考記事】 ・ 動画編集のオンラインスクールおすすめ10選を比較!(無料あり)

 

2.2 電話

tel-support-of-Hollywood-online

デジハリオンラインのネット動画クリエイター講座では、電話による質問はできません。

また、受講期間終了後は、学習内容について質問できないので、期間中に余裕をもって進める必要があります。

 

まとめ

本記事は、デジハリオンラインのメリット・デメリットをご紹介しました。

おさらいをすると、デジハリオンラインのネット動画クリエイター講座のメリットは4つあります。

  1.  幅広い分野を学べる
  2.  体験動画を見てから申し込める
  3.  課題を添削してくれる
  4.  案件を紹介してくれる

一方、デメリットは2点あります。

  1.  受講料が281,600円である
  2.  電話では質問できない

そのため、次のような方にはおすすめできます。

  • 動画制作から編集、広告まで幅広い分野を学べたい方
  • 案件を紹介してもらいたい方

一方、次のような方にはおすすめできません。

  • 月額数千円で始めたい方
  • 電話やビデオチャットで色々質問したい方

なお、他の動画編集に関するオンラインスクールを別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 動画編集のオンラインスクールおすすめ10選を比較!(無料あり)
       ・ テックアカデミー(動画編集コース)の評判!口コミの良い点・悪い点
       ・ 動画編集のスクール MovieHacksの評判!口コミの良い点・悪い点
       ・ 動画編集スクール FIVE G TOKYOのメリット、デメリット
       ・ MOOV SCHOOLの評判・口コミ!メリット・デメリットを紹介
       ・ 副業の学校(動画クリエイター講座)の評判!メリット・デメリットを解説
       ・ Webマーケティングスクールおすすめ10選を比較!(無料あり)

500mailsのFacebookやTwitterでは、起業・副業に役立つ情報を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です