reputation-of-tranbi

トランビ(TRANBI)の使い勝手と評判!便利な点と不便な点をご紹介


トランビは、事業承継やM&Aのマッチングサイトですが、その使い勝手や評判はどうでしょうか。

案件が1,000件以上と豊富で、飲食店や小売、ものづくりやウェブサイトと業種は多岐にわたります。さらに、売り手は無料、買い手は3%の手数料と安く、コストを抑えてM&Aをできます。

一方、希望に合う案件を自分で探す必要がある点と、本人確認ができていない利用者がいる点は注意が必要です。そこで、トランビを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、トランビ(TRANBI)の使い勝手と評判をご紹介します。

 

1. トランビの便利な点

advantage-of-tranbi

トランビの便利な点は4点あります。

  1.  案件が豊富である
  2.  手数料が安い
  3.  匿名で掲載できる
  4.  M&Aの専門家を利用できる

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 案件

work-list-of-tranbi

トランビは豊富なM&A案件が登録されており、2019年8月17日時点で1,619件の案件が掲載されています。業種も多岐にわたり、飲食店ものづくりウェブサイトなど様々な案件があります。

飲食店 269件
ウェブサイト 277件
商社・小売・流通 222件
ホテル・旅館・温泉 81件
ものづくり・メーカー 119件
医療・介護 144件
住宅・不動産・建設 101件
教室・教育・ノウハウ 102件
金融・サービス・その他 304件
合計 1,619件

トランビの案件を見る

また、日本全国の案件を扱っており、海外の案件もあります。

関東・甲信越 616件
近畿 156件
中部・北陸 124件
九州・沖縄 103件
中国・四国 52件
海外 41件
東北 40件
北海道 39件
その他 26件

売り手は、平均10日間で11社の買い手が見つかっています。多くの買い手を見つけることで、より好条件で事業を売るチャンスを得られます。

 

1.2 手数料

fee-of-tranbi

トランビは、手数料が安く、売り手や買い手の負担をかけずに、M&Aの売買を行えます。

  買い手 売り手
成約前 無料 無料
成約後 3% 無料

トランビの手数料を見る

売り手は、成約日から7営業日以内に、トランビ側に成約を報告すれば、無料で利用できます。

但し、期限を過ぎて報告した場合には、成約手数料が発生したり、遅延損害金が発生する可能性があるため、注意が必要です。

 

1.3 匿名の掲載

Anonymous-register

トランビは、社名を出さずに、匿名で案件を掲載できます。そのため、従業員や取引先に伝えることなく、自社の売却を進められます。

そして、買い手から実名交渉の申請があったタイミングで、買い手の社名と担当者を知れ、実名交渉に適していると判断した段階で、自社の実名を伝えることができます。

なお、実名交渉を申請する段階で、トランビとの秘密保持契約に同意する必要があります。

 

1.4 M&A専門家

m&a-specialists

M&Aを行うにあたり、専門家にサポートしてもらいたい場合もあります。トランビは、M&Aの専門家にM&Aの準備や交渉成立までの作業を代行するサービスを用意しています。

専門家におまかせするプランとしては、2種類のサービスがあります。

  •  コーディネーターコース
  •  FAコース

コーディネーターコースは、匿名交渉までをサポートしてくれる内容であるのに対し、FAコースは、交渉成立までのフェーズをサポートしてくれます。

サービス コーディネーターコース FAコース
サービス内容 ユーザー登録
案件検索・登録
匿名交渉サポート 
準備から交渉成立まで 
料金(売り手) 初期費用10万円
月額5万円
300万円 
料金(買い手)  初期費用5万円
月額5万円
300万円 

トランビのサービスメニューを見る

専門家に相談するプランとしては、2種類あります。

  •  会計士コース
  •  会計士・弁護士コース

M&Aと会計財務法務に関する知見を持つ専門家を探すのは容易でなく、トランビで実績のある専門家を利用できるのは便利です。

サービス   会計士コース 会計士・弁護士コース
サービス内容 売り手 価値算定
契約書チェック
価値算定
契約書作成
  買い手 財務調査
価値算定
契約書チェック
財務調査
法務調査
価値算定
契約書作成
料金 売り手 60万円 80万円
  買い手 150万円 200万円

サービスの利用の仕方としては、トランビに相談をして、専門家を選び、それから専門家と相談する流れとなります。

 

2. トランビの不便な点

disadvantage-of-tranbi

前章では、トランビの便利な点をご紹介しました。次に、評判とは異なり、不便な点をご紹介します。

  1.  希望に合う案件を自分で探す必要がある
  2.  すべてのユーザーが本人確認できているわけではない

それぞれを詳細に説明します。

 

2.1 探す手間

search-time

トランビは、M&Aの案件を仲介するプラットフォームという位置付けであり、個々の案件について
具体的に紹介するサービスはありません。

そのため、自分の希望の条件にあう案件を自力で探す必要があります。

ただし、ユーザー登録をすることで、自分の希望の条件に合致した案件を、メールで通知してもらう機能があります。そのため、サイトに日々アクセスしなくても、新着情報を取得できます。

 

2.2 本人確認

user-identification

トランビは、すべてのユーザーの本人確認をしているわけではありません。そのため、本人確認ができている方の案件のほうが、より安全に取引できる可能性があります。

なお、トランビでは、本人確認として、次のような資料を求めています。

  •  履歴事項全部証明書
  •  名刺
  •  本人確認書類(運転免許証、健康保険証または被保険者証、パスポートのいずれか)

 

まとめ

本記事は、トランビの使い勝手と評判をご紹介しました。

おさらいをすると、トランビのメリットは4点あります。

  1.  案件が豊富である
  2.  手数料が安い
  3.  匿名で掲載できる
  4.  M&Aの専門家を利用できる

また、トランビのデメリットは2点あります。

  1.  希望に合う案件を自分で探す必要がある
  2.  すべてのユーザーが本人確認できているわけではない

なお、M&Aや事業承継に関するサイトを別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 事業承継・M&Aマッチングサイトの一覧!国内22サイトをご紹介【2019年】

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です