reputation-of-wpx-cloud

wpXクラウドの使い勝手と評判!便利な点と不便な点【2018年】

Pocket

wpXクラウドは人気のクラウドサービスですが、使いやすさや評判はどうでしょうか。

月額500円10GBのSSDを利用できます。管理ツールは使いやすく、WordPressを簡単にインストールできます。また、自動バックアップを利用でき、電話によるサポートも受けられます。

一方で、複数のドメインを登録できない点とメール機能がない点は注意が必要です。そこで、wpXクラウドを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、wpXクラウドの使い勝手と評判をご紹介します。

 

1. wpXクラウドの便利な点

advantage-of-wpx-cloud

wpXクラウドの便利な点は6点あります。

  1.  料金が安い
  2.  簡単にキャパシティを増やせる
  3.  WordPressのインストールが簡単である
  4.  自動でバックアップしてくれる
  5.  サポートが充実している
  6.  高速SSDを利用できる

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 料金

advantage-of-wpx-cloud-is-low-price

wpXクラウドは月額500円から利用できるクラウドサービスです。想定されるアクセス数(PV数)やディスク容量によって、料金プランを選びます。

◆ wpXクラウド料金プラン

グレード A B C D E F X
月額料金 500円 1,000円 3,000円 5,000円 10,000円 30,000円 50,000円
容量 10GB 20GB 30GB 50GB 100GB 150GB 250GB
想定PV数(月間) 30万 50万 150万 250万 500万 1,500万 2,500万

wpXクラウドの最新の料金プランを確認する

最初、アクセス数が期待できない場合はグレードAで始め、その後アクセス数が増えた段階で、段階的にプランを変更できるのが特徴です。さらに、無料で独自SSLを利用できます。

 

1.2 キャパシティ

advantage-of-wpx-cloud-is-easy-to-change-capacity

wpXはサイトの規模が大きくなったり、アクセス数が増えた場合に、簡単にキャパシティを増やせます

具体的には、管理ページから「グレードの変更」を選び、「グレードの変更申請フォーム」を選びます。その後、サーバーIDとグレード、ご契約期間を選ぶことで、キャパシティを変えられます。

wpx-cloud-wordpress-grade-change

 

1.3 WordPress

advantage-of-wpx-cloud-is-easy-to-install-wordpress

レンタルサーバーでWordPressをインストールするときには、データベースをインストールしたり、細かい設定作業をする必要がある場合があります。

一方、wpXクラウドは細かい設定作業は不要で、簡単にWordPressをインストールできます。

◆ WordPressのインストール手順

(手順1)管理画面から「新規インストール」を選びます。

wps-cloud-wordpress-install-top

(手順2)サイトアドレス、WordPressID、ブログタイトルなどを登録します。

wpx-cloud-wordpress-install

(手順3)インストールが完了した旨、メッセージが表示されたら、ブログURLにアクセスします。

wpx-cloud-wordpress-install-complete

(手順4)ブログが作成されています。

wpx-cloud-wordpress-blog

 

1.4 自動バックアップ

advantage-of-wpx-cloud-is-auto-backup

wpXクラウドは自動でWordPressのデータをバックアップしてくれます。

バックアップは1日1回、過去14日間分のデータを取得・保存しています。そして、バックアップの状況が表示されます。

wpx-cloud-wordpress-auto-backup

なお、バックアップデータを復元するときには、復元したい日付を伝えます。

具体的には、管理画面から「バックアップデータのお申し込み」を選び、「サーバーID」と「対象日」を選ぶことでデータが復元されます。

wpx-cloud-wordpress-restore

そのため、万一誤ってデータを消失した場合にも簡単にデータを復元できます。

 

1.5 サポート

advantage-of-wpx-cloud-is-tel-support

ホームページがアクセスできない場合や、サーバーの設定に不明点がある場合に、メールによる問合せでは一度にいろいろなことを聞けないため、作業が滞る場合があります。

wpXは電話のサポートを受付けているため助かります。一番安いプランでも電話のサポートを受け付けており、サーバーの設定に自信の無い方でも利用しやすいです。

 

1.6 高速

reputation-of-mixhost

wpXクラウドは、SSD(ソリッドステートドライブ)を採用しています。

通常のディスクドライブは回転するディスクにデータの読み書きをするのに対し、SSDはUSBメモリーのようにメモリーチップに読み書きをします。

what-is-ssd

【出典: Belportホームページ

そのため、一般的なハードディスクより圧倒的に速く読み書きが行われます。

さらに、HTTP/2という技術を利用しています。通常は、1つのリクエストに対して、1つずつ処理を行っていきます。一方、HTTP/2の場合には複数のリクエストを並列処理できます。

http2

【出典: wpXクラウドホームページ

 

2. wpXクラウドの不便な点

disadvantage-of-wpx-cloud

前章では、wpXクラウドの便利な点をご紹介しました。次に、評判とは異なり、wpXクラウドの不便な点をご紹介します。

  1.  マルチドメインには対応していない
  2.  メール機能はない

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 マルチドメイン

disadvantage-of-wpx-cloud-is-not-to-adapt-for-multi-domain

wpXは、マルチドメインに対応していません。そして、WordPressを設置できる個数も一つです。
そのため、複数のWebサイトを作りたい場合には、wpXクラウドはお勧めできません。

wpXクラウドの機能一覧を確認する

むしろ、他のレンタルサーバーのほうが優れています。ご参考までに他のレンタルサーバーのドメイン数をご紹介します。

◆ 他のレンタルサーバー

サーバー種類 月額料金 ドメイン数
さくらのレンタルサーバー(スタンダード版) 515円 20個
エックスサーバ(X10) 900円 無制限
ロリポップ(スタンダード版) 500円 100個
wpXレンタルサーバー 1000円~ 10個

【参考記事】 ・ さくらのレンタルサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!
       ・ エックスサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ ロリポップの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

2.2 メール

disadvantage-of-wpx-cloud-lacks-of-mail-function

wpXクラウドは、メール機能を持っていません。そのため、メールアカウントを自分で作成したい場合には、他のレンタルサーバーの検討をしたいところです。

たとえば、wpXレンタルサーバーであれば、メール機能を保持しているため、自分のメールアドレスを作ることができます。

 

まとめ

本記事は、wpXクラウドの使い勝手と評判をご紹介しました。なお、他のレンタルサーバーについては別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ さくらのレンタルサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!
       ・ エックスサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ ロリポップの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です