reputation-of-zenlogic

Zenlogicの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!【2018年】

Pocket

Zenlogicは人気のレンタルサーバーですが、使いやすさや評判はどうでしょうか。

月額890円から300GBのディスクを利用できます。管理ツールは使いやすく、WordPressのインストールは簡単です。また、電話やチャット、対面によるサポートが受けられます。

一方で、障害が多い点と、契約期間中は下位プランに変更できない点は注意が必要です。そこで、Zenlogicを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、Zenlogicの使い勝手と評判をご紹介します。

 

1. Zenlogicの便利な点

merits-of-zenlogic

Zenlogicの便利な点は3つあります。

  1.  コストパフォーマンスがいい
  2.  WordPressのインストールは簡単である
  3.  サポートが豊富である

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1  料金プラン

reasonable-price

Zenlogicの料金プランは8種類あります。

プラン プランS プラン1 プラン2 プラン3 プラン4 プラン5 プラン6 プラン7
月額料金 890円 2,970円 4,770円 6,750円 8,370円 10,350円 12,330円 20,340円
CPU 1 1 2 2 4 4 4 4
メモリ 1GB 1GB 2GB 4GB 4GB 6GB 8GB 16GB
ディスク容量 300GB 1TB 1TB 1TB 1TB 1TB 1TB 1TB

Zenlogicは、月額890円で、300GBのディスクを利用できます。他のレンタルサーバーと比較すると、利用できるディスク容量、作成できるデータベース数が多いです。

◆ ディスク容量

サーバー名 プラン名 ディスク容量 利用料金
エックスサーバー X10 200GB 900円
ヘテムル ベーシック 200GB 800円
Zenlogic プランS 300GB 890円

◆ データベース数

サーバー名 プラン名 データベース数 利用料金
エックスサーバー X10 50個 900円
ヘテムル ベーシック 70個 800円
Zenlogic プランS 無制限 890円

【参考記事】 ・ エックスサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ ヘテムルの使い勝手と評価!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

1.2 WordPress

wordpress-installation

Zenlogicは、管理画面が使いやすいです。WordPressなどのCMSも簡単にインストールできます。具体的な手順をご紹介します。

(手順1) 管理画面の「簡単インストール」から「インストール」をクリックします。

zenlogic-management-screen

(手順2)WordPress管理者ユーザー名、パスワードを入力します。

zenlogic-management-wordpress-install

(手順3)データベース名、パスワードを入力します。

zenlogic-management-wordpress-install-database

(手順4)インストールするディレクトリを指定します。

zenlogic-management-wordpress-install-website

(手順5)インストール完了画面が表示されます。

zenlogic-management-wordpress-install-complete

(手順6) ブログのTOP画面が表示されます。

zenlogic-management-wordpress-install-complete-screen

 

1.3 サポート

variety-support

Zenlogicは、電話、チャット、メールによるサポートを受付けています。電話は、平日の9時~18時に問合せができます。また、メールは24時間365日受付けています。

zenlogic-contact

また、電話で解決できない場合には、無料で対面サポートを受けられます。一緒に管理画面を見ながら操作方法を教えてくれるサービスです。

zenlogic-cafe

また、作業にかける時間が限られている場合には、作業の代行を依頼できます。

zenlogic-operational-support

他のレンタルサーバーでは、サーバーの設定を代行してくれるサービスは少ないため、初心者にとっては、魅力的なサービスです。

 

2. Zenlogicの不便な点

demerits-of-zenlogic

前章では、Zenlogicの便利な点をご紹介しました。次に、評判と異なり、Zenlogicの不便な点をご紹介します。

  1.  障害が多い
  2.  下位プランの変更は契約満了日以降

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 障害

letter-example-of-transfer

Zenlogicは障害が多いです。2018年6月1日~6月15日で6件の障害がありました。

日付 障害 理由
6月7日 メールの送受信、ホームページの閲覧、サーバーへのファイル転送、コントロールパネル操作の障害の利用不可 一時的な高負荷
6月9日 メールの送受信、ホームページの閲覧、サーバーへのファイル転送、コントロールパネル操作の利用不可 特定のお客様環境のシステム障害
6月11日 メールの送受信、ホームページの閲覧、サーバーへのファイル転送、コントロールパネル操作の利用不可 特定のお客様環境のシステム障害
6月12日 メールの送受信、ホームページの閲覧、サーバーへのファイル転送、コントロールパネル操作の利用不可 特定のお客様環境のシステム障害
6月13日 メールの送受信、ホームページの閲覧、サーバーへのファイル転送、コントロールパネル操作の利用不可 ストレージ・システムの一部でパフォーマンスが一時的に劣化したことに起因する高負荷
6月15日 「ジオトラスト クイックSSLプレミアム」(DV証明書)の取得不可 一時的な通信エラー

信頼性を求める場合には、他のレンタルサーバーの検討もしたいところです。

【参考記事】 ・ エックスサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ シックスコアの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説【2018年】

 

2.2 下位プランの変更

difficult-to-change-plan-to-lower-price

Zenlogicは下位プランに変更する場合には、契約満了日以降となります。そのため、サーバーの契約期間を12か月にすると、1年間は下位プランに変更できません。

サーバーのリソースの使用状況が読めない場合には、契約期間を1か月にするのも一つです。

zenlogic-apply

 

まとめ

本記事は、Zenlogicの使い勝手と評判をご紹介しました。なお、他のレンタルサーバーに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ JETBOYの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ GMOクラウドサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!
       ・ コアサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です