how-to-make-questionnaire-for-seminar

セミナーの企画術!成功させるための3つの知識

Pocket

セミナーを企画するときに、押さえておきたいポイントは何でしょうか。

セミナーを開催する目的テーマ、そして講演のストーリーを決めていく必要があります。そのためには、どのようなポイントを押さえればいいのでしょうか。

当記事では、セミナーの企画段階で押さえたい3つのポイントをご紹介します。

【参考文献】 セミナー講師の教科書 立石 剛  (著) 2016年

 

1.  セミナーの目的

homepage-steps

セミナーを開催するときには、まず目的(開催して達成したいこと)を決める必要があります。
よくある目的は次のようなものがあります。

  •  仕事の依頼が〇件発生する
  •  見積りの依頼が〇件発生する
  •  無料お試しやサンプルの申込が〇件発生する

セミナーの目的を「見積りの依頼がある」こととするならば、講義のなかで「商品を購入すると、どういったメリットがあるのか」を説明する必要があります。

このように、まずセミナーを開催して何を達成したいのか、開催の目的を決めます。

 

2.  テーマ

concept

セミナーの成否の鍵は「テーマ」です。

集客だけを目的とする場合、広めのテーマでよいのですが、代わりに来場者は想定した顧客とずれる可能性がでます。一方、テーマが絞り込みすぎると、集客が難しくなります。

また、次のような観点で考えると、集客しやすいテーマが見つかることがあります。

  1.  近未来の状況
  2.  一般的な顧客の課題と解決策
  3.  業界の動向
  4.  法改正などの時事ネタ

自社が展開している商材と、上記テーマとを組み合わせてテーマを設定してみてください。

例えば、相続税対策のコンサルティングをされている税理士の方であれば、タワー型マンション購入時の相続税対策 など、時事ネタを盛り込むことで集客しやすくなります。

 

3.  セミナーのストーリー

difference-between-mercari-and-yahoo-auction

1で決めた目的を達成するため、お客様がどんな心理になっていればいいのかを分析します。

例えば、お客様にサンプル品の申込みをいただくためには、お客様に次のような状態になっていただく必要があります。

  •  商品の必要性を理解しました。
  •  他の商品と比べて優れている点も理解しました。
  •  あとは使用感をチェックしてみたい。

上記のような心理状態になってもらうために、セミナーのストーリーを構成する必要があります。その際に重要なことが、セミナーの来場者がどういった知識をもち、何を知りたがっているのかを分析することです。

そして、ストーリーを組み立てるのです。たとえば、次のような手順でストーリーを作ります。

  1.  講義を通じて読者になってもらいたい状態を考えます。(ゴールを決めます)
  2.  受講者の状態を分析します。(受講者はどんな人で、何を知りたがっているか分析します)
  3.  どんな順番に、何を伝えるかを考えます。そのときに受講者の想定される反応を考えます。
  4.  3を通じて、1が実現できるかを考えます。

次のような体裁でメモ書きをして、ストーリーを作ってみましょう。

◆ シナリオ (ラフ案)

・ セミナーのゴール(例):  受講者は、〇〇を理解し、〇〇を購入したいと思っている
・ 今の受講者の状態(例): 受講者は、〇〇に興味があるが、〇〇に関する知識がない

No テーマ 伝える情報 読者の想定される反応
1 自己紹介、セミナーの概要 自己紹介、セミナーのメリット ためになりそうなセミナーだ!聞いてみよう!
2  問題提起 よくある悩み こういう悩みは確かにある。どうしたらいいのか? 
3  解決策の提示 解決策  いい解決策だ。でも、デメリットはないのか? 
・・・      
       

上のような表を、メモ書きでいいので書いてみて、それからストーリをくみ上げてください。

 

まとめ

成功するセミナー作りに向けて企画段階で考えたい3つのポイントをご紹介しました。3つのポイントを実践することで、セミナーの目的を達成できる可能性が高まります。

なお、セミナーの集客・運営に関してお役立ち情報を掲載しています。ぜひご覧ください。

【参考記事】 ・ セミナー開催の前日までに準備する物 ~チェックリストあり~
       ・ セミナーの受講者に送る案内メール ~送り方と文例~
       ・ セミナー・講師プロフィールの書き方 ~セミナーの集客術~
       ・ セミナー集客チラシ作り方 ~かんたんに作れる!便利な技~

 

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です