advantages-and-disadvantages-of-mercari

メルカリのメリットとデメリット!メルカリを使う前に知りたい5つの知識

Pocket

メルカリを利用するメリット・デメリットは何でしょうか。

商品を短時間で出品できたり、金銭トラブルが無いことや、出品して売れるスピードが速いなど、さまざまなメリットがあります。一方で、販売手数料売り出し価格が安いというデメリットもあります。

そこで、メルカリを利用する前に知っておきたいポイントを5つの基礎知識としてまとめました。

本記事は、メルカリに出品するメリットとデメリットをご紹介します。 

 

1. メルカリのメリット・デメリット (ヤフオクとの違い)

advantages-of-mercari

ネットオークションのヤフオク!と比べた場合に、メルカリは、どういうメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

1.1 メルカリのメリット

good

ヤフオクと比べた場合に、メリカリのメリットは3つあります。

  1.  手軽さ
  2.  金銭トラブルの無さ
  3.  出品して売れるスピードが速い

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1.1 手軽さ

convenience

メルカリは出品してみればすぐに分かりますが、スマートフォンで写真を撮って商品情報を入力して「出品ボタン」をタップするだけで、簡単に出品できます。

そのため、大量に不用品がある場合に、短期間で出品できてしまうという手軽さが売りです。 ヤフオクはパソコン上で商品を出品するまでの作業が煩雑なため、メルカリほど簡単には出品できません。

 

1.1.2 金銭トラブルの無さ

customer-support-for-payment

メルカリは商品の代金をメルカリが仲介するため、ユーザー同士の金銭のやり取りがありません。そのため、金銭的なトラブルが発生しにくく、安心して決済できます。

出品者にとっては、購入者が決済をしたあとに商品を発送することになるので、代金を未払いするというトラブルがおきません。

一方、ヤフオクは落札者と出品者の間で金銭のやり取りがあるため、例えば、出品者は振込口座の入金状況をチェックしないと、「振込をしたのに商品が届かない・・・」などのトラブルが起こりやすくなります。

 

1.1.3 出品して売れるスピード

speed-of-selling

メルカリは欲しいものが見つかったらすぐに購入できます。一方、ヤフオクは期日まで待たないと落札者が決まりません。

このため、メルカリは大半の商品が1日以内に売れるというスピード感が快感です。

(参考記事)週刊アスキー
 ・ 900万DLのフリマアプリ『メルカリ』はなぜ成功したか?山田進太郎代表インタビュー

 

1.2 メルカリのデメリット

price-of-mercari

ヤフオクと比べた場合に、メリカリのデメリットは1つです。

・ 売れる価格が安い

メルカリは、主なユーザが10~20代の女性です。そのため、抑えられた値段でないと売れにくく なります。一方、ヤフオクは比較的お金を自由に使える30~40代が多いため、高額でも売れる ことがあります。

【参考記事】・ ヤフオクで稼ぐ!安く仕入れる5つの技と商品相場を調べる方法
      ・ モバオクとヤフオクを比較!選ぶ前に知っておきたい5つの違い

 

2. メルカリのメリット・デメリット(フリル・ラクマと比べる)

advantages-and-disadvantages-of-mercari

メルカリと他のフリマアプリと比べた場合の、メリット・デメリットをご紹介します。

 

2.1 メルカリのメリット (他のフリマアプリ フリル・ラクマと比べる)

他のフリマアプリのフリル・ラクマと比べた場合に、メリカリのメリットは2つあります。

  1.  ユーザ数が圧倒的に多い
  2.  匿名で配送できる

詳細にご紹介します。

 

2.1.1 ユーザ数が圧倒的に多い

increase-of-numbers-of-mercari-users

メルカリは、フリル・ラクマより圧倒的にユーザ数が多いです。 フリルが600万人、ラクマが400万人であるのに比べ、メルカリは4000万人のユーザがいます。 ユーザ数が多ければ、それだけ買いたい人がいるので、商品も売れやすくなります。

 

2.1.2 匿名で配送できる

delivery-way-without-showing-name-and-address

住所や氏名は個人情報ですので、購入者に個人情報を教えたくないときに、メルカリはらくらくメルカリ便を利用することで、匿名で配送できます。

 

2.2 メルカリのデメリット (他のフリマアプリ フリル・ラクマと比べる)

他のフリマアプリのフリル・ラクマと比べた場合に、メリカリのデメリットは2つあります。

  1.  販売手数料が10%かかる
  2.  他の商品に埋没してしまう

詳細にご紹介します。

 

2.2.1 販売手数料が10%かかる

fee-of-mercari

フリルやラクマは販売手数料がかかりません。たとえば、1800円で商品が販売できたとしても 手数料が180円かかり、送料もらくらくメルカリ便の場合195円かかります。

価格 1,800円 - 販売手数料 180円 - 送料 195円 = 1,425円

となります。 フリルやラクマは販売手数料が発生しないので、利益が出やすくなります。

 

2.2.2 他の商品に埋没してしまう

numbers-of-selling-products-in-mercari

メルカリは1日に100万品以上が出品されています(*1)。つまり、1分間で平均694品出品されています。

100万品 ÷ 24時間 ÷ 60分 = 694品

*1: メルカリホームページ(毎日100万品以上が出品されるメルカリ内の調査で判明 )

そのため、他の商品に埋没してしまう可能性が高くなります。そこで、検索されやすくなる工夫が 必要となります。

 

まとめ

本記事は、メルカリに出品するメリットとデメリットをご紹介しました。なお、別記事で他のフリマアプリやヤフオクとの比較をしています。

【参考記事】 ・ ヤフオクとメルカリの違い!初心者が押さえておきたい5つの基礎知識        ・ メルカリとフリルを比較!サービス、料金、機能で比べる
       ・ メルカリとラクマのどちらを使うか。料金・機能・使いやすさで比べる
       ・ メルカリの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です