barista-certification

バリスタの資格おすすめ8選の比較!難易度、費用、初心者


バリスタに関する資格を比較した場合、どこがいいのでしょうか。

コーヒーの豆の種類や、精製や焙煎、グラインドに関する知識が問われる資格があります。また、エスプレッソの抽出技術や、カプチーノの製造方法について問われる資格があります。

さらに、通学だけでなく、通信講座で学べる資格や、初心者向けの資格もあります。そこで、バリスタに関する資格を取得する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、バリスタに関する資格おすすめ8選と、費用や難易度、取得方法をご紹介します。

 

バリスタの資格の種類・選び方

barista-certification

バリスタの資格を選ぶにあたって、チェックしたいポイントは5つあります。

  • 何を学ぶか(コーヒー豆、コーヒーの精製・焙煎、コーヒーの淹れ方、エスプレッソの抽出)
  • どのような方法で学ぶか。(通学、通信講座
  • 誰向けか。(初心者向け、経験者向け)
  • どのくらいの費用で取得できるか。(検定費用、登録費用、年会費)
  • 難易度はどれくらいか。(合格点、合格率、試験の有無)

上記ポイントを踏まえて、おすすめの資格の種類を、ご紹介します。

  1.  JBAバリスタライセンス
  2.  カーサバリスタ
  3.  UCCドリップマスター
  4.  SCAJコーヒーマイスター
  5.  COFFEE SKILLS PROGRAM(CSP)
  6.  コーヒーインストラクター検定
  7.  コーヒープロフェッショナル
  8.  コーヒースペシャリスト

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1. JBAバリスタライセンス

jba-barista-min

日本バリスタ協会が運営する資格で、レベル1、2、3、インストラクターの4つの資格があります。

  • レベル1: 基本的な知識や技術を身に付け、エスプレッソコーヒーを抽出できる
  • レベル2: グラインダーエスプレッソマシンを調整し、コーヒーを提供・啓蒙ができる
  • レベル3: テイスティング接客サービスなど、バリスタとしての高い総合力を有し、最高のエスプレッソコーヒーを抽出でき、啓蒙ができる
  • インストラクター: バリスタの資質や地位の向上、高品質なエスプレッソコーヒーの普及、後進の育成ができる

JBAバリスタライセンス 

◆ 問われる内容(学習内容)の例

種類 問われる内容(学習内容)の例
レベル1
  • 豆の種類、栽培、収穫、精製、ロースト、ブレンド、味覚テイスト
  • エスプレッソマシンの構造、抽出の仕組み
  • エスプレッソのテイスト
  • カプチーノの製造技術
レベル2
  • コーヒーに関わる水や牛乳の知識
  • エスプレッソの抽出理論・抽出技術
  • エスプレッソマシン/グラインダーなどを調整する技術
  • テイスティング技術
  • カプチーノの高度な製造技術 
レベル3
  • エスプレッソマシンの進化と抽出構造の理解 
  • お客様対応
  • ロースト差・豆の種類・処理方法・ブレンドによる味覚の変化
  • 粉量差からくる味覚とボディーの変化
  • グラインダーの調整
  • デザインカプチーノ&均等フォームの入れ方
  • カフェマッキャートの製造技術
  • カフェフレッドシェケラートの製造技術
インストラクター
  • JBAバリスタライセンス(レベル1からレベル3まで)の受講内容とポイント
  • バリスタライセンススクールの講義内容と話し方、伝え方、教え方
  • テイスティング講習、カフェの製造技術と指導方法

◆ 資格取得後の仕事

バリスタ、JBA認定校の講師

◆ 難易度

未公開

◆ 料金(税別)

  • レベル1:受験費用 15,000円 ※ ライセンス登録費用15,000円
  • レベル2:受験費用 20,000円 ※ ライセンス登録費用15,000円
  • レベル3:受験費用 25,000円 ※ ライセンス登録費用15,000円
  • インストラクター:受験費用 25,000円 ※ ライセンス登録費用15,000円

◆ 受験場所

JBA認定校

◆ 運営団体

日本バリスタ協会

◆ 資格の取得方法

  • 通学: 〇 (JBA認定校
  • オンライン・通信講座: –

口コミを調べたところ、Twitterでコメントがありましたので、ご紹介します。

 

2. カーサバリスタ

casa-barista-min

一般財団法人 日本能力開発推進協会が運営する資格です。コーヒー豆の知識に加え、ペーパードリップサイフォンなどの器具を用いたコーヒーの抽出技術に関する知識が問われます。

カーサバリスタ

◆ 問われる内容(学習内容)

  • コーヒーの基礎知識
  • スペシャルティコーヒーと鮮度・保存方法
  • コーヒーの精製と焙煎
  • コーヒー豆を挽く(グラインド
  • コーヒーの味わい
  • ペーパードリップ
  • サイフォン
  • フレンチプレス
  • コーヒーの味わい方

◆ 資格取得後のキャリア

カフェでの開業、就職

◆ 難易度

得点率70%以上を合格

◆ 料金(税込)

5,600円

◆ 受験会場

在宅

◆ 運営団体

一般財団法人 日本能力開発推進協会

◆ 資格の取得方法

口コミを調べたところ、Twitterにコメントがありましたので、ご紹介します。

 

3. UCCドリップマスター

ucc-ucan-coffee-min

コーヒー専門教育機関 UCCコーヒーアカデミーが認定する資格です。

講師が選んだペーパードリップ用道具一式を使って、コーヒーをいれるコツを学びます。また、届けられる6種類の豆でコーヒーをいれ、味や香りの違いを学びます。

そして、ブレンドの仕方を学び、オリジナルのブレンドコーヒーの作り方を学びます。なお、ユーキャンで提供している講座を修了することで、資格を取得できます。

UCCドリップマスター 

◆ 問われる内容(学習内容)

  • コーヒー抽出の手順、コーヒーをおいしくいれるコツ
  • 豆の種類やいれ方
  • ドリップの技術、スイーツやフードとのマリアージュ
  • オリジナルブレンドの作り方
  • ペーパードリップ、カフェプレスやサイフォンの淹れ方の手順

◆ 資格取得後のキャリア

トレーナー、インストラクター

◆ 難易度

講座を修了することで、認定される

◆ 料金(税込)

69,000円(教材費、指導費を含む)

◆ 受験場所

自宅

◆ 運営団体

コーヒー専門教育機関 UCCコーヒーアカデミー

◆ 資格の取得方法

  • 通学: –
  • オンライン・通信講座: 〇 ( ユーキャン

口コミを調べたところ、Twitterでコメントがありましたので、ご紹介します。

 

4. SCAJ コーヒーマイスター

scaj-min

一般社団法人 日本スペシャリティコーヒー協会が運営する資格です。

日本スペシャリティコーヒー協会が提供する講座を修了し、認定試験に合格すると、日本スペシャルティコーヒー協会より認定証が授与されます。

なお、講座を受講するためには、日本スペシャルティコーヒー協会の会員になる必要があります。

SCAJ コーヒーマイスター 

◆ 問われる内容(学習内容)

資格 問われる内容(学習内容)の例
コーヒーマイスター スペシャルティコーヒーの定義、SCAJカッピングフォーム
コーヒーとカフェの歴史 コーヒーの伝播、コーヒーハウスの広がり、日本のコーヒー
コーヒーの生豆 生豆、産地地域、生産処理、生豆の見分け方
コーヒーの産業・経済 栽培と生産過程、取引のしくみ、スペシャルティコーヒーの登場
コーヒーの産地 主要なコーヒー生産国
コーヒーの抽出技術と食器の知識 おいしいコーヒーをいれる基本技術、保存法、食器
コーヒーの科学と健康 成分、焙煎による成分変化、香気成分、コーヒーと健康

◆ 資格取得後のキャリア

未公開

◆ 難易度

合格率 80%(出典: 日本スペシャリティコーヒー協会 よくある質問

◆ 料金(税込)

39,000円

※ 日本スペシャリティコーヒー協会の会費が、年1万円~3万円となります。
※ コーヒーマイスター資格は取得後3年間有効です。3年ごとに更新が必要となり、更新手続料が10,000円となります。

◆ 受験場所

東京、関西、福岡

◆ 運営団体

一般社団法人 日本スペシャリティコーヒー協会

◆ 資格の取得方法

口コミを調べたところ、Twitterでコメントがありましたので、ご紹介します。

 

5. COFFEE SKILLS PROGRAM(CSP)

coffee-skills-program-min

Specialty Coffee Association (SCA)が実施している資格です。

バリスタ、ブリューイング、グリーンコーヒー、ロースティング、センサリースキルという5つの分野で単位があります。それぞれ学習内容によってポイントが付与され、合計して100ポイントになるとSCA Coffee Skills Diplomaの学位が授与されます。

なお、日本でのCSPプログラムの運営・管理については、バリスタギルド・オブ・ジャパンが行っております。

COFFEE SKILLS PROGRAM(CSP) 

◆ 問われる内容(学習内容)

  • バリスタ: グラインダー、エスプレッソの抽出、ミルクフォーミング、ラテアート、衛生
  • ブリューイング: ブリューイングの仕方、グラインド、抽出方法、コーヒー濃度の計測
  • グリーンコーヒー: 栽培、生産、グレーディング、シッピング、保管、入港
  • ロースティング:焙煎、ローストサイクル、ローストレベル、焙煎工程中のコーヒーの変化
  • センサリースキル: コーヒーの味覚評価

【出典】 SDA Education

◆ 資格取得後のキャリア

バリスタ

◆ 難易度

未公開

◆ 料金(コース料金を含む)

  • INTRODUCTION TO COFFEE: 51,700円
  • INTRODUCTION TO COFFEE 筆記試験: 18,150円
  • BREWING 初級 講習: 57,750円
  • BREWING 初級(筆記試験): 18,150円
  • BREWING 初級(実技試験): 22,000円
  • BARISTA 初級 講習: 57,750円
  • BARISTA 初級(筆記試験):18,150円
  • BARISTA 初級(実技試験): 22,000円

グリーンコーヒー、ロースティング、センサリースキルについては、未公開

◆ 受験場所

Barista Training Labo Tokyo 東京都墨田区

◆ 運営団体

バリスタギルド・オブ・ジャパン

◆ 資格の取得方法

 

6. コーヒーインストラクター検定

coffee-instractor-min

全日本コーヒー商工組合連合会が運営するコーヒーに関する資格です。3級、2級、1級、鑑定士と4種類の資格があります。

  • 3級: 入門編的なコーヒーの知識と鑑定技術を習得している
  • 2級: コーヒーの対面販売に従事する人に求められる知識・鑑定技術を習得している
  • 1級: コーヒーの製造業者に求められる、プロとして必要な知識と鑑定技術を取得している
  • 鑑定士: コーヒーの原料調達、製造管理、品質管理などの知識と鑑定技術を取得している

コーヒーインストラクター検定 

◆ 問われる内容(学習内容)

未公開

◆ 資格取得後のキャリア

未公開

◆ 難易度

合格率 2級:94% 1級:27% 鑑定士: 4% (コーヒーインストラクター検定) 

◆ 料金(税込)

  • 3級: 検定料 1,500円
  • 2級: 講習会受講料 22,000円、検定受験料 5,000円、認定登録料 5,000円
  • 1級: 講習会受講料 37,000円、検定受験料 10,000円、認定登録料 5,000円
  • 鑑定士: 講習会受講料 40,000円/1教科、検定受験料 10,000円/1教科、認定登録料 5,000円

◆ 受験場所

  • 3級: 全日本コーヒー商工組合連合会に加盟する会員企業が独自に開催する
  • 2級: 東京、神戸、名古屋、札幌、金沢、福岡
  • 1級: 東京、神戸、名古屋、広島
  • 鑑定士: 東京、神戸

◆ 運営団体

全日本コーヒー商工組合連合会

◆ 資格の取得方法

口コミを調べていたところ、Twitterにコメントがありましたので、ご紹介します。

https://twitter.com/mt8il/status/1488469326017724416

 

7. コーヒープロフェッショナル

coffee-professional-min

一般社団法人 日本技能開発協会が運営する資格です。コーヒーの歴史からコーヒーの木・豆の種類、コーヒーの淹れ方などの知識が問われます。

コーヒープロフェッショナル 

◆ 問われる内容(学習内容)の例

種類 問われる内容(学習内容)の例
コーヒーの歴史
  • コーヒーの誕生、カフェ誕生、日本に来たコーヒー
  • コーヒーにおすすめの水、コーヒーに合う砂糖、クリーム
  • コーヒーカップの種類、カップの素材や形状・色で変わる味わい
  • コーヒーポット
  • コーヒー豆の育つ環境
  • 欠点豆
  • コーヒーの名前の付け方
  • コーヒーの木・豆の種類
コーヒーの淹れ方
  • コーヒーの淹れ方(生豆、焙煎、豆を挽く、抽出、コーヒー豆の保存)
  • オリジナルブレンドを作る
  • ラテアート(クレマの役割、ベースになるエスプレッソ、簡単なデザイン)
  • サイフォン式コーヒー(サイフォンで淹れる効果、サイフォンの淹れ方)

◆ 資格取得後のキャリア

カフェの開業、就職

◆ 難易度

70点以上

◆ 料金(税込)

11,000円

◆ 受験場所

自宅

◆ 運営団体

一般社団法人 日本技能開発協会

◆ 資格の取得方法

 

8. コーヒースペシャリスト

coffee-specialist-min (1)

一般社団法人 日本能力教育推進協会が運営する資格です。

コーヒーを淹れる技術や、豆や焙煎による香味の違い、ラテアートやデザインカプチーノ、ペアリング理論によるスイーツやフードレシピ、ブレンディングに関する知識が問われます。

コーヒースペシャリスト 

◆ 問われる内容(学習内容)

  • コーヒー豆、豆の選び方(銘柄・チャート・質)
  • 焙煎・焙煎度や化学変化、焙煎プロセス
  • コーヒーの様々な淹れ方
  • コーヒーの栄養学、コーヒーの常識と新しいムーブメント、スペシャルティコーヒー
  • ラテアート&デザインカプチーノ
  • アレンジコーヒー
  • コーヒーのフードペアリング、コーヒーカッピング
  • ホームバリスタになるためのブレンド技術
  • 自家焙煎技術
  • カフェ・珈琲専門店の開業ノウハウ

◆ 資格取得後のキャリア

カフェ・コーヒー専門店の開業、講師

◆ 難易度

講座を修了することで、資格が授与される

◆ 料金(税込)

38,500円(教材、認定証、検定、サポート費用が含まれる)

◆ 受験場所

在宅

◆ 運営団体

一般社団法人 日本能力教育推進協会

◆ 資格の取得方法

  • 通学: –
  • オンライン・通信講座: 〇(formie

口コミを調べたら、Twitterでコメントがありましたので、ご紹介します。

https://twitter.com/haraken_000620/status/1440639021068140563

 

まとめ

本記事は、バリスタに関する資格おすすめ8選と取得方法をご紹介しました。

おさらいをすると、求める内容によって、おすすめの資格が変わります。

求める内容 おすすめの資格 取得方法
通学で取得したい JBAバリスタライセンスコーヒーマイスター JBA認定校SCAJ
通信講座で取得したい カーサバリスタコーヒープロフェッショナル  キャリカレラーキャリ
世界共通の資格を取得したい COFFEE SKILLS PROGRAM(CSP)  バリスタギルド
初心者向けの資格を取得したい UCCドリップマスターコーヒースペシャリスト  ユーキャンformie
費用が安い カーサバリスタコーヒープロフェッショナル  キャリカレラーキャリ
難易度が簡単(試験が免除) UCCドリップマスターコーヒースペシャリスト  ユーキャンformie

なお、飲食店やカフェの開業に関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 飲食店の開業前のチェックリスト!開業マニュアル付き!
       ・ カフェ開業の準備リスト!12の作業手順と必要なもの

なお、スポーツフードや腸活に関する資格は、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ スポーツフードの資格おすすめ8選の比較!種類・難易度・料金
       ・ 腸活の資格6選を比較!費用、仕事、通信講座、人気や口コミ

500mailsのFacebookやTwitterでは、起業・副業に役立つ情報を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です