comparison-between-goope-and-jimdo

グーペとJimdoを比較!選ぶ前に知りたい7つの違い【2018年】

Pocket

グーペとJimdoを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

テンプレートの種類カスタマイズのしやすさSEO対策のしやすさに違いがあります。さらに、料金体系が異なるため、間違って購入すると思わぬ出費が発生します。

そこで、グーペとJimdoを選ぶ前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、グーペJimdoの違いを、比較表にしてご紹介します。

 

1. グーペとJimdoを比較する7つのポイント

easy

グーペとJimdoを比較したところ、次の7つの違いがあります。

  1.  テンプレートの数
  2.  カスタマイズのしやすさ
  3.  SEO対策
  4.  商品メニューの表示
  5.  カレンダー機能
  6.  予約フォーム
  7.  月額料金

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 テンプレートの数

comparison-of-goope-and-jimdo-in-terms-of-template

【結論】

  •  グーペ: 〇 (52種類)
  •  Jimdo: 〇 (40種類)

【比較内容】

グーペとJimdoが持つテンプレートを比較すると、若干グーペのほうが多くあります。なお、テンプレートのうち、15種類は有料(10,000円)となります。

◆ グーペのテンプレート(52種類)

飲食、美容、スクール、医療・福祉、ビジネス、施設・団体、ハンドメイド作家というジャンルで52種類のテンプレートがあります。

web-layout-templates-goope

グーペ(公式サイト)でテンプレートを確認する

◆ Jimdoのテンプレート(40種類)

ビジネス、ショップ、個人向けと40種類のテンプレートがあります。なお、グーペと同様、スマホやタブレットなどにも対応しています。

web-layout-templates-jimdo

Jimdo(公式サイト)でテンプレートを確認する

 

1.2 カスタマイズのしやすさ

comparison-of-goope-and-jimdo-in-terms-of-template-customization

【結論】

  •  グーペ: 〇 (Web画面、HTML・CSSでの編集が可能)
  •  Jimdo: 〇 (Web画面、HTML・CSSでの編集が可能)

【比較内容】

グーペはテンプレートを変更したい場合、Web画面、ならびにHTML・CSSでの編集ができます。例えば、Web画面では次のような内容が編集できます。

  •  フォント・レイアウト
  •  テーマカラー・背景色・背景画像
  •  パーツ表示切替

それぞれを詳細にご紹介します。

◆ フォントやレイアウトの変更画面

好みのフォントやレイアウトを選ぶことで、ワンクリックで変更できます。

web-layout-customize-goope

◆ テーマカラー・背景色・背景画像の設定

好みのテーマカラーや、背景色、背景画像を選ぶことで、ワンクリックで変更できます。

web-layout-customize-2-goope

◆ パーツの表示切替

店舗名や紹介文や電話番号、スケジュールや携帯サイトの案内などの表示設定ができます。

web-layout-customize-3-goope

◆ HTML・CSSの編集画面

また、テンプレートを細かく変更したい場合には、HTML・CSSを直接編集する画面もあります。

web-layout-customize-4-goope

一方、Jimdoもテンプレートの変更をしたい場合、Web画面、HTML・CSSの編集ができます。Web画面で編集できる内容は次の通りです。

  •  フォントや行間
  •  背景画像

それぞれを詳細にご紹介します。

◆ フォント・行間の変更画面

変更したい箇所をクリックすると、青枠で括られます。(下の図をご覧ください)その青枠で括られた箇所の文字をクリックすると、フォント、フォントサイズ、カラー、行間を変更できます。

web-layout-customize-4-jimdo

◆ 背景画像の変更画面

背景画像を自分の好みの画像に、自由に変えることができます。+ボタンをクリックすることで、自分の好みの画像を背景画像として選ぶこともできます。

web-layout-customize-2-jimdo

◆ HTML・CSSの編集画面

より詳細にテンプレートを編集したい場合には、下の画面で、HTMLやCSSを直接編集して、レイアウトを変更できます。

web-layout-customize-3-jimdo

グーペ、Jimdoともにカスタマイズしやすく、使いやすい機能が用意されています。気に入ったテンプレートがあるか、お試し版などでチェックをしてください。

グーペ(公式サイト)でお試し版を利用する

Jimdo(公式サイト)でお試し版を利用する

 

1.3 SEO対策

comparison-of-goope-and-jimdo-in-terms-of-seo

【結論】

  •  グーペ: △ (ページ毎にキーワードなどの設定ができない)
  •  Jimdo: 〇 (ページ毎にキーワード・ディスクリプションの設定ができる)

【比較内容】

ホームページに集客をするにあたり、SEO対策は欠かせません。SEO対策の一つとして、TOPページや商品ページなどのタイトル、ディスクリプション、キーワードを検索されたい単語に設定したいところです。

グーペは、全てのページで、ディスクリプションとキーワードは同じ内容となります。そのため、TOPページ以外のSEO対策の機能は弱く、検索順位を高められない可能性があります。

◆ グーペのSEO設定画面

ホームページとしてタイトル、ディスクリプション、キーワードを登録できます。しかし、TOPページ以外のページは、ディスクリプションとキーワードは同じになります。

goope-seo

一方、Jimdoはページ毎にSEO対策として、タイトル、ディスクリプション、キーワードの設定ができます(*1)。そのため、検索エンジンから、各商品ページのSEO対策ができるため、検索エンジンから各商品ページへ直接アクセスすることを誘導できます。

◆ JimdoのSEO設定画面(全体)

jimdo-seo

◆ JimdoのSEO設定画面(各ページ)

jimdo-seo2

(参考: Jimdoで出来るSEO(検索エンジン最適化)

*1: Jimdo PRO、Jimdo Business版が必要となります。

 

1.4 商品メニューの表示機能

comparison-of-goope-and-jimdo-in-terms-of-menu

【結論】

  •  グーペ: 〇 (メニューを表示)
  •  Jimdo: × (メニューを表示する機能はありません)

【比較内容】

グーペは料理やサービスのメニューを登録・管理する機能があります。メニュー名やカテゴリー、価格、メニューの紹介文、写真、おすすめメニューなどを登録できます。

◆ メニュー登録画面

メニュー名、カテゴリー、価格、メニューの写真などを登録・表示できます。

goope-menu

一方、Jimdoには当該機能はありません。

 

1.5 カレンダー機能

comparison-of-goope-and-jimdo-in-terms-of-calendar-display

【結論】

  •  グーペ: 〇 (定休日やイベントなどをカレンダーに表示できます)
  •  Jimdo: × (当該機能はありません)

【比較内容】

グーペは定休日やイベント、貸し切りなどをカレンダーに登録して、表示する機能があります。

◆ グーペのカレンダー登録画面

カレンダー形式で、お店の予定を表示できます。

goope-calendar

予定は、日付・時間・タイトル・説明・繰り返しの要否などを登録できます。

goope-calendar2

一方、Jimdoには当該機能はありません

 

1.6 予約フォーム

toolcomparison-of-goope-and-jimdo-in-terms-of-reservation

グーペはお店の予約を受け付ける機能を利用できます。そのため、予約希望日、希望時間、コース、人数、名前、電話番号、メールアドレスなどを登録する予約フォームを作れます。

◆ グーペの予約フォーム

予約希望日、希望時間、コース、人数、お名前、電話番号などを予約フォームから受付けます。

goope-reserve2

一方、Jimdoには当該機能はありません

 

1.7 月額料金

comparison-of-goope-and-jimdo-in-terms-of-fee

グーペの料金プランは3種類あります。

  通常プラン DXプラン ビジネスプラン
月額料金 1,000円 1,500円 3,500円
ドメイン 独自ドメイン(*1) 独自ドメイン(*1) 独自ドメイン(*1)
ネットショップ ×(*2) ×(*2) ×(*2)
メルマガ ×

グーペ(公式サイト)で料金プランを確認する

 

Jimdoの料金プランは3種類あります。

  Jimdo FREE Jimdo PRO Jimdo BUSINESS
月額料金 0円 945円 2,415円
ドメイン サブドメイン 独自ドメイン 独自ドメイン
広告 表示 非表示 非表示
ネットショップ × 〇(販売手数料あり) 〇(販売手数料なし)
SEO ×
メルマガ(*3) × × ×

Jimdo(公式サイト)で料金プランを確認する

Jimdoは月額料金が0円からスタートできるので、とりあえず使ってみたい方におススメです。なお、ネットショップを利用する場合には、販売手数料が発生する点は注意が必要です。

一方、メルマガを利用したい方はJimdoではなく、グーペがオススメです。

なお、Jimdoはフリー版がありますが、広告が表示されたり、独自ドメインを持てないなどの問題点があります。広告を非表示にしたい、あるいは独自ドメインを持ちたい場合には、PRO、BUSINESS版がオススメです。

*1: 月額300円からグーペで取得可能。なお、ビジネスプランの場合、1つ無料で取得。
*2: カラーミーショップを年間1,200円で利用できます。
*3: Jimdo メールマガジン機能の提供終了について

 

2. グーペとJimdoの比較表

comparison-of-goope-and-jimdo

グーペ―とJimdoを比べ、その違いを比較表としてまとめました。

  グーペ Jimdo
テンプレートの数 〇(52種類) 〇(40種類)
テンプレートのカスタマイズのしやすさ 〇(カスタマイズしやすい) 〇(カスタマイズしやすい)
SEO △(ディスクリプションは全ページ同じ) 〇(各ページで設定)*1
商品メニューの管理機能 〇(メニューを登録・表示) ×(当該機能はない)
カレンダー機能 〇(カレンダー形式で表示) ×(当該機能はない)
予約フォーム 〇(予約を受付可能) ×(当該機能はない)
月額料金 ・ 1,000円
・ 1,500円
・ 3,500円
・ 0円
・ 945円
・ 2,415円

ホームページに商品メニューやカレンダーを表示したい、予約フォームを設置したい場合には、グーペがオススメです。

一方、SEO対策やコストパフォーマンスを重視する場合にはJimdoがオススメとなります。

*1: Jimdo PRO、Jimdo Business版である必要があります。

 

まとめ

本記事は、グーペとJimdoを比較し、その違いをご紹介しました。なお、ホームページの作り方や料金の相場、集客の仕方を別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ホームページの作成料金!相場と作成費用の内訳
       ・ ホームページの依頼時の注意点。4つの勘所を押さえる!
       ・ 集客できるホームページの制作の秘訣!デザインとメニューの配置方法
       ・ ホームページの作成を依頼する前の3つのチェックポイント
       ・ ホームページを自分で作成する方法!無料で自作できるサービスと使い方
       ・ ホームページの集客のコツ!知名度のない会社が他社に抜き出る方法

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です