comparison-between-shopify-and-stores-1-min

ShopifyとSTORESを比較!選ぶ前に知っておきたい7つの違い


ShopifyとSTORESを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

テンプレートの種類や、デザインの変更のしやすさに違いがあります。また、ポイント管理や、ショップの売上の分析ツールにも違いがあります。さらに、月額費用手数料にも違いがあります。

そこで、ShopifyとSTORESを選ぶ前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、ShopifyとSTORESを7つのポイントで比較し、その違いをご紹介します。

 

1. ShopifyとSTORESを比較する7つのポイント

comparison-between-shopify-and-stores

ネットショップ作成ツールのShopifyとSTORESを比較した結果、次の7つの違いがありました。

  1.  テンプレート
  2.  テンプレートのカスタマイズのしやすさ
  3.  月額費用
  4.  手数料
  5.  ポイント管理
  6.  ショップの分析ツール
  7.  海外への販売

それぞれの違いを詳細にご紹介します。

 

1.1 テンプレート

templates-of-shopify-and-stores

【結論】

  • Shopify: 〇(無料のテンプレートが9種類有料のテンプレートが72種類ある)
  • STORES: ◯(無料のテンプレートが48種類ある)

【比較内容】

ネットショップを作るときに、プロのデザイナーが作ったネットショップ用のテンプレートを使うと、簡単におしゃれなネットショップを作れます。

shopify-template-sample-min

Shopifyは無料で9種類のテンプレート、有料で72種類のテンプレートがあります。

大きくて美しい画像をTOPページに表示するデザイン、動画を掲載できるデザイン、活気のある雰囲気を出せるデザインがあります。

shopify-template-image-min

なお、有料のテンプレートは、110ドルから180ドルで買えます。アート作品、電化製品、食品・ドリンク、健康・美容などのカテゴリーごとに用意されています。

shopify-template-image-paid-min

Shopifyのテンプレートを見る

一方、STORESは、無料のテンプレートが48種類あります。こだわりの1点を紹介するデザインや、複数の商品を紹介できるデザイン、ポップなデザインや、ナチュラルなデザインがあります。

stores-design-template-min

STORESのテンプレートを見る

どちらのツールも、無料で使えるので、思い描いているショップのイメージにあったテンプレートがあるかチェックしてみます。

 

1.2 デザインのカスタマイズのしやすさ

customization

【結論】

  • Shopify: 〇(細かい部分もカスタマイズできる)
  • STORES: △(画面で一部カスタマイズ可。詳細な変更は不可)

【比較内容】

ネットショップを作るときに、デザインを自分の好みにカスタマイズしたいものです。

Shopifyは、管理画面で、TOPページのレイアウトや、商品ページのデザインを細かく変更できます。商品の一覧ページで、1行あたりの商品数を変えられます。

shopify-collection-change-min

また、商品画像を表示するページでは、文言を自由に変えられます。

shopify-design-change-min

また、おすすめの商品ページでは、SNSのボタンを用意できます。

shopify-recommended-page-min

一方、STORESも、メニューのレイアウトを変えたり、パソコンに表示する横幅を変えられます。

stores-design-layout-change-min

また、ストア全体や、フォントを変えられます。

stores-design-font-change-min

さらに、ギャラリーや動画、アイテムを追加できます。

shopify-collection-change-min

ただ、ギャラリーのレイアウトを細かく変更したり、ページを新規に追加できません。そのため、より詳細なデザインの変更をしたいときは、Shopifyがおすすめです。

 

1.3 月額費用

monthly-fee

【結論】

  •  Shopify: △(月額 29ドル 79ドル 299ドル)
  •  STORES: ◯(無料、月額2,178円)

【比較内容】

Shopifyは、ベーシック、スタンダード、プレミアムプランと3種類あり、月額費用は29ドル79ドル299ドルとなっています。

プラン ベーシック スタンダード プレミアム
月額費用 29ドル 79ドル 299ドル
レポート  

Shopifyの料金プランを見る

一方、STORESは、フリープランとスタンダードプランがあり、月額費用は0円2,178円です。

プラン フリー スタンダード
月額費用 0円 2,178円
独自ドメイン  

STORESの料金プランを見る

Shopifyのベーシックプランは、月額29ドルで、3,190円(1ドルは、110円換算)となっています。STORESは有料のスタンダードプランでも、2,178円とShopifyより安いです。

月額の固定費を抑えたい方や、無料で始めたい方には、STORESはおすすめです。

 

1.4 手数料

fee

【結論】

  •  Shopify: 〇(クレジットカードの決済手数料が3.25%~4.15%である)
  •  STORES: 〇(フリープランは5%、スタンダードプランは3.6%

【比較内容】

Shopifyは、料金プランによって、クレジットカードの決済手数料が変わり、3.25%~4.15%です。

プラン ベーシック スタンダード プレミアム
月額費用 29ドル 79ドル 299ドル
日本のオンラインクレジットカード決済 3.4% 3.3% 3.25%
アメックス 3.9% 3.85% 3.8%
JCB 4.15% 4.1% 4.05%

Shopifyの料金プランを見る

一方、STORESはフリープランは5%、スタンダードプランは3.6%となります。

プラン フリー スタンダード
月額費用 0円 2,178円
決済手数料 5% 3.6%

STORESの料金プランを見る

STORESのスタンダードプランは3.6%と、Shopifyの手数料(3.25%~4.15%)と大差ありません。

 

1.5 ポイント管理

point-management

【結論】

  •  Shopify: 〇(EasyPointsを導入することで、ポイントを付与できる)
  •  STORES: ×(会員ごとにポイントを付与する機能はない)

【比較内容】

ネットショップを運営するにあたり、ポイントを付与することで、お客様のリピート率を高めていきたいところです。

Shopifyは、別アプリを導入することで、会員ごとにポイントを付与したり、お客様がポイントを
利用できます。

◆ EasyPoints

easypoints-min

Shopifyで利用できるポイント管理ツールです。ポイントの付与や利用ができます。なお、月50ドルが必要となります。

EasyPoints

一方、STORESは、クーポンを付与する機能はありますが、ポイントを付与する機能がありません。そのため、ポイント管理システムを導入したい場合には、Shopifyはおすすめです。

 

1.6 分析ツール

sales-analysis

【結論】

  •  Shopify: 〇 (アクセス数、販売数平均単価ABC分析も可能)
  •  STORES: △ (アクセス数、平均滞在時間のみ分析)

【比較内容】

ネットショップを運営し、ショップの運営を分析するにあたり、アクセス数滞在時間売上金額リピート率コンバージョン率などを分析したいところです。

Shopifyは、次のような項目を分析できます。

  •  販売金額、平均注文金額、総注文数
  •  リピート率
  •  コンバージョン率
  •  セッション別の上位ランディングページ
  •  セッション別の上位参照元

shopify-analysis-min (2)

一方、STORESは、次のような項目を分析できます。

  •  訪問者数
  •  滞在時間

ただ、訪問者数や滞在時間は、Google Analyticsでも分析できます。そこで、ページにアクセスした後、売上金額、リピート率を分析できるShopifyのほうが便利です。

そのため、ネットショップの状況を詳細に分析したい場合には、Shopifyはおすすめです。

 

1.7 海外への販売

oversee-trading

【結論】

  •  Shopify: ◯ (21言語に対応。通貨はドルユーロ香港ドルなど10通貨に対応)
  •  STORES: △ (英語日本語のみ対応。通貨はにのみ対応)

【比較内容】

経産省の電子商取引に関する市場調査によると、中国消費者による日本からの越境EC購入額は1兆6,558億円です。また、米国消費者が日本事業者からの越境EC購入額は、9,034億円です。

oversee-trading-min

【出典】経済産業省 電子商取引に関する市場調査 P106 

中国消費者が日本の事業者から購入している商品としては、美容関連健康食品食品、家電、ベビー用品、アウトドア用品などが挙げられます。

oversee-trading-item-min

【出典】経済産業省 電子商取引に関する市場調査 P108

Shopifyは、中国語 (簡体字)中国語 (繁体字)や、英語、韓国語など、21か国語に対応しています。さらに、通貨としては、ドルユーロ香港ドル、円など10通貨に対応しています。そのため、海外向けのネットショップにも対応できます。

一方、STORESは、英語日本語にのみ対応しています。そして、通貨はにのみ対応しています。

そのため、中国語を含めた多言語に対応したい場合や、海外の通貨で販売したい場合は、Shopifyはおすすめです。

 

2 ShopifyとSTORESの比較表

comparison-between-shopify-and-stores

ShopifyとSTORESの比較表をまとめました。

   Shopify  STORES
テンプレート  〇(無料9種類、有料72種類)  ◯(無料が48種類ある)
テンプレートのカスタマイズのしやすさ  〇(細かい部分もカスタマイズ)  △(詳細な変更不可)
月額費用  △(月額29ドル、79ドル、299ドル) ◯(無料、月額2,178円)
手数料  〇(3.25%~4.15%)  〇(5%、3.6%)
ポイント管理  〇(EasyPointsで、実現)  ×(ポイント付与機能なし)
ショップの分析ツール  〇(アクセス、売上単価  △(アクセス、滞在時間)
海外への販売  ◯(21言語。10通貨) △(英語日本語円のみ) 

 

まとめ

本記事は、ShopifyとSTORESを7つのポイントで比較し、その違いをご紹介しました。

おさらいをすると、求める内容によって、おすすめのツールが変わります。

求める内容 おすすめのツール
ショップのデザインを細かく直したい Shopify
月額費用を安くしたい STORES
ポイント管理をしたい Shopify
ショップの分析を詳細にしたい Shopify
海外にも販売したい(多言語、多通貨に対応) Shopify

なお、他のネットショップ作成ツールについても、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ BASEとShopifyを比較!選ぶ前に知っておきたい7つの違い
       ・ STORESとBASEを比較!手数料・機能・使いやすさ【2021年】
       ・ Shopifyの使い方と評判!メリットとデメリット、手数料を徹底解説
       ・ ネットショップの比較!比較表付き!集客力、機能、手数料で比べる

500mailsのFacebookやTwitterでは、起業・副業に役立つ情報を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です