comparison-of-vps-hosting-services-for-windows

Windowsを利用できるVPSの徹底比較!料金表付き【2019年】


Windowsを利用できるVPSを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

CPUメモリなどのスペックはもちろん、サポート体制自動バックアップの有無などに違いがあります。また、料金体系が違うため、誤った選択をすると余計な出費が発生する場合もあります。

そこで、Windows VPSを選ぶ前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、Windowsを利用できる国内、海外VPSを比較し、その違いをご紹介します。

 

1. ConoHa VPS

conoha-vps

GMOインターネット株式会社が運営するConoHaのWindows Serverシリーズです。

支払い方法が多様で、クレジットカード、Amazon Pay、Paypal、Alipay、銀行決済、コンビニ支払いなどに対応しています。初期費用が無料、かつ最低利用期間がない点で手軽に使えます。

◆ 料金プランとスペック

プラン WIN1GB WIN2GB WIN4GB WIN8GB WIN16GB
月額費用 1,800円 3,200円 5,900円 10,500円 19,500円
初期費用 0円 0円 0円 0円 0円
CPU 2コア 3コア 4コア 6コア 8コア
メモリ 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB
SSD 50GB 50GB 50GB 50GB 50GB

◆ 基本情報

  • 利用可能なバージョン: Windows Server 2019 Datacenter Edition、Windows Server 2016 Datacenter Edition
  • 回線速度:100Mbps 共有回線
  • プランの変更可否:変更可能
  • 電話によるサポート: あり
  • 自動バックアップの機能: 不明
  • お試し版:なし

ConoHaのVPS Windows Server

【参考記事】 ・ ConoHa for Windows Serverの使い勝手と評判

 

2. GMO VPS

gmo-vps-top

GMOクラウド株式会社が運営するVPSサービスで、Windows サーバーを利用できます。

サーバーの稼働率を99.99%と保障しており、障害が発生した場合は、月額利用料の10%が返金されるなど、安心感のあるVPSサービスです。Pleskを使えるなど、サーバーの管理も簡単です。

◆ 料金プランとスペック

プラン 1GB 2GB 4GB 6GB 8GB 12GB
月額費用 780円~ 1,280円~ 2,380円~ 4,580円~ 6,580円~ 10,480円~
初期費用 4,000円 4,000円 4,000円 4,000円 4,000円 4,000円
CPU 2コア 3コア 4コア 5コア 6コア 7コア
メモリ 1GB 2GB 4GB 6GB 8GB 12GB
HDD 50GB 100GB 200GB 400GB 600GB 800GB

◆ 基本情報

  • 利用可能なバージョン: Windows Server 2016 Standard x64、Windows Server 2008 R2 Standard x64、Windows Server 2008 R2 Enterprise x64
  • 回線速度:100Mbps 共有回線
  • プランの変更可否:上位プランの変更のみ可能
  • 電話によるサポート: あり
  • 自動バックアップの機能: ない(バックアップオプションの購入で可能
  • お試し版:あり

GMOのVPS

【参考記事】 ・ GMOのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

3. さくらのVPS

sakura-vps-top

さくらのインターネット株式会社が運営しているVPSサービスです。全プランSSDを搭載しており、ハイスペックなWindowsサーバー環境を利用できます。Office2016の利用も可能です。

セキュリティソフトがプリインストールされているため、安心感があります。

◆ 料金プランとスペック

プラン W768 W1G W2G W4G W8G W16G
月額費用 1,000円 2,000円 3,500円 6,000円 11,000円 20,000円
初期費用 2,000円 3,000円 5,000円 8,000円 14,000円 23,000円
CPU 1コア 2コア 3コア 4コア 6コア 8コア
メモリ 768MB 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB
HDD 30GB 50GB 100GB 150GB 300GB 600GB

◆ 基本情報

  • 利用可能なバージョン: Windows Server 2016 Datacenter Edition、Windows Server 2012 R2 Standard Edition
  • 回線速度: 100Mbps 共有回線
  • プランの変更: 不可
  • 電話によるサポート: あり
  • 自動バックアップの機能: ない
  • お試し版: あり

さくらのVPS

【参考記事】 ・ さくらのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

4. ABLENET VPS

ablenet-vps

老舗のレンタルサーバーABLENETのVPSサービスです。全プランSSDを採用しており、データ転送量も無制限です。仮想デスクトッププランもあり、MT4などFXの自動売買ツールも利用できます。

◆ 料金プランとスペック

プラン Win1 Win2 Win3 Win4
月額費用 1,981円 2,553円 4,362円 6,458円
初期費用(SSD/HDD) 1,800円/0円 3,700円/1,886円 4,900円/2,839円 7,800円/4,743円
メモリ 1GB 2GB 4GB 8GB
HDD 100GB
(SSD 60GB)
100GB
(SSD 120GB)
200GB
(SSD 150GB)
200GB
(SSD 150GB)

◆ 基本情報

  •  利用可能なバージョン: Windows Server 2016、 2012R2、 2012、 2008R2
  •  回線速度: 200Mbps 共有回線
  •  プランの変更: 可能
  •  電話によるサポート: なし
  •  自動バックアップの機能: なし
  •  お試し版: あり

ABLENET VPS

【参考記事】 ・ ABLENETのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!

 

5. お名前.com デスクトップクラウド

onamae-desktop

GMOインターネット株式会社が運営するWindowsサーバーのリモートデスクトップサービスです。上記で紹介した4つのVPSサービスとはやや趣向が異なり、データセンター内にあるWindowsサーバーをリモートデスクトップで利用できるサービスです。

Webやメールなどのサーバー関連の機能はなく、デスクトップ環境が用意されています。MT4をはじめとするFXの自動売買ツールを実行させる場合には最適です。なお、初期費用は無料です。

◆ 料金プランとスペック

プラン 1GB 2GB 4GB 8GB
月額費用 1,780円 3,685円 5,582円 12,024円
初期費用 無料 無料 無料 無料
メモリ 1GB 2GB 4GB 8GB
HDD 50GB 100GB 100GB 100GB

◆ 基本情報

  •  利用可能なバージョン: Windows Server 2019(デスクトップはWindows10のイメージ)
  •  回線速度: 100Mbps 共有回線
  •  プランの変更: 可能
  •  電話によるサポート: あり
  •  自動バックアップの機能: ない
  •  お試し版: なし

お名前ドットコムデスクトップ

 

6. ウィンサーバーVPS

winserver-vps-top

アシストアップ株式会社が運営するVPSサービスです。Windows Server 専門のホスティングサービスであり、WindowsサーバーやVPSサービスなどを提供しています。

オプション費用を払うことで、Office 2016 Standardを利用できます。

◆ 料金プランとスペック

プラン Micro+ Light+ Basic+ Enterprise+ Ultimate + Heavy
月額費用 1,512円 1,995円 3,024円 3,682円 5,400円 6,048円
初期費用 1,080円 1,080円 1,080円 2,160円 3,780円 6,480円
CPU 2コア 3コア 3コア 4コア 5コア 6コア
メモリ 512MB 1GB 1GB 2GB 3GB 4GB
HDD 60GB 120GB 200GB 240GB 480GB 500GB

◆ 基本情報

  • 利用可能なバージョン: Windows Server 2016/2012/2008R2
  • 回線速度: 非公開
  • プランの変更: 不可
  • 電話によるサポート: あり
  • 自動バックアップの機能: ない
  • お試し版: なし

Winserver

 

7. カゴヤのVPS

kagoya-vps

カゴヤ・ジャパン株式会社が運営しているVPSサービスです。日額37円で利用できるVPSサービスです。日額で利用できるため、ムダなコストをかけないで済みます。

初期費用は無料であり、他のVPSと比べても格安です。

◆ 料金プランとスペック

CPU 1コア 2コア 3コア 3コア 6コア 12コア
日額費用 37円 78円 139円 236円 440円 789円
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料 無料
メモリ 1GB 2GB 3GB 4GB 8GB 16GB
SSD 30GB 50GB 100GB 200GB 300GB 600GB

◆ 基本情報

  • 利用可能なバージョン: Windows Server 2012 R2 Standard(64bit)、Windows Server 2016 Datacenter(64bit)
  • 回線速度: 未公開
  • プランの変更: 可能
  • 電話によるサポート: あり
  • 自動バックアップの機能: ない
  • お試し版: なし

カゴヤのVPS

 

8. 使えるネット

tukaeru-net

使えるねっと株式会社が運営するVPSです。FXに特化したVPSサービスもあり、国内実績はNo.1を誇ります。

◆ 料金プランとスペック(FX専用のVPSの場合)

プラン シルバー ゴールド プラチナ
月額費用(1年契約の場合) 2,480円 4,280円 5,880円
初期費用 2,000円 2,000円 2,000円
メモリ 2GB 4GB 8GB
SSD 50GB 100GB 200GB

◆ 基本情報

  •  利用可能なバージョン: 未公開
  •  回線速度: 未公開
  •  プランの変更: 未公開
  •  電話によるサポート: ある
  •  自動バックアップの機能: あり
  •  お試し版: あり(ご登録後30日以内にご解約した場合、全額を返済)

使えるネット

 

9. SPPD仮想Windowsデスクトップサービス

sppd

株式会社プレイングネットワークが運営する仮想Windowsのデスクトップサービスです。OSは、Windows8.1に似た操作性の 「Windows Server 2012 R2」と、Windows7に似た「Windows Server 2008 」から選べます。

FXの自動トレードソフトMeta Trader 4がインストールされているため、すぐに操作することができます。

◆ 料金プランとスペック(OSがWindows Server 2012の場合)

プラン ベーシック パワフル エクセレント
月額費用 2,079円~ 3,267円~ 5,741円~
初期費用 1,620円 1,620円 1,620円
メモリ 1GB 2GB 4GB
HDD 60GB 100GB 120GB

◆ 基本情報

  •  利用可能なバージョン: Windows Server 2012, 2008
  •  回線速度: 270Mbps 共有回線
  •  プランの変更: 可能
  •  電話によるサポート: ない
  •  自動バックアップの機能: ない
  •  お試し版: なし

SPPD仮想Windowsデスクトップサービス

【参考記事】 ・ SPPDレンタルサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説

 

10. WIN-VPS.com

win-vps

2007年からサービスを始めている老舗の海外のVPSサービスです。Windowsだけでなく、LinuxなどのVPSも提供しております。さらに、24時間の技術サポートを受けられます。

格安ですが、ホームページは全て英語表記のため、英語に自信のある方向けのサービスです。

◆ 料金プランとスペック

プラン BRONZE SILZER GOLD PLATINUM PALLADIUM
月額費用 $3 $12 $35 $60 $90
CPU 2,000MHz 8,000MHz 14,000MHz 20,000MHz 26.000 MHz
メモリ 6,144MB 12,288MB 18,432MB 24,576MB  30,720MB
HDD 420GB 900GB 1,390GB 1,880GB 3,000GB

◆ 基本情報

  •  利用可能なバージョン: Windows 7/8/10/2003/2008/2012/2016
  •  回線速度: 未公開
  •  プランの変更: 未公開
  •  電話によるサポート: あり(国際電話)
  •  自動バックアップの機能: 未公開
  •  お試し版: なし

win-vps.com

 

11. TIME4VPS

time4vps

リトアニアにあるWindows VPSサービスです。OSは、Windows Server 2012と2016を利用できます。英語表記なので、注意が必要ですが、クレジットカードPayPalなどで決済できます。

◆ 料金プランとスペック

プラン windows2 windows4 windows8 windows16
月額費用 5.99Euro 9.99Euro 17.99Euro 33.99Euro
初期費用 無料 無料 無料 無料
メモリ 2GB 4GB 8GB 16GB
HDD 20GB 40GB 80GB 160GB

◆ 基本情報

  •  利用可能なバージョン: Windows Server 2012, 2016
  •  回線速度: 2GB~
  •  プランの変更: 非公開
  •  電話によるサポート: ない
  •  自動バックアップの機能: ない
  •  お試し版: なし

TIME4VPS

 

まとめ

本記事は、Windowsを利用できる国内、海外のVPSを比較し、その違いをご紹介しました。なお、他のVPSサービスについては別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ GMOのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ お名前.comのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!
       ・ カゴヤ(KAGOYA)VPSの使い勝手と評判!【2019年】
       ・ ServersMan@VPSの使い勝手と評判!【2019年】
       ・ さくらのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です