greetings-winter

寒中見舞いの文例

Pocket

寒中見舞いは1月6日頃から節分(2月3日頃)までに出す寒さが厳しい時期に相手を気遣って出す手紙です。

喪に服しているときは、寒中見舞いを年賀状の代わりにして、年頭の挨拶として送ります。

本記事では、寒中見舞いの書き方と文例をご紹介します。

【参考文献】 しっかりとした敬語表現マナーですぐに書けるビジネス文書の書き方
      阿部 紘久 (著, 監修) 2013年

 

 1 寒中見舞いの書き方

寒中見舞いを出す時には2つのポイントに気を付けます。

1 服喪中は「賀詞」は避け、近況報告を書きます。
  (例)「おめでとう」「年賀」「賀正」「謹賀新年」などの賀詞は避けます。

2 自分の言葉で季節感を添えます。決まり文句ではなく、身近な風物を具体的に
 文中にまじえて季節感を添えるように工夫すると、丁寧な印象のあいさつになります。

それでは、寒中見舞いの文例をご紹介します。

 

 2 寒中見舞いの文例1

拝啓 極寒のみぎり、ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。
毎々格別のご厚情にあずかり、ありがたく御礼申し上げます。

さて弊社は昨年夏の創立以来、種々の悪条件にもかかわらずきわめて順調な経過をたどっておりますが、これはひとえに貴下ご支援の賜と深く感謝いたしております。

なお今後とも一層のご厚誼を賜りたく、幾重にもお願い申し上げます。
厳寒の折柄、なにとぞご自愛専一にてお願い申し上げます。

 

 3 寒中見舞いの文例2

寒中謹んでお見舞い申し上げます。

昨夏北海道でお会いして以来すっかりご無沙汰しておりますが、
ご家族様にはいかがお過ごしでしょうか。

当方は風邪一つひかず元気で立ち働いておりますので、他事ながらご休心ください。(*1)

今冬の冷え込みは格別です。予後お御身ゆえ、くれぐれも
健康にはご留意くださるようお願い申し上げます。

*1: あなたには他人事ですから、わざわざいうまでもないことですが
    ご安心くださいという意味になります。自分の様子を伝えた後に加える定型句となります。

 4 著名人の参考例 (著名人 五十嵐 力)

今日は上寒い日でございました。
国ならば、こういう空模様の日には、きっと雪が降ります。
昨夜の雪で庭山の紅葉と銀杏とが一きわ鮮やかに赤と黄を染めてまいりました。
しかし寂しい色彩でございます。

今九時の鐘が鳴りました。例によって二階から謡の声が聞こえて来ました。
私は只一人で膳部の火鉢のそばで本を見て居りましたが、少々倦き気味になりましたので
銀杏を取り出して一つずつ、火にくべながら食べて居りますと、ふとあなたのお母様のことが
胸に浮かびました。その後、どんなご様子でいらっしゃるかと、心配になりましたので、
急いでお見舞いを書きました。

今日のように寒い日は、殊さらに御案じ申されるのでございます。
どうぞ一日も早く快うならせなれるよう、祈り上げます。
お見舞いまで。

 

 まとめ

本記事では、寒中見舞いの書き方と文例をご紹介しました。
ぜひ参考になれば幸いです。

  

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です