greetings-winter

寒中見舞いの書き方と文例


寒中見舞いは1月6日頃から節分(2月3日頃)までに出す寒さが厳しい時期に相手を気遣って出す手紙です。

喪に服しているときは、寒中見舞いを年賀状の代わりにして、年頭の挨拶として送ります。

本記事では、寒中見舞いの書き方と文例をご紹介します。

【参考文献】 しっかりとした敬語表現マナーですぐに書けるビジネス文書の書き方
      阿部 紘久 (著, 監修) 2013年

 

1. 寒中見舞いの書き方

easy

寒中見舞いを出す時には2つのポイントに気を付けます。

1 服喪中は「賀詞」は避け、近況報告を書きます。
  (例)「おめでとう」「年賀」「賀正」「謹賀新年」などの賀詞は避けます。

2 自分の言葉で季節感を添えます。決まり文句ではなく、身近な風物を具体的に
 文中にまじえて季節感を添えるように工夫すると、丁寧な印象のあいさつになります。

それでは、寒中見舞いの文例をご紹介します。

 

2. 寒中見舞いの文例1

comparison-between-sakura-rental-server-and-lolipop

拝啓 極寒のみぎり、ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。
毎々格別のご厚情にあずかり、ありがたく御礼申し上げます。

さて弊社は昨年夏の創立以来、きわめて順調な経過をたどっておりますが、
これはひとえに貴下ご支援の賜と深く感謝いたしております。

なお今後とも一層のご厚誼を賜りたく、幾重にもお願い申し上げます。
厳寒の折柄、なにとぞご自愛ください。

 

3. 寒中見舞いの文例2

6-ways-to-make-your-accounting-function-more-efficient

寒中謹んでお見舞い申し上げます。

昨夏〇〇でお会いして以来すっかりご無沙汰しておりますが、
ご家族様にはいかがお過ごしでしょうか。

今冬の冷え込みは格別です。予後お御身ゆえ、くれぐれも
健康にはご留意くださるようお願い申し上げます。

 

 まとめ

本記事では、寒中見舞いの書き方と文例をご紹介しました。
ぜひ参考になれば幸いです。  

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です