how-to-make-business-as-certified-social-insurance-labor-consultants

社労士の営業方法!集客する4つの方法

Pocket

社労士の営業方法として、どのような方法があるでしょうか。

ホームページを作ったり、メルマガを書いたりなど、代表的な集客方法をリストアップしました。そして、営業活動をする前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事では、社労士の営業方法を4つ紹介します。

【参考文献】 中年から「稼げる」士業になる! ー資格取得から開業準備までー
      山下清徳 (著) 2016年

 

社労士の代表的な4つの営業方法

homepage-steps

社労士の代表的な営業方法は4つあります。

  1.  ホームページで情報発信を図る
  2.  ニュースレターなどのメルマガで集客をする
  3.  セミナーを開催し、見込み客を集める
  4.  他の事務所と連携する

それぞれについてご紹介します。

 

1.  ホームページの作り方

side-business-to-start-yahoo-auction

社労士の方でも、ホームページやブログを活用して情報発信をする方が増えてきました。

情報は常に発信をしつづけなければ、お客様を獲得することはできません。 特にホームページは、休みなく働いてくれる営業マンを一人作るということです。

仕事が来るホームページを作るために必要な情報は次の5点です。

  •  仕事の理念
  •  事務所の所在地電話番号
  •  業務メニュー
  •  実績、お客様の声
  •  社労士の写真

「この社労士に任せて大丈夫!」とお客様に思ってもらえるような情報を掲載していく必要があります。 社労士のホームページの作り方テンプレートは別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 社会保険労務士のホームページ~制作のポイントとコツ~
       ・ 士業のホームページ作り!おすすめテンプレートを一挙紹介

 

2.  メルマガの書き方

notification-of-operating-time-will-be-changed-1

ホームページは、お客様がアクセスしない限り、見てもらえません。しかし、メルマガなどのニュースレターであれば、定期的に情報をお届けできます。

その結果、お客様の記憶の片隅に居続けることができるため、 なにかあったときに、声をかけてもらいやすくなります。

ニュースレターでは、誰もが楽しんで読んでもらえることが必要です。
そこで、次のような情報を盛り込んでおきたいです。

  •  法律改正や助成金の情報
  •  最近の話題、身近な出来事

紙で配布するニュースレターもありますが、紙面の構成考えたり、
印刷・郵送するコストを考えると メール形式で送る方が効率がいいと思います。

なお、日頃営業活動をしている過程で得られた名刺や、セミナーで得られた受講者に、配信の許可をもらったうえで、メルマガを送りましょう。また、ホームページやブログにメルマガ登録フォームを用意することで、自然と読者を増やすことができます。

なお、メルマガの始め方や書き方を別記事にまとめました。

【参考記事】 ・ メルマガ配信の始め方 無理せずコツコツ続ける方法を大公開

 

3. セミナーの開催方法

teacher

社労士の営業方法として、セミナーは有効です。 普通の人とちがい、社労士は国家資格があるため、セミナーを聞く側はすんなりと話を受け入れます。

また、「失敗しない採用セミナー」や「未払い残業代対策セミナー」など社労士が開催するセミナーは 経営者や総務担当にとっては、興味を引く内容ばかりです。

セミナーができる社労士は、生命保険会社、銀行、商工会議所などからセミナーの依頼を受けることができます。セミナーの開催するには、次の5点を決めます。

  1.  テーマを決める
  2.  ターゲットを決める
  3.  日時を決める
  4.  場所を決める
  5.  集客方法を決める

3.1 テーマの決め方

セミナーの開催ステップですが、まずテーマを決めます。

直近の法改正や、新聞で取り上げられている内容であれば、興味をもってもらいやすいです。
どんなセミナーを聞いてみたいか、お客様に聞いてみるのも一案でしょう。

【参考記事】 セミナーのテーマの決め方を別記事にまとめました。
  ・ 成功するセミナーの企画術

 

3.2 ターゲットの決め方

誰に聞いてもらいたいか、誰をお客様にしたいかを決めます。たとえば、つぎのような方が考えられます。社員数20人以下の社長人材育成担当などがターゲットとして魅力的です。

 

3.3 日時を決め方

ターゲットに合わせて、参加しやすい日時を決めます。たとえば、社長であれば、平日の昼あるいは夕方、人材育成担当であれば、平日の昼が考えられます。

 

3.4 場所の決め方

セミナーの会場は、参加者にとってわかりやすい場所、キレイな場所を選びます。会場は、ネットで調べると色々と出てきます。セミナー会場の選び方は別記事にまとめておりますので、ご覧ください。

【参考記事】 効率よく探す!イベント会場の探し方

 

3.5 集客方法を決め方

セミナーの成否を握るのが、集客です。集客の仕方はいろいろとあります。

  •  DM
  •  ホームページ
  •  ブログ
  •  メルマガ
  •  SNS
  •  広告

一番費用対効果が高いのは、自分が今まで名刺交換をさせていただいた方に送るメルマガです。 自分の知っている方に送るものと、知らない方に送る場合反応が全く違います。

セミナーの案内メールの送り方を記事にしていますので よろしければご覧ください。
セミナーの集客方法・開催方法をまとめております。ぜひご覧ください。

【参考記事】
 ・ セミナーの集客方法 ~お金をかけずに集客をする仕組み~
 ・ 成功するセミナー集客の5つの鉄則

 

4.  他の事務所と連携する

concept

士業の仕事は、他の士業の方と結びつきが強いことが特徴です。

とくに繋がりをもっておきたいのは、税理士です。

税理士は、お客様の財務状況や社内の状況を把握されています。
そして社員数が増えたときには、労務の専門家である社労士が必要だということを知っています。

これまで、そういった専門家をしらないということであれば、インターネットなどで検索をして
事務所の近くの税理士に連絡をし、一度会いにいくことをおススメします。

 

まとめ

本記事では、社労士の代表的な営業方法を4つご紹介しました。ぜひ効率よく集客をして、新規顧客を増やす一助になれば幸いです。

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です