how-to-write-email-of-death-notification

訃報をメールで知らせる場合の3つの留意点と2つの文例

Pocket

昨今は、多くの方がメールアドレスをお持ちになっているため、
訃報をメールでお知らせすることが増えてきました。

当記事では、訃報をメールでお知らせする場合の留意点と文例をご紹介させて頂きます。

 

訃報をメールでお知らせする場合の留意点

1.  記載する内容

5W1Hを意識して、次の5点を記入致します。

  • なくなった方の名前
  • 日時 (通夜、葬儀の日時)
  • 場所
  • 葬儀の形態(仏式、神式など)
  • 喪主の氏名、連絡先

※ 死因は必ずしも記載する必要はありません。

2. 通知するタイミング

通夜、葬儀に参列される方には葬儀前日までですが、亡くなってから葬儀までの日数は
限られていますので、できるだけ早く伝える必要があります。

 

3. 事前に行いたい準備

メールを送る相手をリストアップしておきたいです。
生前中に、ご本人にお願いして、訃報を通知する方を リストアップしていただきましょう。

次の3つに分類するといいでしょう。

  • お通夜または葬儀に参列いただきたい方
  • 葬儀後にお知らせする方(できれば参列いただきたくない方)
  • 知らせる必要のない方

こうすることで、伝え忘れてしまうというトラブルを防ぐことができます。

 

文例1 ~ 葬儀前の通知 ~

件名

〇〇 〇〇逝去のお知らせ

本文

老母〇〇 〇〇が、久しく病気入院中のところ養生かなわず、今朝午前〇時〇分逝去いたしました。ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んで通知申し上げます。

追って、通夜及び告別式は下記のとおり仏式にて執り行います。

1. 通夜
◯月◯日 午後◯時より
東京都〇〇区 〇〇 〇ー〇ー〇 の自宅にて 地図は下記URLをご覧ください
http://URL

2. 葬儀・告別式
◯月◯日 午後◯時〇分より午後〇時〇分まで
東京都〇〇区 〇〇 〇ー〇ー〇 の〇〇斎場にて 地図は下記URLをご覧ください
http://URL

3. 喪主
鈴木 太郎

ーーーーーーーーーーー
鈴木 太郎
Mail: sample@sample.com
住所: 東京都〇〇区 〇〇 〇ー〇ー〇
TEL: 〇〇ー〇〇〇〇ー〇〇〇〇

文例2 ~ 葬儀前の通知 ~

件名

〇〇 〇〇逝去のお知らせ

本文

老母〇〇 〇〇が、久しく病気入院中のところ養生かなわず、
今朝午前〇時〇分逝去いたしましたので取り急ぎ、ご報知申し上げます。

生前は多年ご懇親を賜り、かつ病中も数度お見舞いくださり、
誠にありがとうございます。

老母はいつも、全快後は御礼を兼ねてお伺いせねばと申しておりましたが、
一昨日より容体急変し、医師の治療にもかかわらず、今朝眠るようにして瞑目いたしました。

なお、近親者にて通夜をすませた後、葬儀は〇月〇日〇時より、自宅にて仏式で執り行います。

葬儀・告別式
◯月◯日 午後◯時より
東京都〇〇区 〇〇 〇ー〇ー〇  地図は下記URLをご覧ください
http://URL

喪主
鈴木 太郎

ーーーーーーーーーーー
鈴木 太郎
Mail: sample@sample.com
住所: 東京都〇〇区 〇〇 〇ー〇ー〇
TEL: 〇〇ー〇〇〇〇ー〇〇〇〇

まとめ

訃報のお知らせでは、速く、正確に、伝えるべき人へ伝えることが重要です。
亡くなったあと葬儀までの間の日数はなく、気が動転しがちですが、早めに伝えましょう。

なお、訃報の連絡をはがきで送る場合には、別記事にまとめています。ご参考になれば幸いです。
【参考記事】・ 死亡通知 ~書き方と6つの文例(葬儀前の通知、密葬、社葬)~

500mailsのFacebookページではメールの書き方や文例に関する記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です