how-to-write-title-of-leaflets

チラシのタイトルの作り方!グッと心を掴むキーワードと配置方法

Pocket

チラシを作るときに、どのようなタイトルを付ければいいでしょうか。

お客様の心を掴むキャッチコピーをタイトルに盛り込み、お客様の目線を意識したレイアウトにすることで、より訴求力のあるチラシを作れます。

そこで、キャッチコピー集とお客様の目線の捉え方をまとめました。

本記事では、売れるチラシのタイトルの作り方をご紹介します。

【参考文献】実用的なチラシデザイン ペラ1枚に落としこむ情報整理のアイデア集
      リンクアップ (編集), グラフィック社編集部 (編集) 2016年

 

売れるチラシのタイトルの作り方

easy

チラシのタイトルを作るときには、大事なルールが3つあります。

  1.  最初のコトバに集中する
  2.  お客様の目線を意識したレイアウトにする
  3.  キャッチコピーを決める

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1 最初のコトバ

web-writing

チラシのタイトルを決めるときには、一番言いたいことを絞りこみ、その言葉をタイトルにしてお客様にぶつけます。

次のようなタイトルを考えてみてください。

  1.  イベントをアピールしたい (例 決算売り尽くし、一周年記念)
  2.  店の売り方をアピールしたい (例 10パーセントキャッシュバック、現品処分)
  3.  一番売れている商品をアピール (例 スーツ100着セール 特上A5松阪牛激安セール)

いつも同じような内容をアピールしていると、チラシの効果は下がってしまいます。そこでチラシのマンネリ化を避けるために、表現を変えていきます。

 

2 お客様の目線

how-to-find-the-best-location-for-a-restaurant

チラシを作るときには、お客様の目の動きを意識する必要があります。通常、人は左上からみて、右に目線をずらし、Z字を描くように目線が動きます。

そこで、チラシのタイトルは左上の一番目に入る場所に置くようにします。

「どういう売り出しをしていて、どんな商品を売っているのか」というお客様の疑問に
応えられるように、タイトルを書いて、目玉商品を掲載するようにします。

そして、右側には、定番の売れ筋商品、下側には、主力商品、オススメの商品という順番で
チラシのレイアウトを配置することで自然とお店の商品を眺めてもらうことができます。

なお、チラシを作るときには、テンプレートが便利です。

◆ ラクスルのチラシテンプレート

rakusul-template

印刷通販のラクスルが提供するチラシのテンプレートです。飲食、小売、エステ、不動産、観光などのジャンル別にテンプレートが用意されています。

ラクスルのチラシテンプレート (テンプレート→チラシを選びます。)

 

3 キャッチコピー

concept

チラシを作るときには、キャッチコピーを決める必要があります。
次の3点を考えます。

  1.  どんな商品を売りたいのか。
  2.  どんな客層に配るのか。
  3.  商品の強み、弱みはなにか。

なお、別記事でキャッチコピーをまとめています。

【参考記事】 ・ メルマガの件名を決める!キャッチコピー232選

 

まとめ

本記事では、売れるチラシのタイトル術をご紹介しました。
お客様の目をひくタイトルを作ることで、お店に人を呼ぶチラシ作りの一助になれば幸いです。

なお、チラシ作りについては、次のような記事も書いております。ご興味がございましたら
ご覧ください。

・ ここが違う!見やすいチラシのレイアウト術
・ 売上につながる!チラシの作り方
・ 反響のでるチラシを作る!テンプレートを上手に使うコツ
・ 反響のでるチラシ作成術 ~お客様の目を引くため3つのコツ~
・ 印刷を依頼する前にチェック! トラブルを防ぐ5つのポイント
・ 成功するダイレクトメールに必要なデザインの5つの鉄則

500mailsのFacebookページでは小さな会社の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です