reputation-of-99en-server

99円レンタルサーバーの使い勝手と評判!【2018年度】

Pocket

99円レンタルサーバーの使いやすさや評判はどうでしょうか。

月額99円で15GBのディスク容量を利用できます。さらに、無制限にドメインを登録できます。また、無料でデータのバックアップやリストアを行えます。

一方で、最上位のプランでも、容量が50GB以下である。データ転送量が少ない点は注意が必要です。そこで、99円レンタルサーバーを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、99円レンタルサーバーの使い勝手と評判をご紹介します。

 

1. 99円レンタルサーバーの便利な点

advantage-of-99yen-rental-server

99円レンタルサーバーはセブンアーチザン合同会社が提供する格安のレンタルサーバーとして評判です。特に、便利な点は3つあります。

  1.  低価格で利用できる
  2.  ドメイン数が無制限、かつ複数のデータベースを作れる
  3.  バックアップ・リストアが無料である

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1  価格

advantage-of-99yen-rental-server-is-monthly-fee

99円レンタルサーバーは他のレンタルサーバーと比べて、月額99円~500円のプランが多数用意されています。料金プランは5つあります。

プラン エコノミー エコノミーDB エコノミーDB+ パワーユーザー200 パワーユーザー10G
月額料金 99円 199円 299円 499円 598円
ディスク容量 15GB 15GB 15GB 20GB 50GB
ドメイン数 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
データベース数 0個 1個 3個 無制限 無制限

格安でありながら、ドメイン数が無制限であり、他のレンタルサーバーと比べても魅力的です。特に、データベースを使いたい方には、エコノミーDBエコノミーDB+プラン が魅力的です。

ご参考までに、他の格安のレンタルサーバーの料金プランもご紹介します。

◆ さくらのレンタルサーバーの料金プラン

プラン ライト スタンダード
月額料金 129円 515円
ディスク容量 10GB 100GB
ドメイン数 20個 20個
データベース数 0個 20個

【参考記事】 ・ さくらのレンタルサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!

◆ ロリポップの料金プラン

プラン エコノミー ライト スタンダード
月額料金 100円 250円 500円
ディスク容量 10GB 50GB 120GB
ドメイン数 20個 50個 100個
データベース数 0個 1個 30個

【参考記事】 ・ ロリポップの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

1.2  ドメイン数、データベース数

advantage-of-99yen-rental-server-is-multi-domain

ホームページやブログ、ECサイトなど複数のWebサイトを開設したいときには、レンタルサーバーに登録できるドメイン数が多いほうが助かります。

また、WordPressをインストールするときには、データベースを作れる必要があります。特にテスト環境などを用意する場合には2つ以上のデータベースを作りたいところです。

99円レンタルサーバーは、全てのプランで無制限にドメインを登録できます。さらに、前述しましたが、2、3個のデータベースを作りたい場合に、エコノミーDB、エコノミーDB+ が魅力的です。

 

1.3 バックアップ・リストア

advantage-of-99yen-rental-server-is-backup-and-restore-function

99円レンタルサーバーは、ホームディレクトリ、MySQLデータベースなどを無料でバックアップ・リストアできます。一般的にレンタルサーバーのなかには、リストアの費用が有料となっている場合があります。

◆ エックスサーバーのリストア費用

対象のデータ Web・メールデータ データベース
リストア費用 10,800円 5,400円

そのため、バックアップ・リストアが無料で行えるのは、コストパフォーマンスとして優れています。ただし、自動でバックアップする機能がないため、忘れずに手動でバックアップをする必要があります。

【参考記事】 ・ エックスサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

2. 99円レンタルサーバーの不便な点

disadvantage-of-99yen-rental-server

前章では、99円レンタルサーバーの便利な点をご紹介しました。次に、評判とは異なり、99円レンタルサーバーの不便な点をご紹介します。

  1.  ディスク容量が少な目
  2.  電話サポートがない
  3.  データ転送量が小さい

それぞれを詳細に説明します。

 

2.1 ディスク容量

disadvantage-of-99yen-rental-server-is-limited-disk-volume

99円レンタルサーバーは、ディスク容量が少な目で、最上位のプランでも50GBとなっています。そのため、ディスク容量が逼迫したときに対応しきれない場合があります。

プラン エコノミー エコノミーDB エコノミーDB+ パワーユーザー200 パワーユーザー10G
月額料金 99円 199円 299円 499円 598円
ディスク容量 15GB 15GB 15GB 20GB 50GB

他のレンタルサーバーの場合には、上位のプランになればディスク容量は大幅に増えていきます。

◆ さくらのレンタルサーバーの料金プラン

プラン ライト スタンダード
月額料金 129円 515円
ディスク容量 10GB 100GB

【参考記事】 ・ さくらのレンタルサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!

◆ ロリポップの料金プラン

プラン エコノミー ライト スタンダード
月額料金 100円 250円 500円
ディスク容量 10GB 50GB 120GB

【参考記事】 ・ ロリポップの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

2.2 電話サポート

disadvantage-of-99yen-rental-server-lacks-tel-support

サーバーを利用しているときに、ログインできないなどのトラブルや、サーバーの設定の仕方がわからない時に、電話で問合せができると便利です。

しかし、99円レンタルサーバーでは、電話のサポートはなく、Webフォームからの問合せとなります。電話での対応が必要な場合には、他のレンタルサーバーの利用も検討したいところです。

 

2.3 データ転送量

disadvantage-of-99yen-rental-server-is-data-transfer-volume

99円レンタルサーバーのデータ転送量はプラン毎に次の通りです。

プラン エコノミー エコノミーDB エコノミーDB+ パワーユーザー200 パワーユーザー10G
月額料金 99円 199円 299円 499円 598円
データ転送量(月) 3GB 3GB 3GB 6GB 90GB

データ転送量が少ないと、アクセス数が急増し、上限に達した場合に、転送速度が遅くなる可能性があります。そのため、アクセス数が月間数万アクセスに達する可能性がある場合には、他のレンタルサーバーの利用も検討したいところです。

なお、他の格安のレンタルサーバーのデータ転送量をご紹介します。

サーバーとプラン データ転送量
さくらのレンタルサーバー(スタンダード) 2,400GB/月
ロリポップ(スタンダード) 3,000GB/月

【出典】 さくらのレンタルサーバーホームページ

 

まとめ

本記事は、99円レンタルサーバーの使い勝手と評判をご紹介しました。なお、他のレンタルサーバーに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】・ スターサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ カゴヤサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ ラクサバの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ バリューサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です