reputation-of-gmo-vps

GMOのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

Pocket

GMOのVPSの使いやすさや評判はどうでしょうか。

月額780円で、50GBのHDDを利用できます。WindowsOSを含め、5つのOSが使えます。さらに、電話によるサポートもあり、初心者でも安心して使えます。

一方で、バックアップの機能がない点は注意が必要です。そこで、GMOのVPSを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、GMOのVPSの使い勝手と評判をご紹介します。

 

1. GMOのVPSの便利な点

advantage-of-gmo-vps

GMOのVPSの便利な点は5点あります。

  1.  WindowsOSを使える
  2.  VPSコンソールは使いやすい
  3.  コストパフォーマンスが高い
  4.  プランの変更が可能(移行作業が不要)
  5.  電話によるサポートがある

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1  WindowsOS

advantage-of-gmo-vps-is-able-to-use-windows

他のVPSサービスのなかには、WindowsOSを受付けていない場合があります。
一方、GMOのVPSはWindowsOSも利用できます。

◆ 利用可能なOS

OS バージョン情報
CentOS 6.0 x64、6.2 x64、6.8 x64、6.9 x64、7.1 x64、7.2 x64、7.3 x64、7.4 x64
CloudLinux 6.1 x64、7.2 x64
Ubuntu 16.04 x64、17.04 x64
Debian 8.0 x64、9.1 x64
Windows Windows Server 2016 Standard x64、Windows Server 2008 R2 Standard x64、Windows Server 2008 R2 Enterprise x64

 

1.2 VPSコンソール

advantage-of-gmo-vps-is-easy-to-use-console

VPSコンソールは使いやすく、サーバーの起動、停止、再起動、コンソールの立ち上げ、ドメインの設定などが行えます。ドラッグ&ドラッグで操作をし、処理が行えます。

◆ VPSコンソールの利用イメージ

(手順1) 契約一覧横のマーク(赤枠)をドラッグする

gmo-vps-console

(手順2) 動作したい項目に移動し、ドロップする

gmo-vps-console-move

(手順3)コンソールが立ち上がります。

gmo-vps-console-monitor

なお、メールの設定やアプリのインストールなどの細かい設定作業は当画面では操作できません

サーバー管理ツールのPlesk(月額350円~)を利用することで、コマンドを利用することなく、サーバーの設定や、アプリのインストールなどが行えます。

gmo-vps-plesk

【出典: GMO VPS ホームページ

 

1.3 料金

advantage-of-gmo-vps-is-reasonable-price

GMO VPSの料金プランは6種類あります。月額780円~で、初期費用4,000円が発生します。ただし、最安のプランでも、CPUを2コア、メモリーを1GB持っています。

プラン 1GB 2GB 4GB 6GB 8GB 12GB
月額費用 780円~ 1,280円~ 2,380円~ 4,580円~ 6,580円~ 10,480円~
初期費用 4,000円 4,000円 4,000円 4,000円 4,000円 4,000円
CPU 2コア 3コア 4コア 5コア 6コア 7コア
メモリ 1GB 2GB 4GB 6GB 8GB 12GB
HDD 50GB 100GB 200GB 400GB 600GB 800GB

他のVPSサービスのなかには、より格安な料金プランもありますが、スペックが低かったりします。単純にスペックで比べると、GMOのVPSはコストパフォーマンスが優れています

(例)CPU3コア、メモリ2GBの場合(ConoHaのVPSと比べた場合)

  GMO VPS ConoHa VPS
月額費用 1,280円 1,750円

【参考】 ConoHaの料金体系

プラン 512MB 1GB 2GB 4GB 8GB
月額費用 630円 900円 1,750円 3,420円~ 6,670円~
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
CPU 1コア 2コア 3コア 4コア 6コア
メモリ 512MB 1GB 2GB 4GB 8GB
HDD 20GB 50GB 50GB 50GB 50GB

 

1.4  プランの変更

advantage-of-gmo-vps-is-easy-to-change-plan

GMOのVPSは上位プランへのプランの変更は可能です。さらに、データの移行作業や新規にサーバーを作成する必要はありません。

そのため、最初は低価格のプランを利用し、リソースが逼迫してきた段階で、上位プランを利用することで、できるだけコストをかけずに、利用できます。

なお、注意点としては、上位プランから下位プランへの変更はできません。また、プラン変更時には約30分から60分間のメンテナンス時間が発生し、 サーバーの停止が必要となります。

 

1.5 電話によるサポート

advantage-of-gmo-vps-is-tel-support

サーバーの設定を編集しているときや、VPS接続中にエラーが表示されるなどの障害が生じた場合などに、サポートデスクに電話で問合せができると助かります。

他のVPSのなかには、Webフォームによる問合せのみが可能で、電話による問合せを受付けていないサービスがあります。一方、GMOのVPSは、電話、メールによるサポートを受付けています

  •  電話: 平日 10:00 ~ 18:00
  •  メール: 24時間以内

 

2. GMOのVPSの不便な点

disadvantage-of-gmo-vps

前章では、GMOのVPSの便利な点をご紹介しました。次に、評判とは異なり、GMOのVPSの不便な点をご紹介します。

  1.   バックアップの機能がない
  2.  お試し版を利用中に解約をしないと、そのまま本契約になる

それぞれを詳細に説明します。

 

2.1 バックアップ

disadvantage-of-gmo-vps-lacks-automated-backup-services

GMOのVPSは標準で、自動バックアップのサービスが付いていません。そのため、手動でバックアップを取得しないと、万一、データを誤って削除した場合、リカバリができません。

他のVPSサービスのなかには、自動バックアップのサービスがついているものがあります。

たとえば、ConoHaのVPSは、週に1回自動的にバックアップが行われ、最大3世代のデータが保存されます。そのため、自動バックアップが必要な場合には、追加でバックアップオプションを購入するか他のVPSサービスの利用を検討したいところです。

初期費用(税抜) 10,000円 / VPS1契約
月額費用(税抜) 10,000円 / 1台

 

2.2  お試し版

disadvantage-of-gmo-vps-is-necessary-to-quit-contract-before-ending-trial-version

GMOのVPSは15日間のお試し版があります。ただし、お試し期間の最終日までに解約をしないと、そのまま本契約となります。その場合には利用料金が発生しますので、注意が必要です。

 

まとめ

本記事は、GMOのVPSの使い勝手と評判をご紹介しました。なお、他のレンタルサーバーに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ ConoHaのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ ServersMan@VPSの使い勝手と評判!【2018年度】
       ・ カゴヤ(KAGOYA)VPSの使い勝手と評判!【2018年度】
       ・ さくらのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ お名前.comのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です