reputation-of-mova-min

動画クリエイタースクールMOVAの評判・口コミ!メリット、デメリット


MOVAは動画編集のスクールですが、評判はどうでしょうか。

動画編集ソフトの使い方やカメラ撮影の仕方を学ぶだけでなく、案件の獲得方法や動画クリエイターとして心得、プレゼンテーションスキル、マーケティングの仕方まで、幅広く学びます。

一方で、授業料として660,000円がかかる点と、通学をする必要がある点は注意が必要です。そこで、MOVAを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、MOVAの評判や口コミ、メリット・デメリットをご紹介します。

 

1. MOVAのメリット

advantage-of-mova

MOVAは動画編集のスクールですが、メリットが4つあります。

  1.  動画に関するカリキュラムが充実している
  2.  動画クリエイターとして、案件の獲得方法を学ぶ
  3.  パーソナルサポーターがいる
  4.  クラスのスケジュールを選べる

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 カリキュラム

curriculum-of-mova

MOVAは動画クリエイターとして、動画編集ソフトの使い方や動画制作の知識を学べます。具体的には、3つの分野について、学習できます。

  •  Premiere Pro
  •  After Effects
  •  カメラ撮影

それぞれを詳細に説明します。

◆ Premiere Pro

実写映像YouTubeの編集に使用するPremiere Proの操作全般について学習します。

  •  Adobe Premiere Proの操作・各パネルの説明
  •  ワークフロー(インポート~エンコード)
  •  カット
  •  BGM・SE追加
  •  フレーム単位操作
  •  マスク
  •  エフェクト
  •  フェード
  •  テロップ
  •  カラーコレクション
  •  速度調整
  •  クロップ

◆ After Effects

After Effectsの基本操作を理解したのちに、モーショングラフィックスMVなど実践で使用する技術を、学びます。

  •  3D空間の理解
  •  デザイン(色調、色味、構図etc)
  •  モーショングラフィックス
  •  企業CM制作
  •  映画予告制作
  •  ニューモーフィズム
  •  インフォグラフィックス
  •  MV(ミュージックビデオ)

◆ カメラ撮影

カメラの設定方法や撮影時のライティング(光の扱い方)など、プロが実際に使用しているテクニックや知識を、実践式の授業で学びます。

なお、Twitterで調べてみたところ、受講者の方のコメントがありましたので、ご紹介します。

https://twitter.com/kbrmk_/status/1361829176387375107

 

1.2 案件の獲得方法

support-of-mova

MOVAは動画クリエイターとして、案件の獲得方法を学べます。具体的には、3つのポイントを学びます。

  •  クリエイターとしてのマインド
  •  マーケティングの仕方
  •  プレゼンテーションの技術

それぞれを詳細に説明します。

◆ クリエイターとしてのマインド

生き残るクリエイターになるために、何を意識すべきかを学びます。具体的には、クリエイターとして、「おもしろい、かっこいい」を追求するだけではなく、ビジネス的な視点を学びます。

◆ マーケティングの仕方

ターゲットとすべきお客様は誰か、単価の設定の仕方、どのようにしてお客様を獲得し続けるのかなど、(動画クリエイターとして)知っておきたいマーケティングの基礎を学びます。

◆ プレゼンテーション

プレゼンテーションをするにあたり、クライアントとの打合せで話すべき内容を学びます。具体的には、授業内で商談をイメージして、ロールプレイングを行い、プレゼンスキルを身に着けます。

 

1.3  パーソナルサポーター

personal-support-of-mova

MOVAでは、パーソナルサポーターがいて、次のようなサポートをしてくれます。

  •  毎週の進捗確認
  •  学習を進めていく中で悩み疑問などを解消

mova-support-min

出典: MOVA サポート

また、わからないことはオンライン上でいつでも講師に質問できます。

また、全クラスの課題動画について添削を行っていますが、制作途中にわからないことがあれば質問ができるだけでなく、提出後も何度でも添削を行い、完成までフィードバックしてくれます。

 

1.3  クラスのスケジュール

lesson-schedule-of-mova

MOVAは、1年間を通して、BegineerStandardExpertの3つのクラスで学んでいきます。

mova-details-min

クラス 学習方法 学習内容 期間
BEGINNER オンライン
  • 動画編集ソフトの基本的な使い方
  • 動画制作の基礎的な知識
2か月
STANDARD 通学/オンライン
  • 撮影やプロのクリエイター講師によるライブ授業
  • 編集スキル
  • 撮影
  • 企画構成
  • デザイン
  • ビジネススキル
6か月
EXPERT 通学

◆ ディレクターコースの場合

  • 撮影編集実践
  • 企画構成
  • ディレクション
  • ビジネススキル
  • 実務案件

◆ クリエイターコースの場合

  • 編集応用
  • 実写撮影
  • ビジネススキル
  • 実務案件
4か月

MOVA様に取材をしたところ、Standardクラスでは、4つのクラスを開講しています。(2021年2月時点)

  •  土曜 10~13時
  •  土曜 14~17時
  •  日曜 10~13時
  •  日曜 14~17時

そのため、週末の時間がとる必要があります。なお、平日の開講については、検討中とのことです。

 

2. MOVAのデメリット

disadvantage-of-mova

前章では、MOVAで学ぶときのメリット・良い点をご紹介しました。次に、評判と異なり、MOVAの課題をご紹介します。

  1.  授業料は66万円である
  2.  受講場所は、東京のみである
  3.  転職のサポートはしていない

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 授業料

fee-of-mova

MOVAは、授業料の内訳は以下の通りとなります。

  •  一括払い: 660,000円(税込)

このなかには、BegineerStandardExpertクラスの費用がすべて含まれています。なお、一括で難しい場合には、分割での支払も対応しています。

分割回数 初回 2回目以降 手数料
24回 150,000円(税込) 26,800円(税込) 16%
12回 180,000円(税込) 48,000円(税込) 7%

そのため、ある程度、まとまった金額が発生します。なお、低価格で動画編集を学びたい場合には、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 動画編集のオンラインスクールおすすめ15選を比較!(無料あり)

 

2.2 受講場所

location-of-mova

MOVAは、オフライン講義週1回あり、東京都渋谷区の本社で開講しています。Begineerクラスはオンラインですが、StandardクラスとExpertクラスは通学します。

そのため、東京に通えることが前提となります。なお、オンラインのみで学習をしたい場合には、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 動画編集のオンラインスクールおすすめ15選を比較!(無料あり)

 

2.3 転職サポート

career-support

MOVAは、起業に特化した動画クリエイタースクールであり、MOVA卒業後にMOVAPROMOVA MASTERの認定を受けることで、案件を紹介していただけます。

ただし、転職のサポートは行っていません。そのため、動画クリエイターとして、転職もサポートしてもらいたい場合には、別のスクールの検討も必要です。

【参考記事】 ・ 動画編集のオンラインスクールおすすめ15選を比較!(無料あり)

 

まとめ

本記事は、MOVAのメリット・デメリットと評判をご紹介しました。

おさらいをすると、MOVAのメリットは4つあります。

  1.  動画に関するカリキュラムが充実している
  2.  動画クリエイターとして、案件の獲得方法を学ぶ
  3.  パーソナルサポーターがいる
  4.  クラスのスケジュールを選べる

一方、デメリットは3つあります。

  1.  授業料は66万円である
  2.  受講場所は、東京のみである
  3.  転職のサポートはしていない

そのため、次のような方にはおすすめです。

  •  動画クリエイターとして独立して働けるようになりたい方
  •  課題を添削してもらいたい方
  •  東京に通える方

一方、次のような方にはおすすめできません。

  •  動画編集を手軽な金額で学びたい方
  •  東京に通えない方

MOVAの詳細を確認する

なお、動画編集に関する他のスクールについても、別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ 動画編集のオンラインスクールおすすめ15選を比較!(無料あり)

500mailsのFacebookやTwitterでは、起業・副業に役立つ情報を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です