reputation-of-raisetech-min

レイズテックの評判や口コミ!メリット・デメリット、料金を解説!


レイズテックはAWSに特化したスクールですが、学びやすさや評判はどうでしょうか。

現役エンジニアによるオンライン授業で、Webアプリケーションの開発からAWSの環境構築まで、幅広く学べます。わからない箇所がある場合は、チャットビデオ通話で質問できます。

一方で、受講料は207,900円以上がかかる点と、通学での受講はできない点は注意が必要です。

そこで、レイズテックを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。本記事は、レイズテックのメリット・デメリットと評判をご紹介します。

 

1. レイズテックのメリット

advantage-of-raisetech

レイズテックは、Webアプリケーション開発から、AWSの環境構築までを学べるプログラミングスクールです。メリットは2点あります。

  1.   AWSの技術を幅広く学べる
  2.  サポートが充実している

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 カリキュラム

curriculum-of-raisetech

レイズテックは、Ruby on Railsを利用したWebアプリケーションの開発で、プログラミングの基礎を学べます。

さらに、アカウントの作成からEC2インスタンスの立ち上げ、EC2、RDS、ELB、S3の環境構築、監視やユーザーの権限の制御までを学びます。

そして、ServerSpecを使ったテストや、Ansibleを使った構成管理などを学べます。

◆ WEBアプリケーション開発

学習内容 時期
Ruby on Rails上でのサンプルプログラムの実装 第1週
プログラミング基礎(基本型、クラス、メソッドなど) 第2週
シンプルなWEBアプリケーションの開発 第3~4週

◆ AWSでの環境構築

学習内容 時期
アカウント作成、VPC構築、セキュリティグループの設定、ネットワーク 第5週
EC2インスタンスの立ち上げ、RDSの立ち上げ 第6週
EC2、RDS、ELB、S3の環境構築、繋ぎこみとアプリケーションのデプロイ 第7週
CloudWatchを使った監視、IAMによるユーザーの権限制御 第8週

◆ infrastructure as codeの実践

学習内容 時期
AWS環境と同じ環境をコード化(YAML) 第9週
コード化作業 第10週
コード化したものをCloudFormationを使って作成 第11週
ServerSpecを使ったテスト 第12週
ServerSpecのテスト作成 第13週
AWS環境へモジュールやアプリケーションのインストールの自動化(Ansible) 第14週
Ansibleを使った構成管理 第15週
コード化されたインフラ環境の自動構築(CloudFormation,Ansible) 第16週

レイズテックのコース内容を見る

 

1.2 サポート

support-of-raisetech

レイズテックは、現役のエンジニアによるオンライン授業を受けられます。そして、不明点が
ある場合には、チャットビデオ通話、マンツーマン、補講などの方法でサポートしてくれます。

なお、オンラインの質問は、土日業務時間後でも可能です。

  • 対応時間: 10:00 ~ 24:00(月曜日 ~ 日曜日)

RaiseTechの公式キャラクターのテッくんがTwitterで発信しているので、どんなレビューをしてくれるのかイメージがわきます。

また、RaiseTechを受講した方が、その感想をYouTubeに掲載しているので、参考になります。

 

2. レイズテックのデメリット

disadvantage-of-raisetech

前章では、レイズテックのメリットをご紹介しました。次に、評判と異なり、レイズテックのデメリットをご紹介します。

  1.   受講料が207,900円~である。
  2.  通学制ではない

それぞれを詳細にご紹介します。

 

2.1 受講料

fee-of-raisetech

レイズテックは、フルコースと単体コースの2種類があります。

  フルコース 単体コース
受講料 346,500円 207,900円
授業回数 16回 8回

なお、いざ学びたいが、金額が大きいし心配な方は、2週間の無料トライアルを利用されることをおすすめします。

また、20万円以上のまとまった金額ではなく、月額数千円で学習を始めたい方は、別のオンラインスクールの検討も一つです。

【参考記事】 ・ AWSを学べるスクールおすすめ5選を比較!(無料あり)

 

2.2 通学制

how-to-study-at-raisetech

レイズテックは、週1回のオンライン授業で講義を行います。そして、不明点などはチャットなどのサポートを受けて学習を進めます。

ただ、通学では学べません。そのため、講師や生徒と同じ教室で学びたい方は、別のプログラミングスクールの検討も必要です。

【参考記事】 ・ AWSを学べるスクールおすすめ5選を比較!(無料あり)

 

まとめ

本記事は、レイズテックの使い勝手と評判をご紹介しました。

おさらいをすると、レイズテックは2つのメリットがあります。

  1.   AWSの技術を幅広く学べる
  2.  サポートが充実している

一方、2つのデメリットがあります。

  1.  受講料が207,900円~である。
  2.  通学制ではない

そのため、次のような方にはおすすめです。

  •  AWSの技術を基礎から応用まで学びたい方
  •  メンターと一緒に学習を進めたい方

一方、次のような方にはおすすめできません。

  •  月数千円で学習を始めたい方
  •  通学で学びたい方

なお、AWSを学べるスクールやAWSの資格の学び方は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ AWSを学べるスクールおすすめ5選を比較!(無料あり)
       ・ AWS資格の取得方法!種類や概要、難易度、勉強方法(無料あり)

500mailsのFacebookやTwitterでは、起業・副業に役立つ情報を配信しています。 是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Writer/編集者: 松田康


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です