reputation-of-wadax

WADAXの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説【2018年】

Pocket

WADAXは、法人向けのレンタルサーバーですが、使いやすさや評判はどうでしょうか。

月額1,188円から利用でき、高速のSSDを利用できます。セキュリティ対策が強く、ウィルス対策やマルウェア対策が実施されています。また、年中無休で電話のサポートを受けられます。

一方で、自動でデータをバックアップするためには、オプション費用が発生する点は注意が必要です。そこで、WADAXを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、WADAXの使い勝手と評判をご紹介します。

 

1. WADAXの便利な点

advantage-of-wadax

WADAXの便利な点は4つあります。

  1.  セキュリティ対策が充実している
  2.  365日電話によるサポートがある
  3.  複数のデータベースを利用できる
  4.  高速SSDを採用している

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1 セキュリティ

advantage-of-wadax-is-security-measurement

WADAXは脆弱性診断や、不正侵入防御システム、Dos/DDoS攻撃、Webのウイルスチェックなどセキュリティに対する対策が手厚いです。

wadax-security

ハッキングやDoS攻撃から防ぐために24時間365日監視しているだけでなく、定期的にセキュリティの脆弱性診断をしています。

◆ 脆弱性診断

  •  ポートスキャン(TCP1~65535番ポートなど)
  •  サーバアプリ(Web、メール、FTP、DNS、SSH等)の脆弱性診断
  •  ホストの脆弱性(設定上の不備、サーバアプリの不要な機能のチェック等)

 

1.2  365日電話サポート

advantage-of-wadax-is-tel-support

WADAXは土日を含めて365日電話のサポートを受付けています。また、平日は夜10時まで受付けています。

レンタルサーバーのなかには、電話のサポートがなく、メールによる問合せのみの場合があります。また、電話のサポートがあっても、平日のみの場合が一般的です。

WADAXは正月やお盆にも対応できる体制となっており、安心してサーバーの運用を委託できます。

 

1.3 データベース

advantage-of-wadax-is-to-use-multiple-database

WordPressやEC-CUBEを利用する場合には、MySQLでデータベースを作成する必要があります。WADAXは、全てのプランでデータベースを作れます。

なお、テスト環境を作りたい場合には、複数のDBが作成できるプランのほうが便利です。

プラン ブロンズ(TypeB) シルバー(TypeS) ゴールド(TypeG) プラチナ(TypeP)
データベース数 1個 10個 20個 30個

WADAX(公式サイト)で確認する

 

1.4  SSD

advantage-of-wadax-is-ssd-usage

WADAXは高性能なSSD(ソリッドステートドライブ)を採用しています。

通常のハードディスクは回転するディスクにデーターを読み書きするのに対し、SSDはUSBメモリーと同じように内蔵しているメモリーチップにデータを読み書きします。

what-is-ssd

そのため、通常のハードディスク(15,000rpm)より性能が40~50倍向上しています。(*1)*1: WADAXのホームページ

 

2. WADAXの不便な点

disadvantage-of-wadax

前章では、WADAXの便利な点をご紹介しました。次に、評判と異なり、WADAXの不便な点をご紹介します。

  1.  料金はやや高め
  2.  バックアップはオプション費用が必要

それぞれを詳細に説明します。

2.1 料金

disadvantage-of-wadax-is-fee

WADAXは4つの料金プランがあります。

プラン ブロンズ(TypeB) シルバー(TypeS) ゴールド(TypeG) プラチナ(TypeP)
月額料金 1,188円 1,944円 2,808円 3,888円
容量(SDD+HDD) 20GB 50GB 100GB 150GB
データベース数 1個 10個 20個 30個
ドメイン数 10個 20個 30個
電話のサポート

最低でも月1,188円の費用がかかりますので、コストを抑えたい方は他のレンタルサーバーの検討も
したいところです。

ご参考までに同等のスペックで、他のレンタルサーバーの料金もご紹介します。

サーバー名 エックスサーバー ヘテムル
プラン名 X10 ベーシック
月額 900円~ 800円~
ディスク容量 200GB 200GB
ドメイン数 無制限 無制限
データベース 50個 70個
電話のサポート

【参考記事】 ・ エックスサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ ヘテムルの使い勝手と評価!便利な点と不便な点を徹底解説!

 

2.2 バックアップ

disadvantage-of-wadax-is-backup

WADAXは、下のFAQの通り、バックアップを自力で行う必要があります。

wadax-backup-faq

【出典】 WADAXのFAQ 

なお、バックアップオプションを購入することで、コントロールパネルからの操作で、HTMLやイメージデータ、データベースのバックアップを、別サーバーに保存できます。

wadax-backup-option

バックアップデータの世代管理も行えますし、自動バックアップを行うタイミングも設定できるため便利なサービスです。なお、バックアップオプションの費用は次の通りです。

プラン ブロンズ(TypeB) シルバー(TypeS) ゴールド(TypeG) プラチナ(TypeP)
月額料金 216円 540円 1,080円 1,620円

WADAX(公式サイト)で詳細を確認する

 

まとめ

本記事は、WADAXの使い勝手と評判をご紹介しました。なお、他のレンタルサーバーに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】・ ヘテムルの使い勝手と評価!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ スターサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ エックスサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ ロリポップの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ さくらのレンタルサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!
      ・ カゴヤサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ バリューサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
      ・ wpXレンタルサーバーの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説!
      ・ wpXクラウドの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です