reputation-of-webarena-vps

WebARENAのVPSの使い勝手と評判!便利な点や不便な点を徹底解説!


WebARENAは人気のVPSサービスですが、使いやすさや評判はどうでしょうか。

月額360円で利用できるため、手軽に始められます。さらに、負荷分散装置が利用でき、データ転送量も無制限で使えるため、大量のアクセスにも対応できます。

一方、自動バックアップがない点と、利用できるOSが少ない点と、支払い方法が限定されている点は注意が必要です。そこで、WebARENAを利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、WebARENA VPSの使い勝手と評判をご紹介します。

 

1. WebARENA VPSの便利な点

advantage-of-webarena-vps

WebARENAのVPSの便利な点は、5点あります。

  1.  月額360円から利用できる
  2.  ロードバランサ―を利用できる
  3.  URLの監視ができる
  4.  データ転送量が無制限である
  5.  電話によるサポートがある

それぞれを詳細にご紹介します。

 

1.1  料金

montly-fee

WebARENAのVPSは月額360円から利用できます。さらに、初期費用が無料なので、気軽に始められます。

プラン・タイプ 新1G-SSD 新2G-SSD 2G-SSD 4G-SSD 6G-SSD HDD
月額料金 360円 720円 1,440円 2,880円 3,600円 3,600円
初期費用 0円 0円 0円 0円 0円 0円
メモリ 1GB 2GB 2GB 4GB 6GB 6GB
CPU 仮想1コア 仮想2コア 仮想3コア 仮想4コア 仮想6コア 仮想4コア
ディスク(SSD) 20GB 30GB 50GB 100GB 100GB 200GB
(HDD)
ゾーン 2 2 1 1 1 1

 

1.2 負荷分散装置

load-balancer

負荷が集中した場合に、サーバの負荷に応じて、負荷が少ないサーバを優先して、ユーザからのリクエストを割り当てることができます。

大量のトラフィックが発生した場合でも、最大20台まで、負荷分散装置で割り当てることができます。なお、負荷分散装置を利用する場合には、別途オプション費用が発生します。

負荷分散装置の個数 月額料金
1台 3,000円
2台 6,000円
3台 8,100円
5台 13,500円
10台 21,000円

なお、新1G-SSDタイプ、新2G-SSDタイプは負荷分散装置を利用できません。

 

1.3  URL監視

url-check-tool

WebARENAは、事前に設定したWebページに、ユーザーがアクセスできるかを監視できます。そして、監視でエラーが発生した場合には、サーバーの管理者にメールでアラートを送ってくれます。

他のVPSサービスでも、サーバーに対し、Pingで監視するサービスはありますが、ページ単位で
チェックしてくれるVPSは少なく、魅力的です。

なお、WebARENAは、5分に1回の間隔で監視してくれます。

 

1.4 データ転送量

data-transfer-volume

大量のアクセスが発生する予定のWebサイトや、動画や画像などの大量データを取り扱うWebサイトの場合、データ転送量に上限があると、レスポンスが遅くなる場合があります。

一方、WebARENAは、データ転送量を無制限で利用できます。また、回線速度も100Mbps~最大2GBpsまで利用できます。

プラン・タイプ 新1G-SSD 新2G-SSD 2G-SSD 4G-SSD 6G-SSD HDD
回線速度 100Mbps 100Mbps 100Mbps 500Mbps 2Gbps(*1) 2Gbps(*1)

*1:ベストエフォート型で、回線の混雑状況により、通信速度は低下することもあります。

 

1.5 電話サポート

tel-support

VPSを運用しているなかで、障害が発生した場合やCMSのインストール方法が分からない場合などに、電話によるサポートを受けられると助かります。

WebARENAは、電話によるサポートを受けられます。

  •  受付時間:  9:30~17:30 (土日祝日、年末年始を除く)

 

2. WebARENAのVPSの不便な点

disadvantage-of-webarena-vps

前章では、WebARENAのVPSの便利な点をご紹介しました。次に、評判とは異なり、WebARENAのVPSの不便な点をご紹介します。

  1.  ゾーン2しか選べない(2019年6月7日時点)
  2.  利用できるOSの種類が少ない
  3.  自動バックアップに対応していない
  4.  支払い方法が限定されている

それぞれを詳細に説明します。

 

2.1 ゾーン

cash-book-template

WebARENAを申し込むにあたり、ゾーン1、ゾーン2という2つのタイプがあります。残念ながら、ゾーン1は在庫切れであり、今後増える予定もない模様です。

そのため、ゾーン2からのみ、プランを選べます。 

webarena-zone2

 

2.2 利用できるOS

available-operating-system

WebARENAは利用できるOSが4種類となります。

◆ 利用可能なOS

  •  CentOS6
  •  CentOS7
  •  Ubuntu
  •  Debian7

そのため、FreeBSDやCoreOS、Scientific LinuxなどのLinuxOSはもちろん、WindowsOSを利用したい場合には、他のVPSを検討する必要があります。

【参考記事】 ・ Windowsを利用できるVPSの徹底比較!料金表付き【2019年】

 

2.3 バックアップ

backup-function

WebARENAは、バックアップをするときには、本番環境とは別の外部ストレージにデータをバックアップできます。ただし、問題点が2点あります。

  •  新1G-SSDタイプ、新2G-SSDタイプ、2G-SSDタイプは、バックアップを利用できない
  •  自動バックアップには対応していない

そのため、バックアップをするときには、4G-SSDタイプ以上のプランを申し込みます。さらに、自動バックアップがないため、定期的に手動でバックアップする必要があります。

ただ、バックアップをし忘れた場合には、データが復旧しません。そのため、自動バックアップが必要な場合には、ConohaのVPSなどの他サービスの検討が必要です。

 

2.4 支払い方法

payment-method

WebARENAは、支払い方法が3種類と限定されています。

  •  クレジットカード決済
  •  請求書
  •  口座振替

そのため、クレジットカードを持っていない場合で、銀行決済やAmazonペイ、コンビニ支払いなどで手軽に始めたい場合には不便です。

 

まとめ

本記事は、WebARENAのVPSの使い勝手と評判をご紹介しました。なお、他のVPSに関する情報は別記事でまとめています。

【参考記事】 ・ カゴヤ(KAGOYA)VPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底比較
       ・ ServersMan@VPSの使い勝手と評判!利用できるOS、プラン【2019年】
       ・ さくらのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底評価【2019年】
       ・ ConoHaのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ GMOのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を徹底解説!
       ・ お名前.comのVPSの使い勝手と評判!便利な点と不便な点を解説【2019年】
       ・ Windowsを利用できるVPSの徹底比較!料金表付き【2019年】

500mailsのFacebookページでは小さな会社や個人の販促・運営に便利な記事を配信しています。
是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です